MENU

業績一覧 : 2010(H22)

刊行物

原著

  1. Takei TSeki K,: Spinal interneurons facilitate coactivation of hand muscles during a precision grip task in monkeys. The Journal of Neuroscience. 30:17041-50,2010.

著書

 

総説

 

その他

 

学会発表

特別講演・シンポジウム

  1. 関和彦:随意運動と脊髄機能. 第65回日本体力医学会大会,千葉,9.17,2010.
  2. 関和彦:随意運動の制御における脊髄の役割:反射や歩行を越えて. 第176回つくばブレインサイエンス・セミナー,つくば,10.12,2010.

国際学会

  1. Uchida S.Nakahara K., Midorikawa A., Kuraoka K., Saito A., Takemoto A., Kawamura M. &Nakamura K.: Interhemispheric functional connectivity in a subject with complete agenesis of the corpus callosum. 16th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping. 1387 MT-AM ,6.7,2010.
  2. Masamizu Y., Okada T., Kawasaki K., Ishibashi H., Takeda S., Yuasa S., Hasegawa I. &Nakahara K.: Efficient gene transfer into neurons in the primate brain via antero- and retrograde infections by adeno-associated virus serotype 8 and 9.The 40th annual meeting of the Society for the Neuroscience, Sandiego, USA, Abstr. 614.4/NNN42,11.16, 2010.
  3.  Matsuo T., Kawasaki K., Sawahata H., Masahiro S., Miyakawa N., Kawai N., Sato N., Saito N., Nakahara K., Suzuki T. & Hasegawa I.: Minimally invasive surgical procedures for intrasulcul electrocorticography in macaques. The 40th annual meeting of the Society for the Neuroscience, Sandiego, USA, Abstr. 675.14/MM10,11.16, 2010.
  4. Seki K, E.E.Fetz: Modulation of sensory responses at spinal and cortical  levels during preparation and execution of voluntary movement. The 40th annual meeting of the Society for the Neuroscience,Sandiego, USA, 494.22/HHH12,11.15, 2010.
  5. Umeda.T, Sakatani.T, Yamashita.O, Saitoh.M, Morimoto.J, Seki K., Kawato.M, Isa.T.: How motion is encoded by sensory afferent ensembles in  monkeys? The 40th annual meeting of the Society for the Neuroscience,Sandiego, USA, 295.14/III3,11.14, 2010.

一般学会

  1. 高草木薫,関和彦:脳科学の臨床医学応用への展望. 第87回日本生理学会大会,盛岡, 5.19,2010.
  2. 関和彦:随意運動の制御における脊髄ニューロン系の役割とその臨床的意義. 第87回日本生理学会大会,盛岡, 5.19,2010.
  3. 金祉希,関和彦:覚醒行動サルにおける筋求心性神経に対するシナプス前抑制評価法の開発. 第87回日本生理学会大会,盛岡, 5.19,2010.
  4. 内田信也中原潔,緑川晶,倉岡康治,齋藤慈子,河村満,中村克樹:脳梁完全欠損者における半球間機能的結合性.   第33回日本神経科学大会,神戸, 9.2,2010.
  5. 正水芳人,岡田尚巳,川嵜圭祐,石橋英俊,武田伸一,湯浅茂樹,長谷川功,中原潔:霊長類中枢神経系への遺伝子導入:アデノ随伴ウイルスベクターによる神経細胞への順行性および逆行性感染. 第33回日本神経科学大会,神戸, 9.2,2010.
  6. 金祉希関和彦:覚醒行動サルにおける筋求心性神経に対するシナプス前抑制. 第33回日本神経科学大会,神戸,9.2,2010.

その他

  1. 関和彦:感覚帰還信号が内包する運動指令成分の抽出と利用.さきがけ「脳情報の解読と制御」第4回領域会議プログラム,夕張, 6.5,2010.
  2. 武井智彦関和彦:脊髄介在ニューロンは把握運動におけるシナジーの形成に貢献しているか. 第4回MC研究会,岡崎, 5.29,2010.
  3. 金祉希関和彦:覚醒行動下のサルにおける筋求心性神経へのシナプス前抑制. 第4回MC研究会,岡崎, 5.29,2010.
  4. 関和彦:無意識をあやつる脳.Neuro2010市民講座「社会にひろがる脳科学」,京都, 8.28,2010.
  5.  関和彦:運動系の機能紹介. Neuro2010 連携レクチャーIn vivo細胞機能計測・操作技術, 岡崎, 8.30,2010.
  6. 中原潔:脳機能イメージング研究でできること、できないこと. Neuro2010 連携レクチャーIn vivo細胞機能計測・操作技術,岡崎, 8.30,2010.
  7. 関和彦:感覚帰還信号が内包する運動指令成分の抽出と利用.さきがけ「脳情報の解読と制御」第5回領域会議プログラム,沖縄, 11.6,2010.

班会議発表

  1. 関和彦:コモンマーモセットにおける行動機能の発達異常のスクリーニングとその遺伝的背景の同定. 平成22年度第1回班会議,東京, 6.27,2010.
  2. 関和彦:コモンマーモセットにおける行動機能の発達異常のスクリーニングとその遺伝的背景の同定. 平成22年度第2回班会議,東京, 11.20,2010.
HOME
ENGLISH