TOP総説 > 2006年

| 原著  | 著書  | 総説  | 学会発表 |
  1. 安田 徹、望月秀樹、和田圭司、内藤幸雄:
    脳蛋白質の異常な凝集と神経疾患、日本中性子科学会誌, 16, 70-74, 2006
  2. 関口正幸:
    筋ジストロフィモデルマウスにおける情動と扁桃体異常、神経研究の進歩, 50, 77-88, 2006
  3. 和田圭司:
    Parkinson病(PARK5)の病態機序とUCH-L1の多機能性、神経内科、65, 128-134, 2006
  4. 木村英雄、後藤雄一、和田圭司、高坂新一:
    紹介 先端認知症研究・医療施設の現在、Cognition Dementia, 5, 346-349, 2006
  5. 和田圭司:
    ハンチントン病のsiRNAによる治療研究、医学のあゆみ、219, 269-273, 2006
  6. Noda M., Kettenmann H, Wada K:
    Anti-inflammatory effects of kinins via microglia in the central nervous system. Biol Chem 387: 167-171, 2006
戻る

Copyright (C) 2006 National Institute of Neuroscience. All Rights Reserved.
本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます