三宅研究室:自己免疫・神経免疫研究室 Home

三宅ラボ(自己免疫・神経免疫研究室)へようこそ

多発性硬化症膠原病などの自己免疫疾患の病態と治療法開発を中心に研究を行っています。
自己免疫疾患は、各々の疾患によって病態や治療法が異なるものの、
共通する部分も多くみられ、幅広い視野で病態を理解することが重要です。
また自己免疫疾患は、その経過や病状も患者さんによる個人差が大きいことから、
患者さんが自分の病態にもっとも適した治療が受けられる手助けになるような研究を目指しています。

自己免疫疾患の病態の中心となる免疫機能の制御には、神経、免疫、内分泌の相互作用が
深く関与していることから、神経・内分泌と免疫のクロストークについての基盤研究も行っています。


new
最新情報


ENGLISH
研究内容
メンバー紹介 業績
お問い合わせコラム:
神経・内分泌・免疫
クロストーク
Minds over
Cytokines



三宅研究室(自己免疫・神経免疫研究室)  国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 免疫研究部

〒187-8502  東京都小平市小川東町4-1-1  Tel: 042-341-2711 Fax: 042-346-1753
Copyright (C) 2010 三宅研究室(自己免疫・神経免疫研究室) All Rights Reserved.

自己免疫 膠原病 多発性硬化症