TMC事務局
Tel:042-341-2711(大代表)

ホーム広報活動プレスリリース > 2012.4.26 [研究成果]

プレスリリース

2012.4.26 [研究成果]
東日本大震災の救援者の心的外傷後ストレス障害に関する調査:災害後のPTSD予防に向けて

JST 課題達成型基礎研究の一環として、国立病院機構災害医療センター 精神科の松岡 豊 医師(国立精神・神経医療研究センターTMC部長)らは、東日本大震災の被災地に派遣された災害派遣医療チーム隊員のうち、救援活動直後の精神的苦痛が大きかった人と震災1ヵ月後の震災関連のテレビ視聴時間が長かった人では、震災4ヵ月後に心的外傷後ストレス障害(PTSD)症状が強く見られることを明らかにしました。


※研究成果の内容(科学技術振興機構)はこちら

※科学雑誌『PLoS ONE』の該当ページはこちら


Nishi D, Koido Y, Nakaya N, Sone T, Noguchi H, Hamazaki K, Hamazaki T, Matsuoka Y. (2012) Peritraumatic Distress, Watching Television, and Posttraumatic Stress Symptoms among Rescue Workers after the Great East Japan Earthquake. PLoS ONE 7(4): e35248.

[ TOPへ戻る ]