年報業績 2010



 

 論  文 (原著,著書,総説)  

  1. Ohsawa K, Irino Y, Sanagi T, Nakamura Y, Suzuki E, Inoue K, Kohsaka S:
    P2Y(12) receptor-mediated integrin-beta1 activation regulates microglial process extension induced by ATP.
    Glia 58 (2010) 790-801
  1. Namba T, Yabe T, Gonda Y, Ichikawa N, Sanagi T, Arikawa-Hirasawa E, Mochizuki H, Kohsaka S, Uchino S:
    Pigment epithelium-derived factor up-regulation induced by memantine, an N-methyl-d-aspartate receptor antagonist, is involved in increased proliferation of hippocampal progenitor cells.
    Neurosci. 167 (2010) 327-83
  1. Uchino S, Hirasawa T, Tabata H, Gonda Y, Waga C, Ondo Y, Nakajima K, Kohsaka S:
    Inhibition of N-methyl-d-aspartate receptor activity resulted in aberrant neuronal migration caused by delayed morphological development in the mouse neocortex.
    Neurosci. 169 (2010) 609-618

  1. Sanagi T, Yuasa S, Nakamura Y, Suzuki E, Aoki M, Warita H, Itoyama Y, Uchino S, Kohsaka S, Ohsawa K:
    Appearance of phagocytic microglia adjacent to motoneurons in spinal cord tissue from a presymptomatic transgenic rat model of amyotrophic lateral sclerosis.
    J Neurosci. Res. 88 (2010) 2736-2746

  1. Yamamoto S, Nakajima K, Kohsaka S:
    agocytiMacrophage-colony stimulating factor as an inducer of microglial proliferation in axotomized rat facial nucleus.
    J Neurochem. 115 (2010) 1057-1067

  1. Honma Y, Kawano M, Kohsaka S, Ogawa M:
    InhibitionAxonal projections of mechanoreceptive dorsal root ganglion neurons depend on Ret.
    Development 137 (2010) 2319-2328

  1. Hefendehl JK, Wegenast-Braun BM, Liebig C, Eicke D, Milford D, Calhoun ME, Kohsaka S, Eichner M, Jucker M:
    ILong-term in vivo imaging of β-amyloid plaque appearance and growth in a mouse model of cerebral β-amyloidosis.
    J Neurosci. 31 (2011) 624-629


 学会発表等 (特別公演・シンポジウム,国際学会,一般学会,班会議発表)

  1. 高坂新一:
    Microglia and Neurodegenerative Disorders.:
    平成22年度包括型脳科学研究推進支援ネットワーク夏のワークショップ、札幌、7.28,2010

  1. 大澤圭子, 佐柳友規, 中村泰子, 鈴木恵里, 青木正志, 割田仁, 糸山泰人, 高坂新一:
    神経変性疾患におけるミクログリアの動態変化.
    第33回日本神経科学会大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経神経回路学会大会, 神戸, 9.2, 2010

  1. Kohsaka, S.,Sanagi, T., Itoyama Y., Ohsawa, K.:
    Activation of microglia in spinal cord during presymptomatic stage in ALS model rats.
    The 29th Naito Conference, Glia World Dynamic Function of Glial Cells in the Brain, Kanagawa, 10.7, 2010.

  1. Namba T, Uchino S, Kohsaka S, Kaibuchi K.:
    NMDA receptor antagonist administration leads down-regulation of DISC expression and over migration of newly generated neurons in the adult hippocampus.
    The 12th International Union of Biochemistry and Molecular Biology (IUBMB), 21st Federation of Asian and Oceanian Biochemists and Molecular Biologists
    (FAOBMB) and ComBio 2010 conferences.Melbourne, Australia, 9.30, 2010
    .
  2. Ohsawa, K., Sanagi, T., Irino, Y., Nakamura, Y., Suzuki, E., Inoue, K., Kohsaka, S.:
    P2Y12 receptor-mediated integrin-β1 activation regulates microglial process extension induced by ATP.
    The 29th Naito Conference, Glia World Dynamic Function of Glial Cells in the Brain, Kanagawa, 10.6, 2010.

  3. Sanagi, T., Ohsawa, K., Nakamura, Y., Suzuki, E., Aoki, M., Warita, H., Itoyama, Y., Uchino, S., Kohsaka, S.:
    Involvement of phagocytic microglia in increased vulnerability of motoneurons after facial nerve avulsion in presymptomatic ALS model rats.
    The 29th Naito Conference, Glia World Dynamic Function of Glial Cells in the Brain, Kanagawa, 10.6, 2010.


  1. 灘波隆志、内野茂夫、高坂新一、貝渕弘三:
    NMDA受容体シグナルは統合失調症脆弱性因子DISC1を介して成体海馬における新生ニューロンの移動を制御する
    包括脳ネットワーク夏のワークショップ、札幌、7.29, 2010


  2. 権田裕子、関口正幸、田畑秀典、難波隆志、和田圭司、仲嶋一範、花嶋かりな、内野茂夫、高坂新一:
    Robo1は大脳皮質錐体細胞の形態形成を調整している
    33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経回路学会大会、神戸、9.2, 2010

  3. 和賀央子、浅野弘嗣、加藤怜子、伊藤雅之、後藤雄一、内野茂夫、高坂新一:
    マウス脳発達過程における自閉症関連遺伝子SHANK3のメチル化動態解析
    33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経回路学会大会、神戸、9.2, 2010

  4. 一宮俊文、高坂新一、中嶋一行:
    ラットの顔面神経切断時におけるコリン作動性ニューロンの影響
    33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経回路学会大会、神戸、9.3, 2010

  5. 竹澤洋亮、高坂新一、中嶋一行:
    脳内の糖代謝に関するグリア細胞の関与
    33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経回路学会大会、神戸、9.3, 2010

  6. 中嶋一行、吉野幸久、遠山陽子、高坂新一:
    ミクログリアのTNFα産生に関わるスーパーオキシドアニオン
    33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経回路学会大会、神戸、9.3, 201
    0
  7. 山本伸一、中嶋一行、高坂新一:
    ミクログリアにおけるcFMSとPCNAの誘導に対するM-CSFの役割
    33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経回路学会大会、神戸、9.3, 2010
  8. 宮森弘明、中嶋一行、高坂新一:
    神経系における抑制性サイドカインの産生について
    33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経回路学会大会、神戸、9.3, 2010
  9. 本田芳成、山本伸一、高坂新一、中嶋一行:
    神経傷害とミクログリアの応答性:神経栄養因子作用の解析
    33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経回路学会大会、神戸、9.3, 2010
  10. 佐比lУ・・艤祁住辧・翅実抻辧⇔詭攘知ぁ∪通收技屐・篥朕痢∋綮蛎擔諭・睫醋佗廖・盧篆薫譟ァ
    顔面神経軸索損傷負荷後のALSモデルラットにおける運動ニューロン脆弱性に関与するミクログリアの機能の解析
    33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経回路学会大会、神戸、9.4, 2010
  11. 難波隆志、服部功太郎、功刀 浩、貝淵弘三、内野茂夫、高坂新一:
    NMDA受容体シグナルは統合失調症脆弱性因子DISC1を介して成体海馬における新生ニューロンの移動を抑制する
    33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経回路学会大会、神戸、9.4, 2010
  12. 和賀央子、浅野弘嗣、加藤怜子、伊藤雅之、後藤雄一、内野茂夫、高坂新一:
    自閉症関連遺伝子SHANK3のマウス脳発達過程におけるメチル化動態解析およびその分子基盤に関する研究
    40回日本神経精神薬理学会・第20回臨床精神神経薬理学会、仙台、9.16, 2010
  13. 大澤圭子、佐比lУ・・翅実抻辧⇔詭攘知ぁ・羮縅遜─・盧篆薫譟ァ
    アデノシンシグナルによるミクログリアの遊走と突起伸長調節
    33回日本分子生物学会年会、第83回日本生化学大会、合同年会、神戸、12.8, 2010
  14. 吉田裕美、寺岡美沙、大澤圭子、高坂新一、神鳥成弘:
    新規EFハンドタンパク質Iba1の2量体形成をともなうコンフォメーション変化に関する研究
    日本化学会第91春季年会、横浜、3.26, 2011
  15. 石川理恵、金亮、奥川哲央、難波隆志、高坂新一、内野茂夫、喜田聡:
    NMDA型グルタミン酸受容体阻害剤メマンチン投与による成体海馬神経新生促進と海馬依存性学習?記憶形成能力の向上
    日本農芸化学会年次大会、京都、3.26, 2011


  1. 内野茂夫, 浅野弘嗣, 和賀央子:
    精神遅滞・自閉性疾患患者におけるSHNAK3遺伝子変異の探索ならびにその機能的意義に関する研究.
    厚生労働省精神・神経疾患開発費「精神・神経疾患バイオリソース・レポジトリーの構築及び病因・病態解明に関する研究」(研究代表者: 後藤雄一)平成22年度班会議, 東京, 11.22, 2010

  2. 内野茂夫, 浅野弘嗣, 和賀央子:
    自閉症関連分子Shank3のマウス脳発達過程におけるメチル化動態解析およびその分子基盤に関する研究.
    厚生労働省精神・神経疾患開発費「精神・神経疾患のエピゲノム解析に関する開発的研究」(研究代表者: 星野幹雄)平成22年度班会議, 東京, 12.18, 2010


 代謝研究部トップページ



This page was presented by
(独)国立精神・神経医療研究センター 神経研究所

to Top-page