TOP総説 > 2004年

| 原著  | 著書  | 総説  | 学会発表 |
  1. 滝澤修一、小坂 仁、和田圭司:
    Ubiquitin-proteasome経路とunfolded protein response、脳の科学、26増刊、パーキンソン病のすべて、148-154, 2004
  2. 節家理恵子、小坂 仁、和田圭司:
    UCH-L1と神経変性疾患、神経研究の進歩、48, 63-73, 2004
  3. 節家理恵子、小坂 仁、和田圭司:
    パーキンソン病とユビキチンリサイクリング酵素、CLINICAL NEUROSCIENCE、22, 6-7, 2004
  4. 和田圭司、節家理恵子:
    ユビキチンシステムとパーキンソン病 UCH-L1の役割、医学のあゆみ、208, 498-503, 2004
  5. 和田圭司:
    神経変性と脱ユビキチン化酵素、現代医療、36, 921-926, 2004
  6. 山田一之、和田圭司:
    統合失調症の動物モデル、Schzophrenia Frontier, 5, 143-147, 2004
  7. 和田圭司、節家理恵子:
    脱ユビキチン化酵素、医学のあゆみ、211、23-28、2004
  8. Noda, M., Higashida, H., Aoki, S. and Wada, K.
    Multiple signal transduction pathways mediated by 5HT receptors. Mol. Neurobiol., 29, 31-40, 2004
  9. Noda, M., Kariura, Y., Amano, T., Manago, Y., Nishikawa, K., Aoki, S. and Wada, K.
    Kinin receptors in cultured rat microglia. Neurochem. Int., 45, 437-442, 2004
戻る

Copyright (C) 2006 National Institute of Neuroscience. All Rights Reserved.
本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます