TMC事務局
Tel:042-341-2711(大代表)

ホーム教育・研修 > 若手臨床研究グループ

若手臨床研究グループ

若手臨床研究グループとは

 TMCでは、若手医師やコメディカルによる萌芽的な臨床研究を支援し、次世代の臨床研究者を育成することを目的として、若手臨床研究グループ(若手研究者フェローシップ制度)を平成22年度より設置しました。グループ設置を希望する者は、若手臨床研究グループ活動 奨励研究費申請書をTMCに提出する必要があります。そして、TMC若手臨床研究グループ評価委員会における書類審査、運営戦略会議の承認を経たのち、当該年度の若手臨床研究グループが決定されます。
 活動を支える基盤となる「若手臨床研究グループ活動奨励研究費」は、科学性・倫理性から見た研究の意義及び正当性と研究の実施可能性を重視します。そして競争的外部資金を獲得する一歩手前や学位取得を目指すNCNP内若手の提案を評価、萌芽的な臨床研究を支援する研究費です。
 グループ代表者は、若手育成カンファレンス、臨床研究ワークショップ、Meet The Expertなどのセミナー参加に努め、若手育成カンファレンスで成果発表を行います。原則として、研究成果は学術雑誌に論文として発表することを心がけてもらいます。
 TMCによる指導・支援のポリシーは、「自らの臨床疑問に基づいた臨床研究を企画・立案し、それを遂行して結果発信する段階までを研究費内でできることを目標にすることで、次世代の主任研究者育成に貢献する」です。具体的には、以下の2班に分けて指導・支援を行っています。

<具体的な指導・支援体制>

  A班 B班
位置づけ 重点指導 簡易指導
Protocol Meeting(火) 1年に6~7回 1年に3~4回
指導・支援の段階 研究計画から学会・論文発表まで実践的指導 具体的な研究実施に伴う実践的指導
若手育成カンファレンス 原則参加(初年度若手臨床研究グループのみ出欠の確認)
入門講座ワークショップ 原則参加 任意参加
実践講座ワークショップ 原則参加
若手育成カンファレンスでの発表 1年目はレビューや研究計画作成状況など実際の進捗状況の発表が中心。2年目以降に具体的な研究成果を発表。

平成29年度の若手臨床研究グループ

6提案中、6課題を採択

<平成29年度採択課題>

代表者 課題名
2 稲川 拓磨   認知症および軽度認知障害の認知機能に対する経頭蓋直流電気刺激-予備研究
2 板東 杏太   脊髄小脳変性症に対する4週間集中バランストレーニングの短期効果と長期効果の検討
1 川島 義高   心的外傷後ストレス障害に対するRiluzoleの有効性に関するパイロット試験
1 小久保 奈緒美   認知機能評価・トレーニングアプリ“i-CAN”を用いた認知機能トレーニングと日常生活支援がアドヒアランスに及ぼす影響の検討
1 中嶋 愛一郎   認知行動療法によるベンゾジアゼピン系薬剤減量効果に関する調査
1 本橋 裕子   Duchenne型筋ジストロフィー患者の病勢を反映するmicroRNAを用いたバイオマーカーの開発

若手臨床研究グループの成果

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]