National Center of Neurology and Psychiatry



科研費研究員

上野 修 博士(医学)
UENO Osamu, Ph.D.


<プロフィール>
主な研究テーマは、ハイパーソニック・エフェクトを応用した「情報医療」の開発、特に超広帯域音響振動の記録・計測・解析・再生システムの開発をすすめています。また情報医療の学術的基盤である「本来・適応・自己解体モデル」について単細胞生物を用いた分子生物学的手法と人工生命によるシミュレーションを相補的に活用した検証研究を進め、生命の利他性と生態系の原状回復機構の解明を目指しています。

<連絡先>
ueno-o

●経歴

  • 1990      早稲田大学理工学部応用化学科卒業
  • 1993      筑波大学大学院環境科学研究科修了
  • 1993~2005 国際科学振興財団 研究員
  • 1995~2001 岐阜大学大学院医学研究科 在職留学
  • 2001~2003 岐阜県国際バイオ研究所 共同研究員
  • 2002      博士(医学)取得(岐阜大学)
  • 2006~現在 独立行政法人国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 研究員


●業績

[論文]

  • Oohashi T, Ueno O, Maekawa T, Kawai N, Nishina E, Honda M: An Effective hierarchical model for the biomolecular covalent bond: An approach integrating artificial chemistry and an actual terrestrial life system. Artificial Chemistry Special Issue of Artificial Life, 15(1): 29-58, 2009.
  • Oohashi T, Maekawa T, Ueno O, Kawai N, Nishina E, Shimohara K: Artificial Life Based on the Programmed Self-Decomposition Model: SIVA, Artificial Life and Robotics, vol.5, 77-87, 2003.
  • Ueno O, NOZAWA Y, Oohashi T: The Pulse Heat Shock Method Induces Cellular Decomposition Process in Cell Death of Tetrahymena, Acta Sch Med Univ Gifu, vol. 50, 10-19, 2000.
  • Ueno O, Nozawa Y, Oohashi T: Programmed Self-Decomposition Model, the Japanese Journal of Protozoology, 32(1), 66,1999.

[学会]

  • 八木玲子, 仁科エミ, 河合徳枝, 森本雅子, 上野 修, 本田 学, 大橋 力:ハイパーソニック・エフェクト応用による音響療法の予備的検討, 日本音楽知覚認知学会2010年秋季研究発表会, 三重, 10.3, 2010.
  • 上野 修, 前川督雄, 本田 学, 仁科エミ, 河合徳枝, 大橋 力:プログラムされた自己解体モデル, 2010年度人工知能学会全国大会JSAI2010, 長崎, 6.10, 2010.
  • Oohashi T, Ueno O, Maekawa T, Kawai N, Nishina E, Honda M: An Effective hierarchical model for the biomolecular covalent bond: An approach integrating artificial chemistry and an actual terrestrial life system. Artificial Chemistry Special Issue of Artificial Life, 15(1): 29-58, 2009.
  • 上野 修, 前川督雄, 本田 学, 仁科エミ, 河合徳枝, 大橋力 :プログラムされた自己解体モデル検討のためのパルス熱ショック法の構築. 第80回日本生化学会大会, 12.11, 2007.
  • 仁科エミ, 河合徳枝, 八木玲子, 森本雅子, 上野 修, 本田 学, 大橋 力: ハイパーソニック・エフェクトの応用によるモデル地区の音環境創造総合計画. 日本音響学会2006年春季研究発表会講演論文集: 863-864, 2006.
  • 前川督雄, 上野 修, 大橋 力, 進化加速系としてのプログラムされた自己解体, 第七回日本進化学会, 2005.
  • Maekawa T, Ueno O, Nishina E, Kawai N, Shimohara K, Oohashi T: Diffusible immortal ALife rarely exterminate diffusible mortal ALife in one finite, heterogeneous ecosystem, The 5th international symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 5th'00),34-39, 2000.
  • Maekawa T, Ueno O, Nishina E, Kawai N, Shimohara K, Oohashi T: Evolutionary advantage of Self-Decomposition mechanism, The 5th international symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 5th '00), 40-44, 2000.
  • Oohashi T, Maekawa T, Ueno O, Nishina E, Kawai N, Shimohara K: Proposal of a general simulator "SIVA" for heterogeneous environment and self-decomposable ALife, The 5th international symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 5th '00), 45-49, 2000.
  • Oohashi T, Maekawa T, Ueno O, Nishina E, Kawai N: Requirements for immortal ALife to exterminate mortal ALife in one finite, heterogeneous ecosystem, 5th European Conference on Artificial Life (ECAL99), 49-53, 1999.
  • Oohashi T, Sayama H, Ueno O, Maekawa T: Artificial Life based on Programmed Self-Decomposition Model, Artificial Life V, ALIFE-PA 207, 1996

[著書]

  • 大橋 力, 前川督雄, 上野 修, 本田 学:利他的遺伝子,その優越性とは-地球生命は[進化の閉塞を打破する進化]を遂げた.科学 81 (1), 83-90, 2011.

[知財]

  • 大橋 力,河合徳枝,仁科エミ,本田 学,前川督雄,森本雅子,八木玲子,上野 修:振動呈示装置. 特許第4572214号,8.20, 2010.
  • 大橋 力,河合徳枝,仁科エミ,本田 学,前川督雄,森本雅子,八木玲子,上野 修:振動発生装置及び方法. 特願2010-524295,11.24, 2010.
  • 大橋 力,河合徳枝,仁科エミ,本田 学,前川督雄,森本雅子,八木玲子,上野 修:振動発生装置及び方法、並びに振動判別装置及び方法. 特願2009-022635 号,2.3, 2009.
  • 大橋 力, 河合徳枝, 仁科エミ, 本田 学, 前川督雄, 森本雅子, 八木玲子, 上野 修:振動発生装置及び方法. PCT/JP2009/063880 (国際特許出願), 8.5, 2009.