TOPスタッフ > Personal Page

 

室長 : 関口 正幸 
          (Masayuki Sekiguchi)

[ 現在の主な研究テーマ ]
恐怖やその記憶を司る脳神経回路の電気生理学的・動物行動学的研究
[ 最終学歴 ]
1985年東京工業大学大学院総合理工学研究科生命化学専攻修士課程修了
[ 最近5年間程の特に重要な論文 ]
  1. Pharmacological discrimination of extinction and reconsolidation of contextual fear memory by a potentiator of AMPA receptors.
    Yamada D, Zushida K, Wada K, Sekiguchi M
    Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology 34 2574-2584 2009年11月
  2. A deficit of brain dystrophin impairs specific amygdala GABAergic transmission and enhances defensive behaviour in mice.
    Sekiguchi M, Zushida K, Yoshida M, Maekawa M, Kamichi S, Yoshida M, Sahara Y, Yuasa S, Takeda S, Wada K
    Brain : a journal of neurology 132 124-135 2009年1月
  3. Heightened amygdala long-term potentiation in neurotensin receptor type-1 knockout mice.
    Amano T, Wada E, Yamada D, Zushida K, Maeno H, Noda M, Wada K, Sekiguchi M
    Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology 33 3135-3145 2008年12月
  4. Facilitation of extinction learning for contextual fear memory by PEPA: a potentiator of AMPA receptors.
    Zushida K, Sakurai M, Wada K, Sekiguchi M
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 27 158-166 2007年1月
  5. Stargazin modulates AMPA receptor gating and trafficking by distinct domains.
    Tomita S, Adesnik H, Sekiguchi M, Zhang W, Wada K, Howe JR, Nicoll RA, Bredt DS
    Nature 435 1052-1058 2005年6月
[ 最近5年間程のシンポジウム発表 ]
  1. Masayuki Sekiguchi: Discrimination of extinction and reconsolidation of contextual fear memory by an AMPA potentiator. 第87回日本生理学会大会シンポジウム「The ups and downs of fear memory ?Reconsolidation, extinction and remote memory-」2010年5月19日盛岡
  2. 関口正幸:ジストロフィン欠損マウスにおける扁桃体GABAシナプスの損傷と情動行動の亢進. Neuro2007シンポジウム「扁桃体を中心とする情動系の形成と機能の制御メカニズム」2007年9月10日横浜
  3. Masayuki Sekiguchi: Facilitation of extinction learning for contextual fear memory by a potentiator of AMPA receptors. Neuro2007サテライトシンポジウム第2回Molecular and Cellular Cognition Society (MCCS)-Asiaシンポジウム「高次脳機能の解明:モデル動物の進展II」2007年9月9日横浜
  4. 関口 正幸:ジストロフィン欠損マウスにおける扁桃体神経回路と恐怖応答の変容.第79回日本薬理学会年会 シンポジウム「機能性精神障害の理解に向けたモデル動物評価法の新規開発」2006年3月8日横浜
  5. Masayuki Sekiguchi: The role of dystrophin in the central nervous system. The 6th France- Japan workshop on muscular dystrophy. 2005年7月1日パリ
[ 最近5年間程に取得した公的資金 ]
2010年厚生労働省精神神経疾患研究委託費 分担研究者
2007年−2008年文部科学省科研費基盤研究(C) 主任研究者
2007年−2009年厚生労働省精神神経疾患研究委託費 分担研究者
2004年−2006年厚生労働省精神神経疾患研究委託費 分担研究者
[ 資格 ]
1989年 理学博士(東京工業大学)
1998年 第一種放射線取扱主任者免状(第18320 号)
[ 趣味 ]
昆虫や植物を観察しながら山をそぞろ歩きすること。
サッカー観戦
  その他の業績はこちら (Researchmap)

Copyright (C) 2006 National Institute of Neuroscience. All Rights Reserved.
本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます