MENU

研究内容(一般の方)

当研究部で行われている研究内容の一部を、現場の研究者がわかりやすく解説いたします。

手の運動は脳によってどのように操られているか?

箸を持つ、字を書くなど私たちは自由自在に手足を動かすことができます。それは無数の神経が協力してはじめてできる脳の共同作業です。

運動と感覚:手足の感覚は脳内でどのように処理されているのか?

イチローのあざやかなバッティングは、脳が我々の手足を巧みに操っている良い例です。その際、動いている手足からは動きのスピード・力・位置などの信号が随時脳に送られてきます。生物は、このような感覚信号をどのように使って運動をコントロールしているのでしょうか。私たちは、運動時の感覚情報処理の脳内機構について、細胞レベルで明らかにします。

無意識の運動:運動疾患治療やリハビリテーションに利用できる脳機能

人間は話したいときにはおしゃべりし、なにかほしいときには手を伸ばしてつかみ、うれしいときにはにっこり笑う事ができます。このように我々の意図や意識を行動にむすびつけるのは脳の重要な仕事です。しかし、我々の日常生活のうち「意識して」行うものはごくわずかです。

モデル動物を用いた精神神経疾患へのアプローチ

はしを持つ、字をかくなど私たちは自由自在に手足をうごかすことができます。それは無数の神 経が協力してはじめてできる、脳の共同作業です。

HOME
ENGLISH