認知行動療法センター

cbt_trial_ocd

強迫性障害(OCD)の症状

自分の意志に反して不快な考えやイメージが浮かび、それに伴って生じる苦痛や不安を一時的に和らげるために、手洗いや確認などを何度も繰り返し、日常生活に支障をきたします。この繰り返し生じる考えやイメージは「強迫観念」、繰り返される行動は「強迫行為」と呼ばれています。

 

主な強迫観念:

  • 汚れや菌に関することがとても気になる
  • 大事なものを捨ててしまうのではないかと過度に心配する
  • 自分や他人を傷つけてしまうかもしれないと過度に心配する
  • 手書きの文字が完璧か、話していることに間違いがないか心配する
  

ごあいさつ 医療従事者の皆さまへ CBTをご希望される皆さまへ アクセス リンク English


国立精神・神経医療研究センター国立精神・神経医療研究センター 病院 神経研究所 精神保健研究所

トランスレーショナル・メディカルセンター メディカル・ゲノムセンター 脳病態統合イメージングセンター

ページの先頭へ