研究実績

2017年

主な研究成果

総説・著書

  • 荒木敏之「末梢神経の髄鞘化制御メカニズム」
    末梢神経 28巻1号 日本末梢神経学会、名古屋 2017年
  • 荒木敏之、若月修二「神経軸索変性の分子メカニズム」
    Dementia Japan 31巻2号 Page 252-257、 日本認知症学会 2017年

原著論文

  • Galindo R, Greenberg M, Araki T, Sasaki Y, Mehta N, Milbrandt J, Holtzman D.
    NMNAT3 is protective against the effects of neonatal cerebral hypoxia-ischemia.
    Annals of Clinical and Translational Neurology. in press (2017)

2016年

総説・著書

  • 荒木敏之「ミトコンドリア機能と末梢神経障害」
    末梢神経 27巻2号 Page151-153 日本末梢神経学会、名古屋 2016年
  • 若月修二、荒木敏之「酸化ストレスを神経変性に変換する仕組み:鍵分子ZNRF1の活性化メカニズムと変性する軸索におけるオートファジー誘導」
    臨床免疫・アレルギー科66(4): 337-344 東京 科学評論社 2016年
  • 荒木敏之、畠山英之、武田伸一「疾患特異的iPS細胞を活用した筋疾患研究」
    実験医学 34(4):535-539、2016年
  • Seiichi Nagano, Toshiyuki Araki「Role of Cysteine Residue of Mutant Cu, Zn-superoxide Dismutase (SOD1) in the Pathogenesis of Amyotrophic Lateral Sclerosis (ALS)」
    「Novel Aspects of Amyotrophic Lateral Sclerosis」page 87-100 Humberto Foyaca Sibat;Lurdes de Fatima Ibanez Valdes編、「Update on Amyotrophic Lateral Sclerosis」INTECH(Croatia)2016年 ISBN 978-953-51-2601-0

原著論文

2015年

主な研究成果

総説・著書

  • Shuji Wakatsuki, Toshiyuki Araki
    「Significance of Mechanism-Oriented Research Toward Neuronal Protection Therapy Against Neurodegenerative Disorders ~ ZNRF1 E3 Ubiquitin Ligase as a Critical Mediator for Wallerian Degeneration and Neuronal Apoptosis」 

    「Neurodegenerative Disorders as Systemic Diseases 」 pp 159-182. Ed by Keiji Wada Springer, 2015

原著論文

2014年

原著論文

2013年

原著論文

総説・著書

  • 荒木敏之「神経軸索の変性からの保護と再生」
    末梢神経 Vol 24, No.2 pp205-209 2013年 日本末梢神経学会、名古屋

2012年

原著論文

総説・著書

  • 徳永慎治,荒木敏之「NAD合成経路改変によるミトコンドリア障害からの神経保護」
    実験医学 Vol 30, No.9 pp1418-1422 2012年 羊土社、東京
  • 若月修二,荒木敏之 「ユビキチン・プロテアソーム系によって制御される軸索変性の分子メカニズム」
    生化学 Vol 84, No.6 pp463-471 2012年 日本生化学会、東京

2011年

主な研究成果

原著論文

2010年

原著論文

2009年

主な研究成果

原著論文

総論・著書

  • 荒木敏之,八幡直樹 「神経軸索の変性と神経回路の修復」
    脳21 Vol 12, No.3 pp300-305 2009年 金芳堂、京都

2008年度

主な研究成果

~2007年度

原著論文

総説・著書