TOP総説 > 2002年

| 原著  | 著書  | 総説  | 学会発表 |
  1. 小坂 仁、和田圭司:
    ユビキチンシステムの破綻と神経変性疾患、Vita、76, 37-41, 2002
  2. 小坂 仁、和田圭司:
    脱ユビキチン化酵素と神経変性モデルマウス、Medical Front Line、38, 82-87, 2002
  3. 原田高幸、原田知加子、和田圭司:
    網膜変性におけるミューラー細胞の役割、神経研究の進歩「グリアの生物学」、46, 544-550, 2002
  4. 山田一之、山田祐子、和田圭司:
    遺伝子改変動物によるストレス研究、分子精神医学, 2, 211-218, 2002
  5. 山田一之、和田圭司:
    ボンベシン関連ペプチドによる社会行動の調節、アニテックス、14, 254-258, 2002
戻る

Copyright (C) 2006 National Institute of Neuroscience. All Rights Reserved.
本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます