TMC事務局
Tel:042-341-2711(大代表)

ホーム公開セミナーメタ・アナリシス入門講座 > 過去の履歴(平成25年度実績)

メタ・アナリシス入門講座

 EBMという言葉が生まれてから10年以上が経過し、いまや医療現場ではエビデンスに則った診療が求められるのが当たり前になりました。また臨床で使える強いエビデンスのためには、無作為割り付け対照試験を統合したメタ・アナリシスは必須となっており、特にその中でもコクラン共同計画が推進するコクラン・レビューがメタ・アナリシス方法論として世界標準になっています。
国立精神・神経医療研究センターでは、国立成育医療研究センターと協力して、コクラン・レビューの方法論に基づいたメタ・アナリシスの入門講座を企画しました。ソフトウェア(フリーウェア)を利用した実践的講義を通じて、メタ・アナリシスを行うための基本を学んでいただきます。国立精神・神経医療研究センター内で研究者としてメタ・アナリシスを計画している方だけではなく、臨床現場でエビデンスとして利用されるメタ・アナリシスをより深く理解したい方も、歓迎します。どうぞ奮ってご参加ください。

第1回 メタ・アナリシス入門講座 【詳細

日 時:
平成25年12月20日(金)13時~16時
場 所:
私学会館 アルカディア市ヶ谷 [地図・交通案内
対 象:
無作為割り付け対照試験(RCT)のメタ・アナリシスを行って強いエビデンスを創出することを計画されている方、臨床現場でエビデンスとして利用されるメタ・ アナリシスに関心がある方(医師だけでなく、看護師・心理士・作業療法士・保育士など医療に関わっている方ならば参加できます)
内 容:
時間 内容 講師
13:00-13:10 開会のあいさつ・講師紹介 松岡 豊
13:10-13:30 メタ・アナリシス概要 森臨太郎
13:30-14:00 コクランとメタ・アナリシス 大田えりか
14:00-14:30 メタ・アナリシスと系統的レビューに関する最近の話題 渡辺範雄
14:30-14:40 休憩(まだの人はRevManをインストール)  
14:40-15:50 RevManを使ったメタ・アナリシス演習  
15:50-16:00 質疑応答  
16:00- 閉会挨拶・受講証 授与 松岡 豊
講 師:
森 臨太郎  国立成育医療研究センター成育政策科学研究部 部長
大田 えりか 国立成育医療研究センター成育社会医学部 室長
渡辺 範雄  国立精神・神経医療研究センター TMC情報管理・解析部 室長
参加費:
国立精神・神経医療研究センターまたは国立成育医療研究センターの職員は無料。一般参加者は8,000円。
定員:
20名(先着順)
備考:
当日は演習を行うため、各自ノートPCをご持参ください(OSはWindows・Macどちらでも可)。
申込方法:
参加を希望の方は、下記URLにアクセスのうえ、必要事項をご記入ください。
https://ncnp.smktg.jp/public/seminar/view/103
締切:
平成25年11月29日(金)

[ TOPへ戻る ]