National Center of Neurology and Psychiatry

神経研究所 疾病研究第七部

部長 本田 学 博士(医学)
Manabu HONDA, MD, Ph.D.

 生物の「臓器」として脳を見た場合、その最大の特徴は、環境から入ってくる情報をリアルタイムで処理し、その結果に基づいて環境に働きかけていくところにあります。こうした脳のダイナミックな情報処理の実体は、遺伝子に書き込まれたプログラムに基づいて制御される化学反応です。したがって脳の中では、「物質」と「情報」とが本質的に同じ意味をもっているといえます。
 例えば、脳に入力される情報をすべて遮断してしまうと、幻覚・妄想や錯乱状態など、急性の薬物中毒に似た症状を呈することが知られています。こうした事実は、物質の世界に「有害物質」と「必須栄養素」とがあるように、情報の世界にも「有害情報」と「必須情報」とがあるのではないか、という全く新しい視座を与えてくれます(詳しくは、私の師匠である大橋 力先生の著書「音と文明」岩波書店刊をお読みください)。
 こうした発想のもと、私たちは、特徴の異なるさまざまな脳イメージングを統合的にもちいて人間の脳のダイナミックな働きをライブで捉えることにより、脳に入力される情報を代謝するメカニズムの異常という観点から、脳の病気に迫ろうとしています。同時に、化学物質として脳に作用する「薬」に代わる新しい機能的治療法の開発を目指しています。
 私たちのチャレンジに共鳴し、既成の専門分野に閉じこもらず、問題に応じて新しい解決方法を手づくりする志をもった仲間を広く募集します。

疾病研究第七部長 本田 学

>>>プロフィールはこちら