MENU

室長 : 梅田 達也

梅田達也

経歴(略歴)

1998-2000 東京大学大学院(修士)
2000-2004 東京医科歯科大学大学院(博士)
2002-2004 学術振興会特別研究員(DC2)
2004-2006 東京医科歯科大学 研究員
2007-2013 生理学研究所 研究員
2013-2014 横浜市立大学 助教
2014年4月より現職。

研究内容

我々は手を動かして物を掴むとき、外界由来の感覚情報と自分の腕の動きから生じる体性感覚情報を末梢の体性感覚一次ニューロン(以下、末梢神経)より受け取っています。しかし、実際は、自らの動きをあまり知覚することなく、外界によって引き起こされた感覚や意識した部位の身体の運動を知覚することができます。これは、末梢神経からの感覚入力すべてを知覚するのではなく、自己運動とそれ以外が別々に処理され、我々にとって重要な感覚情報を安定して知覚できるようになっているためと考えられています。このような運動に伴って行われる感覚情報の調節のメカニズムについて明らかにしたいと考えています。

研究業績(過去5年) 英語論文のみ

  1. Umeda, T.*, Watanabe, H., Sato, MA., Kawato M., Isa T., Nishimura, Y. (*: corresponding author)  
    “Decoding of the spike timing of primary afferents during voluntary arm movements in monkeys” 
    Front. Neurosci..8: e97, 2014
  2. Wanakhachornkrai, O., Umeda, T. *, Isa, K., Tantisira, M.H., Tantisira, B., Isa, T. (*: corresponding author) 
    “Reorganization of sensory pathways after neonatal hemidecortication in rats.”  
    Neurosci. Res.79: 94-98, 2014
  3. Umeda, T. *, Funakoshi, K. (*: corresponding author) 
    “Reorganization of motor circuits after neonatal hemidecortication.”  
    Neurosci. Res.78: 30-37, 2014
  4. Umeda, T.*, Seki, K., Sato, MA., Nishimura, Y., Kawato M., Isa T. (*: corresponding author)  
    “Population coding of forelimb joint kinematics by peripheral afferents in monkeys” 
    PLoS One.7: e47749, 2012
  5. Yokoi, H., Sato, K., Morishita, S., Nakamura, T., Kato, R., Umeda, T., Watanabe, H., Nishimura, Y., Isa, T., Ikoma, K., Miyamoto, T., Yamamura, O.
    “fMRI Analysis of Prosthetic Hand Rehabilitation Using a Brain-Machine Interface”  
    Advance in Therapeutic Engineering  219-250, 2012
  6. Umeda, T.*, Isa, T. (*: corresponding author) 
    “Differential contributions of rostral and caudal frontal forelimb areas to compensatory process after neonatal hemidecortication in rats”
    Eur. J. Neurosci.34: 1453-1460, 2011
  7. Umeda, T.*, Takahashi, M., Isa, K., Isa, T. (*: corresponding author)   
    “Formation of Descending Pathways Mediating Cortical Command to Forelimb Motoneurons in Neonatally Hemidecorticated Rats” 
    J. Neurophysiol.104: 1707-1716, 2010
  8. Takahashi, M.*, Vattanajun, A.*Umeda T.*, Isa, K., Isa, T. (*: equally contributed)
    “Large-scaled reorganization of corticofugal fibers after neonatal hemidecortication for functional restration of forelimb movements”  
    Eur. J. Neurosci.30: 1878-1887, 2009
  9. Yamagata, Y., Kobayashi, Y., Umeda, T., Inoue, A., Sakagami, H., Fukaya, M., Watanabe, M., Hatanaka, M., Totsuka, M., Yagi, T., Obata, K., Imoto, K., Yanagawa, Y., Manabe, T., Okabe, S. 
    “Kinase-dead knock-in mouse reveals an essential role of CaMKIIa kinase activity in dendritic spine enlargement, LTP and learning”  
    J. Neurosci29: 7607-7618, 2009

競争的資金

  • 学術研究助成基金助成金(若手B)2013-2014年度
  • 成茂神経科学研究助成基金 2013年度

自己紹介

これまでに、分子生物学・生化学・解剖学・生理学といった多岐にわたる分野を渡り歩いてきました。薄く広く学んできた感が否めませんが、幅広い分野での経験を絡めて、深く掘り下げた研究を行いたいと思います。

HOME
ENGLISH