ホーム報道関係者の方プレスリリース > プレスリリース詳細

NCNP メディア塾プレスリリース


印刷用PDF(346KB)
2014年5月28日
独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター
(NCNP)

 

精神・神経領域における第一線の研究者・医師たちが一同に集結
第1回 NCNP メディア塾 受講生募集のご案内
- 日程:2014年8月22日(金)、23日(土)  於:JTBフォレスタ -

 独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP、東京都小平市 総長:樋口輝彦)は、この度記者やジャーナリストの方を対象にした「第1回 NCNPメディア塾」を2014年8月22日(金)、23日(土)にJTBフォレスタ(東京都多摩市)で開講いたします。精神・神経領域の第一線で活躍するNCNPの研究者や医師たちが取材に必要な基本情報と最先端の情報を2日間でお伝えします。

 近年、精神や神経の疾患に対する社会的関心が高まっているのは周知の通りですが、そのニーズに応えるだけの正確で十分なメディアの情報が提供されていないのが現実です。

 NCNPは、精神・神経・筋の疾病、発達障害の克服を目指すナショナルセンターとして、脳とこころに関連する最先端の医療と研究に取り組むとともに、信頼性の高い医療情報を国民にお届けすることも使命としています。その一環として、記者やジャーナリストのみなさまが精神・神経領域の取材を行うに当たって、最小限理解しておくべき基礎知識を現代社会との関係性の中で学んでいただき、また国民目線での報道の在り方を考える場として「メディア塾」を開催することといたしました。

 本講座は、2日間という限られた時間内で充実した講義を実施するため、1泊2日の合宿形式で開講いたします。また内容としては、精神、神経領域を基礎から学んでいただける座学とともに、各セッションにおいて研究者・医師とメディアのみなさまがディスカッションを行う機会をできるだけ多く取り入れ、互いに学び合う場といたします。

 NCNPでは、今後も毎年「メディア塾」を開催する予定です。ご参加いただくみなさまからのご意見などを取り入れ、継続的でよりよいメディア塾へと発展させていきたいと思います。

 本プログラムの趣旨にご賛同いただける、記者・ジャーナリストのご参加をお待ちしております。

 「NCNPメディア塾」への参加ご希望の方は、参加要領をご参照の上【2014年7月10日(木)】までにお申し込みください。応募者多数の場合は事前に締め切ることがございますので、お早目にお申込みくださるようお願いいたします。

【お問い合わせ先】

NCNPメディア塾事務局
担当:荒木和美 (株式会社ココノッツ)
TEL: 03-5212-4888  FAX:03-5212-4887
E-mail:mediaseminar@cocoknots.co.jp
NCNPメディア塾ホームページ: www.ncnp.go.jp/press/mediaseminar.html

 

◆メディア塾概要

主  催:
独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)
日  程:
2014822日(金)9:30 23日(土)17:00
会  場:
JTBフォレスタ(東京都多摩市永山2-1-7
定  員:
30
講義時間:
1コマ90分×10コマ
受 講 料:
19,000円(税抜)
※研修会場までの交通費は各自のご負担となります。
その他詳細はお問い合わせください。
※ご参加者には、後日、振込口座等の詳細をご連絡申し上げます。
修 了 証:
本研修の80%以上の講義に出席いただいた受講者には「修了証」を発行します。

 

◆対象者

  • 医学・医療情報について継続的な学習を希望し広く一般の方に向けて情報発信されているテレビ局、ラジオ局、新聞社、雑誌社などの記者、ジャーナリストの方
  • 取材経験3年以上の方
  • 基本的に2日間の研修コースに全て参加できる方

 

◆カリキュラム

「脳とこころの問題と社会的課題への対応を考える」

  1. 1.DSM-5はなぜ作られ、DSM-5はなぜ批判されたのか。
    認知行動療法センター長 大野 裕
  2. 2.精神疾患診断と法律判断
    精神保健研究所 司法精神医学研究部長 岡田 幸之
  3. 3.災害時に精神医療が果たすべきこと
    精神保健研究所 成人精神保健研究部長
    災害時こころの情報支援センター長 併任 金 吉晴
  4. 4.「脱法ドラッグ」―その乱用実態から依存性・毒性、治療まで―
    精神保健研究所 薬物依存研究部長 和田 清
  5. 5.睡眠の都市伝説を斬る
    精神保健研究所 精神生理研究部長 三島 和夫
  6.  
  7. 6.「神経疾患」の誤解を解く
    独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター病院 特命副院長
    神経内科診療部 部長 およびパーキンソン病・運動障害疾患センター長併任
    村田 美穂
  8. 7.次世代型シークエンスは医療をどう変えるか
    神経研究所 疾病研究第二部長 後藤 雄一
  9. 8.脳は身体から解放されうるのか
    脳病態統合イメージングセンター 先進脳画像研究部長 花川 隆
  10. 9.統合失調症とどうつき合うか
    独立行政法人国立精神・神経医療研究センター病院 副院長 中込 和幸
  11. 10.うつ病の常識は本当か
    神経研究所 疾病研究第三部長 功刀 浩

[ TOPへ戻る ]

当センター敷地内は禁煙です