部長の挨拶                         

微細構造研究部 部長 一戸紀孝

 ヒトの心は脳にやどるものと考えられています。 
その脳は主として神経細胞という細胞がお互い複雑に結合し、情報を送り合う複雑な神経回路から出来ています。そうすると、ヒトの心の働きである高次な思考、言語、意欲、感情(恋愛や母性愛)も、神経回路から生み出されてくることになります。
 また、心の病(こころのやまい)も、神経回路の障害として考えるべきということになるでしょう。

 私たち、微細構造研究部は、神経回路の研究に基づき、その回路の設計図部分の解明(脳回路解剖学)に始まり、同時に、その回路がどのようにして機能を発現しているのかを、私たちが開発した生体内神経回路可視化法と脳機能測定法(脳電気生理学)を組み合わせて、脳が設計図に基づいてどのようにその高度な機能を実現するかに迫っています。
 また、もともと受精卵という一個の細胞であったヒトが、それから生み出されてきた細胞たちにより、複雑で精緻な神経回路を形成していく分子メカニズムに(脳回路分子生物学)強い興味をもって研究しています。そして、これらの脳機能・分子発現を制御していくための、ウィルスベクターの開発にも携わっています(脳制御学)。 

 これらの研究に基づいて、脳発達障害(自閉症等)の神経回路障害のメカニズム、その症状の回路障害に基づく発現メカニズムに関する研究を、精神・神経研究開発費の援助を受けて、現在開始しております。現在の研究対象は、ヒトと同じ霊長類である社会性の高いマーモセット、現在、脳科学で最もよく用いられているほ乳類モデル動物であるげっ歯類(ラット/マウス等)です。

 また、研究対象の脳機能に関しては、自閉症で強く冒される社会性認知の回路的機能発現に重点をおき、回路形成メカニズムに関しては、やはり社会性に強く関わりがあると同時に、PTSDに関わる恐怖・不安などに関わる扁桃体の投射回路形成メカニズムに重きを置いています。今後とも、ご支援・ご指導よろしくお願いいたします。 

 また、上記の研究に興味のある方(研究員、大学院生、大学生)、いろいろな形で参加できますので、一緒に研究しませんか?そういうお気持ちのある方は、一戸(nichino@ncnp.go.jp)までご連絡下さい。