認知行動療法センター

news

2021.10.6 認知行動療法センター設立10周年によせてメッセージをいただきました

認知行動療法センター客員研究員 蟹江絢子先生
  10周年おめでとうございます。CBTセンターでは、認知行動療法外来立ち上げや運営、OCD、周産期、PTSD、効率認知行動療法などの研究や研修に取り組みました。研究できるシステム作りやチーム作りをがんばりました。
認知行動療法外来に紹介いただくようにお願いにまわっていたのが、今では人気外来になりました。CBTセンターは海外とのコネクションも強く、様々な認知行動療法を学び実践し普及活動ができる唯一の場所だと感じています。今後の発展をお祈りしています。


慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 田島 美幸先生
  この度、認知行動療法センターが設立10周年を迎えられましたこと、こころよりお祝い申し上げます。
これまでの数々の取り組みや研究に、真摯に取り組まれてこられた貴センターの先生方のご努力に敬意を払うとともに、温かく、優しい支援を人々に提供しうる認知行動療法をより多くの方に届ける発信源として、貴センターが益々ご発展されますように、陰ながらご祈念申し上げております。


精神保健研究所地域・司法精神医療研究部司法精神保健研究室長 菊池安希子先生
  認知行動療法センターの設立10周年、誠におめでとうございます。設立準備委員会の頃から研修やトライアルセラピストとして関わらせていただきました。当初の手探りの時代を経て、地道に臨床研究を積み上げ、初期の頃から多様な研修を通して認知行動療法の普及につとめてこられた活動は素晴らしいものでした。今後も内外の医療機関や教育機関との協働のもと、益々の発展を続けられますよう心よりお祈りいたします。
 

ごあいさつ 医療従事者の皆さまへ CBTをご希望される皆さまへ アクセス リンク English


国立精神・神経医療研究センター国立精神・神経医療研究センター 病院 神経研究所 精神保健研究所

トランスレーショナル・メディカルセンター メディカル・ゲノムセンター 脳病態統合イメージングセンター

ページの先頭へ