MENU

業績一覧 : 2014(H26)

刊行物

原著

  1. Tatsuya Umeda, Hidenori Watanabe, Masa-aki Sato, Mitsuo Kawato, Tadashi Isa, Yukio Nishimura : Decoding of the spike timing of primary afferents during voluntary arm movements in monkeys. Front. Neurosci 8 : 97, 2014
  2. Puentes SSeki K. Internal capsule stroke in the common marmoset: Neuroscience 284 400-411, 2015

著書

 

総説

  1. 大屋知徹関和彦 中脳赤核と運動機能―系統発生的観点から― Red Nucleus and Its Motor Function –A Phylogenetic Perspective– Spinal Surgery 28(3) 258-263, 2014

その他

 

学会発表

特別講演・シンポジウム

  1. 戸松彩花、定方哲史 正常な脳と病気の脳―小脳神経活動から神経疾患まで―, 東海大学/INCF Japan Node 小脳プラットフォーム合同神経科学ミニシンポジウム(第5回東海大学テニュアトラック制度シンポジウム・ミニシンポジウム)若手研究者による小脳研究の最前線―From genes to behavior―, 東海大学高輪校舎 20150110
  2.  大屋知徹、武井智彦、関和彦: 運動駆動細胞群の筋シナジー創出機構, 平成26年度生理学研究所研究会「行動システム脳科学の新展開」,生理学研究所 20150109-10

国際学会

  1. H. Yaguchi, D. Kowalski, T. Takei and K. Seki: Posture dependency of the twitch responses induced by intraspinal microstimulation to the primate spinal cord, Society for Neuroscience2014, Washington D.C., 11.15-19
  2. K. Seki: Subcortical control of voluntary movement, 18th Thai Neuroscience Society Conference 2014 and 2 nd CU-NIPS Symposium “Frontier in Neuroscience Research” , Bangkok, Thailand, December 22-23, 2014
  3. T. Umeda: Glycinergic inhibition of the ipsilateral cortical excitation to forelimb motoneurons in monkeys, 18th Thai Neuroscience Society Conference 2014 and 2 nd CU-NIPS Symposium “Frontier in Neuroscience Research” , Bangkok, Thailand, December 22-23, 2014

一般学会

  1. 大屋知徹, 武井智彦, 関和彦:赤核の回路と機能における推察, 第8回Motor Control研究会, つくば, 8.7-8.9, 2014
  2. 荻原直道、斉藤剛、武井智彦、関和彦: 3次元筋骨格モデルに基づくニホンザル精密把握動作の逆動力学解析, 第37回日本神経科学大会, 横浜, 9.11-9.13, 2014
  3. 大屋知徹、武井智彦、関和彦:異なる下行路系から生み出される筋投射構造と筋シナジーへの収斂, 第37回日本神経科学大会, 横浜, 9.11-9.13, 2014
  4. 梅田達也、小林憲太、小林美樹、高橋俊貴、船越健悟:アデノ随伴ウイルスベクターを用いた運動ニューロンへの遺伝子導入、第37回日本神経科学大会, 横浜, 9.11-9.13, 2014

その他

 

班会議発表

  1. 関和彦Sidikejiang Wupuer、徳田崇、太田淳: 体性感覚を操作する,さきがけ「脳情報の解読と制御」第12回領域会議, 掛川,10.10-12
HOME
ENGLISH