ホーム採用情報 > 採用情報  精神保健研究所

精神保健研究所

精神疾患病態研究部長の公募について

1.職名及び人数

精神疾患病態研究部長 1名 (研究職)

2.職務内容

 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神疾患病態研究部は、今回新たに設置された研究部で、センター内の病院、トランスレーショナルメディカルセンターの他、精神科関連学会(精神神経学会、神経精神薬理学会等)と連携して、下記研究室での職務を統合して精神疾患の病態解明に努めます。
1)基盤整備研究室
関連学会と連携して、精神疾患の病態研究に係る患者情報及び臨床研究データ、バイオリソース等の収集、蓄積及び管理に関することを担当します。
2)病態解析研究室
上記データベースをもとに、精神疾患について神経科学、遺伝学、分子生物学、生理学及び行動学等の観点から、新たな疾患分類による病態解析に関する研究を担当します。

 精神疾患の克服は喫緊の課題ですが、その治療薬の研究開発については、その成功率の低さから衰退や遅延が目立ち、危機的な状況にあります。成功率の低さの大きな要因として、病態解明が進んでいないことが挙げられます。現在用いられている精神疾患の診断カテゴリーは、生物学的な異種性が高いことが知られています。したがって、生物学的な病態に基づく新たな疾患分類を作成することは、新規治療法開発の促進に必須な課題といえます。
 今回募集する精神疾患病態研究部長は、上記課題の解決に努め、研究部の管理、指導し、精神疾患の克服に牽引的に関わることを職務とします。
 

3.応募資格

上記職務内容に関する実績を有し、医師として実際に精神疾患患者の診療等に従事した経験を有する博士号もしくは同等以上の能力を有する方。
 

4.採用予定年月日

平成30年4月1日

5.任期

定めなし
 

6.勤務形態及び給与並びに身分欄

(1) 身 分: 国立研究開発法人職員(常勤職員) ※6ヶ月間は試用期間です。
(2) 給 与: 基本給(経験年数により決定します)、地域手当、通勤手当等センター給与規程に基づき支給
(3) 賞 与: 6月及び12月
(4) 勤務形態: フレックス制、1週38時間45分勤務
(5) 休 日: 土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12/29~1/3)
(6) 休 暇: 年次有給休暇、リフレッシュ休暇、病気休暇、忌引等
(7) 保 険: 共済組合(健康保険、年金)、雇用保険、労災保険加入
(8) 退職手当: 有

7.提出書類

(1) 履歴書(写真添付 様式自由)
(2) 業績目録
原著、総説、著書、その他に分けてまとめ、学会発表は国際学会、国内学会の別、特別講演及びシンポジウム並びに一般報告に分けてまとめる。また、その他には社会活動、教育活動の有無及びその内容も記載する。
(3) 主要論文5編の別刷(コピーでも可)を10部ずつ
(4) 現在行っている研究及び将来の研究に対する抱負(2400字程度A4版にて作成)
(5) 理事長あて推薦状1通


 

8.選考方法

書類選考並びにセミナー及び面接審査
 

9.提出締切日

平成30年2月23日(金) 必着

10.書類送付先

〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所長宛
(封筒に「精神疾患病態研究部長応募書類在中」と朱書きし、簡易書留で郵送のこと)
 

11.問合せ先

国立精神・神経医療研究センター 研究所事務係
TEL 042-346-1943
FAX 042-346-1944
なお、国立精神・神経医療研究センターの概要は本HPを参照下さい。
 

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]

当センター敷地内は禁煙です