うつ病と免疫

ストレス社会の現代、様々な要素がからみあって鬱(うつ)なるものの増加が問題となっています。鬱と免疫は、一見何の関連もなさそうですが、実は最近、その関連が注目されています。

インフルエンザや高い熱が出て具合が悪いときは、身体がつらいばかりでなく、何もやる気がしなくて寝ていたいですよね。ウイルスや細菌による感染症がおこると、身体の中では免疫細胞から炎症性サイトカインが産生されますが、神経系にも作用するのです。
癌などの病気も鬱的になることがありますが、身体が癌と闘っていると炎症性サイトカインが産生されるため、その影響もあるという訳です。感染症や癌だけでなく、炎症性サイトカイン産生が高まっているリウマチなどでもそうです。病気と闘っているときには、身体はゆっくり休んで力を蓄えたほうがいいので、生理的には納得できる作用ですが、ひどくなると生活に影響が出ることもあります。

ウイルス性肝炎や多発性硬化症の治療に使われているI型インターフェロンというサイトカインは、その副作用の一つに鬱があります。これまでは、交感神経・副交感神経や様々な神経伝達物質が免疫応答を調節することはよく知られていますが、最近では免疫作用に主に使われるサイトカインなどが、神経機能や精神機能を調節することが注目されています。

身体には大きな変化のないうつ病でも、末梢血の免疫細胞を調べると炎症性サイトカインを出しやすい状態になっていることがわかってきました。実際にうつ病にどのように関係しているのかについては、まさに今研究がすすめられている分野です。

このように、神経・免疫・内分泌というシステムは、多細胞生物の多彩な生体機能を維持するために、密接に関与・調節しあう複雑系ならではの高次機能ネットワークなのです。



三宅研究室(自己免疫・神経免疫研究室)  国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 免疫研究部

〒187-8502  東京都小平市小川東町4-1-1  Tel: 042-341-2711 Fax: 042-346-1753
Copyright (C) 2010 三宅研究室(自己免疫・神経免疫研究室) All Rights Reserved.