認知行動療法センター

research

アンヘドニアに対するポジティブ価システムに焦点を当てた認知行動療法の超高周波音響療法による増強効果(PoCot:ぽこっと)

アンヘドニア症状のある患者様を対象とした、PoCotの臨床試験についてご紹介します。

PTSDに対する認知処理療法

CPTとは、非常に深刻な出来事の後に、こころの傷を受けることによって生じるトラウマの症状、そしてそれに伴って生じてくる抑うつ状態や強い罪悪感

不安とうつへの認知行動療法の統一プロトコル

認知行動療法センターでは、ボストン大学のデイビッド・バーロウ博士が開発した統一プロトコル(Unified Protocol; UP)の臨床研

過敏性腸症候群(IBS)に対する認知行動療法

過敏性腸症候群(IBS)に対する認知行動療法認知行動療法センターでは、Craskeら (2011)によって開発された、過敏性腸症候群に対する

慢性痛に対する認知行動療法

認知行動療法センターでは、慢性痛に対する認知行動療法の臨床試験を目指して研究を進めています。海外では、慢性痛に対して認知行動療法が有効である

児童・青年に対する認知行動療法の統一プロトコル

認知行動療法センターでは、“児童の感情障害に対する統一プロトコル(Unified Protocol for the Treatment of

不安とうつに対する統一プロトコルによる集団認知行動療法

認知行動療法センターでは、統一プロトコル(Unified Protocol; UP)による集団認知行動療法(以下、集団UP)の臨床研究を実施

脳画像研究:認知行動療法の治療反応性を予測する

近年、脳の構造や機能を非侵襲的に検討できる技術(例:核磁気共鳴画像(MRI)、近赤外光脳機能イメージング(NIRS)など)が急速に発展してい

強迫性障害に対する認知行動療法と家族介入プログラム

FERP:  Family based ERP Program強迫性障害に対する認知行動療法と家族介入を併用したプログラムです。

ごあいさつ 医療従事者の皆さまへ CBTをご希望される皆さまへ アクセス リンク English


国立精神・神経医療研究センター国立精神・神経医療研究センター 病院 神経研究所 精神保健研究所

トランスレーショナル・メディカルセンター メディカル・ゲノムセンター 脳病態統合イメージングセンター

ページの先頭へ