ホーム採用情報 > 採用情報  精神保健研究所

精神保健研究所

薬物依存研究部 心理社会研究室長の公募について

1.職名及び人数

薬物依存研究部 心理社会研究室長  1名
(研究職・任期付年俸制職員)
 

2.職務内容

 薬物依存研究部では、薬物乱用・依存及び中毒性精神障害の実態把握のための疫学研究、薬物依存症及び中毒性精神障害に対する診断・治療法の臨床研究、乱用薬物の依存性・毒性に関する基礎研究に取り組んでいます。
 今回募集する心理社会研究室では、薬物乱用・依存及び中毒性精神障害の現状把握のための各種疫学研究、薬物依存の発生要因に係る心理社会学的研究、及び、薬物乱用・依存の予防及びその研修が主な職務内容となります。
 心理社会研究室長は、以上のような部の研究活動の一翼を担い、疫学研究チームのリーダーとして、下記のような研究課題について取り組むことが求められます。
(1) 薬物使用に関する全国の一般住民を対象とした疫学研究
(2) 薬物使用に関する全国の青少年を対象とした疫学研究
(3) 民間支援施設における薬物依存者を対象とした疫学研究
(4) 薬物使用のハイリスク層を対象とした疫学研究
 

3.応募資格

下記すべての条件を満たす方
(1) 疫学研究チームのリーダーとして、大規模データの処理や統計解析に優れ、意欲的に研究を計画・推進することができること。
(2) 医師・薬剤師等の医療系の国家資格を有すること。
(3) 医学・薬学・公衆衛生学・保健学あるいは関連分野の博士号を有すること。
(4) 博士号取得後、5年以上の研究歴を有すること。
 

4.採用予定年月日

平成29年11月1日
 

5.任期

採用日から5年間
 

6.勤務形態及び給与並びに身分欄

(1) 身  分:

常勤職員(国立研究開発法人職員)
※6ヶ月間は試用期間です。

(2) 勤務時間:
フレックス制、1週38時間45分勤務
(3) 給 与 等:
 
給 与:
基本給(経験年数により決定します)、地域手当、通勤手当等センター給与規程に基づき支給
賞 与:
6月及び12月
休 日:
土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12/29~1/3)
休 暇:
年次有給休暇、リフレッシュ休暇、病気休暇、忌引等
保 険:
共済組合(健康保険、年金)、雇用保険、労災保険加入
退職手当:

7.提出書類

(1) 履歴書(写真添付 様式自由)
(2) 業績目録
  原著論文、総説、著書、その他に分けてまとめ、学会発表は国際学会、国内学会別に分けてまとめてください。
(3) 過去5年間の競争的研究費獲得状況
(4) 主要論文3編の別刷(コピーでも可)を5部ずつ
(5) 現在行っている研究及び将来の研究に対する抱負(2000字以内 A4版にて作成)
(6) 機関の長または直属の上司等から当センター理事長あての推薦状1通
 

8.選考方法

書類選考並びにセミナー及び面接審査
 

9.提出締切日

平成29年9月20日(水) 必着

10.書類送付先

〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所長宛
(封筒に「薬物依存研究部心理社会研究室長応募書類在中」と朱書きし、簡易書留で郵送のこと)

11.問合せ先

国立精神・神経医療研究センター 研究所事務係
TEL 042-346-1943
FAX 042-346-1944
なお、国立精神・神経医療研究センターの概要は本HPを、薬物依存研究部の詳細はhttp://www.ncnp.go.jp/nimh/yakubutsu/index.html をご参照下さい。
研究内容についての応募前の問合せはdhp02@ncnp.go.jp 松本俊彦(部長)まで。

  

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]

当センター敷地内は禁煙です