認知行動療法センター

medical

慢性痛に対する認知行動療法研修

2022年度

 

慢性痛に対する認知行動療法研修
要項

【研修番号:22-8】
研修レベル:初級★

 

目的:

慢性痛に対する認知行動療法は,世界的にその有効性が認められている行動医学的介入です。本研修では,慢性痛に対する認知行動療法の理論的背景の理解や実践法の習得を目的とします。

慢性痛は心理社会的要因の影響を受けやすく,集学的治療や心理社会的アプローチが有効とされています。その一つである認知行動療法は,多くの研究からその有効性が確認されており,国内外のガイドラインでも実施が推奨されています。

本研修では,慢性痛に対する認知行動療法について,前提となるコミュニケーションスキルについてまず解説し,その後にデモ映像を用いて頻用される各技法や一連の流れを解説していきます。

対象者:

慢性痛診療や認知行動療法を用いた対人援助に携わる方。医師,心理職,看護職,精神保健福祉士等。医療・保健,福祉,産業,教育,司法・矯正の有職者,大学院生,大学生

研修期間:

 2023年2月3日~3月20日 46日間のオンデマンド研修

研修主題:

慢性痛に対する認知行動療法研修

課程内容(合計約5時間30分):

必要なコミュニケーション
頻用する技法(心理教育、リラクセーション,アクティビティペーシング,認知再構成)

講師:

堀越勝  (国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター)
細越寛樹 (関西大学 社会学部)
大江悠樹 (杏林大学 医学部)
高岸百合子(国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター)
平子雪乃 (杏林大学 保健学部)
豊田彩花 (国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター)

※講義の一部を、上記以外の者が担当する場合もございます。

研修会場:

WEB配信を予定

受講料:

11,000円(税込)        

WEB申込受付期間:

2023年1月20日13:00~3月6日15:00

申込方法:

下記リンクよりお申込ください。

         (WEB配信会社にて作成中)

お問合せ:

国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター 研修事務局

〒187-8551 東京都小平市小川東町4-1-1    MAIL:cbtkenshu@ncnp.go.jp

※お問合せの際には、メールの件名に【研修番号】を必ずご記入ください。【研修番号】はHPに掲載しております研修タイトルの横にございます。

研修に関しての注意事項(必ずお読みください):

・受講時の通信にかかる料金は受講者のご負担となります。
・研修動画の写真撮影,録画,録音,送信,複製,改変,転載またはそれに準ずる行為,研修動画を権利者の許諾なく上映することは法律で禁止されています。
・研修動画の視聴URLを他者に漏洩することは固く禁止いたします。
・機器の使用方法,機器トラブル,配信トラブルについての対応はいたしかねますので,ご了承ください。
・受講に当たっては,配信システムへの会員登録と決済手続きが必要になります。
・受講料のお支払いはクレジットカード払いとなります。
・決済完了後にキャンセルされた場合,受講料は返金いたしかねますので,ご了承ください。
・申込受付期間後の申込は受け付けておりませんので,ご了承ください。
・対象となる講義を100%受講すると,修了証が発行されます。

ごあいさつ 医療従事者の皆さまへ CBTをご希望される皆さまへ アクセス リンク English


国立精神・神経医療研究センター国立精神・神経医療研究センター 病院 神経研究所 精神保健研究所

トランスレーショナル・メディカルセンター メディカル・ゲノムセンター 脳病態統合イメージングセンター

ページの先頭へ