TMC事務局
Tel:042-341-2711(大代表)

ホームメンバー一覧 > メンバー 上野 悟

トランスレーショナル・メディカルセンター 臨床研究支援部 科研費研究員

上野 悟
Satoshi UENO, Ph.D.

博士(生物科学)
CDISC Authorized Instructor

プロフィール

 茨城県出身。2002 年3 月埼玉工業大学工学部環境工学科卒業。2004 年3 月筑波大学大学院修士課程バイオシステム研究科バイオシステム専攻修了し、2004年4 月から2006 年3 月までパレクセル・インターナショナル株式会社にてCRAとして従事。
 2006 年4 月から2009 年3 月まで独立行政法人日本学術振興会日本学術振興会特別研究員(DC1)、2010 年3 月筑波大学大学院博士後期課程生命環境科学研究科生命産業科学専攻修了し、博士(生物科学)を取得。2010 年4 月より筑波大学 生命環境科学研究科 博士特別研究員、2010 年7 月より独立行政法人産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門 特別研究員として基礎研究に携わり、2011 年4 月独立行政法人国立がん研究センター東病院 臨床開発センター治験等協力者として医師主導治験に従事。
 2013 年4 月より筑波大学 医学医療系 助教として、大学および大学院の教育、研究に従事するとともに、医師主導臨床研究のクリニカルデータマネジメントを兼務。2016 年よりCDISC Authorized Instructor としてCDISC 公式トレーニングを担当。2017 年9 月より現職。

興味・関心テーマ

 臨床試験、臨床データマネジメント、Risk Based Monitoring、臨床試験の効率化、臨床試験の品質向上、CDISC 標準

Publications

  • Kurobe M, Kojima T, Nishimura K, Kandori S, Kawahara T, Yoshino T,Ueno S, Iizumi Y, Mitsuzuka K, Arai Y, Tsuruta H, Habuchi T, Kobayashi T, Matsui Y, Ogawa O, Sugimoto M, Kakehi Y, Nagumo Y, Tsutsumi M, Oikawa T, Kikuchi K, Nishiyama H. Development of RNA-FISH Assay for Detection of Oncogenic FGFR3-TACC3 Fusion Genes in FFPE Samples. PLoS One. 2016 Dec 8;11(12):e0165109.
  • Mammoto T, Fujie K, Mamizuka N, Taguchi N, Hirano A, Yamazaki M, Ueno S, Ma E, Hashimoto K. Effects of postoperative administration of celecoxib on pain management in patients after total knee arthroplasty: study protocol for an open-label randomized controlled trial. Trials. 2016 Jan 23;17:45.
  • Adomi M, Ueno S*, Gosho M, Wagatsuma Y, OkadaM. Case Report Form (CRF) Design Made Easy: An Evaluation of Clinical Data Acquisition Standards Harmonization (CDASH) in Use. Pharmaceut Reg Affairs 2015, 4:153.
  • Ueno S Minaba M, Nishiuchi Y, Taichi M, Tamada Y, Yamazaki T, Kato Y. Generation of novel cationic antimicrobial peptides from natural nonantimicrobial sequences by acid-amide substitution. Ann Clin Microbiol Antimicrob. 2011 Mar 22;10:11.
  • Ueno S, Kusaka K, Tamada Y, Zhang H, Minaba M, Kato Y. An enhancer peptide for membrane-disrupting antimicrobial peptides. BMC Microbiol. 2010 Feb 15;10:46.
  • Minaba M, Ueno S, Pillai A, Kato Y. Evolution of ASABF (Ascaris suum antibacterial factor)-type antimicrobial peptides in nematodes: putative rearrangement of disulfide bonding patterns. Dev Comp Immunol. 2009 Nov;33(11):1147-50.
  • Ueno S, Kusaka K, Tamada Y, Minaba M, Zhang H, Wang PC, Kato Y. Anionic C-terminal proregion of nematode antimicrobial peptide cecropin P4 precursor inhibits antimicrobial activity of the mature peptide. Biosci Biotechnol Biochem. 2008 Dec;72(12):3281-4.
  • Pillai A, Ueno S, Zhang H, Lee JM, Kato Y. Cecropin P1 and novel nematode cecropins: a bacteria-inducible antimicrobial peptide family in the nematode Ascaris suum. Biochem J. 2005 Aug 15;390(Pt 1):207-14.
  • Pillai A, Ueno S, Zhang H, Kato Y. Induction of ASABF (Ascaris suum antibacterial factor)-type antimicrobial peptides by bacterial injection: novel members of ASABF in the nematode Ascaris suum. Biochem J., Biochem J. 2003 May 1;371(Pt 3):663-8.

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]