ホーム採用情報 > 採用情報  精神保健研究所

精神保健研究所

成人精神保健研究部 精神機能研究室研究員の公募について

1.職名及び人数

成人精神保健研究部 精神機能研究室研究員      1名
  (任期付研究職員)

2.職務内容

 精神保健研究所成人精神保健研究部は、犯罪や災害などでトラウマの被害を受けた人々の回復支援のために、トラウマ関連疾患の治療研究、バイオマーカーを含む基礎研究、社会的実態調査、社会啓発、支援体制構築、ガイドライン作成、などに取り組んでいる。
 このような活動に伴って、トラウマ被害者の置かれている状況、状態を適切に評価し、確立された精神療法の効果の最適化を図るとともに、指導、研修を通じて均てん化に取り組むことが求められている。またさらに効果的な治療を開発するための治療研究を推進することも求められる。
 精神機能研究室研究員は、以上のような部の研究活動の一翼を担い、下記のいずれかの課題について取り組み、リーダーシップを発揮することが求められる。
1)トラウマ関連疾患の治療法開発と普及に関する研究。認知行動療法、ストレス対処法、薬物療法などの効果研究と、有効な治療戦略の開発、人材の育成指導に関する研究を行う。
2)トラウマ関連疾患の経過と治療反応性に関するバイオマーカー、遺伝子発現、生理指標に関する研究。治療の客観指標の開発、治療反応性の予測等についての研究を行う。
3)ストレス関連疾患の症状評価と診断に関する研究。
4)行政並びに関係組織との連絡、調整
 

3.応募資格

下記の全ての条件を満たす方
1)PTSD等のトラウマ関連疾患の病態解明に意欲と実績のあること。
2)人を対象とした精神医学あるいは心理学の研究の経験があり、症状評価、心理検査の手法と研究マネジメントのあり方を理解していること。
3)協調性に富み、研究チームを統率し、他の研究者、支援者との連携ができ、研究成果の発表の指導ができること。
4)医学博士、心理学博士、保健学博士、福祉学博士あるいは関連分野の博士号の資格を持つこと。
 

4.採用予定年月日

平成30年4月1日
 

5.任期

採用日から3年間
 

6.勤務形態及び給与並びに身分欄

(1) 身  分:

常勤職員(国立研究開発法人職員)
※6ヶ月間は試用期間です。

(2) 勤務時間:
フレックス制、1週38時間45分勤務
(3) 給 与 等:
 
給 与:
基本給(経験年数により決定します)、地域手当、通勤手当等センター給与規程に基づき支給
賞 与:
6月及び12月
休 日:
土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12/29~1/3)
休 暇:
年次有給休暇、リフレッシュ休暇、病気休暇、忌引等
保 険:
共済組合(健康保険、年金)、雇用保険、労災保険加入
退職手当:

7.提出書類

1)履歴書(写真添付  様式自由)
2)業績目録
    原著論文、総説、著書、その他(受賞歴・特許等)にまとめて下さい。また、学会発表のリストに関しては、国内学会としては特別講演及びシンポジウムやワークショップなどの招待講演のリストを、また国際学会としては、シンポジウムなど招待講演と一般口演に分け、それぞれ明記して下さい。
3)過去5年間の競争的研究費獲得状況
4)主要論文3編の別刷(コピーでも可)を5部ずつ
5)現在行っている研究及び将来の研究に対する抱負(1200字程度 A4版にて作成)
6)機関の長または直属の上司等から当センター理事長あての推薦状1通
 

8.選考方法

書類選考並びにセミナー及び面接審査
 

9.提出締切日

平成30年1月15日(月) 必着
 

10.書類送付先

〒187-8553  東京都小平市小川東町4丁目1番1号
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所長 宛
(封筒に「成人精神保健研究部精神機能研究室研究員応募書類在中」と朱書きし、簡易書留で郵送のこと)
 

11.問合せ先

〒187-8553 東京都小平市小川東町4丁目1番1号
国立精神・神経医療研究センター研究所事務係
    電話 042-346-1943
    FAX   042-346-1944
 
なお、国立精神・神経医療研究センターの概要は本HPを、成人精神保健研究部の詳細はhttp://www.ncnp.go.jp/nimh/seijin/ をご参照下さい。
研究内容についての応募前の問合せはdhp05@ncnp.go.jp 部長金吉晴まで。

 

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]

当センター敷地内は禁煙です