認知行動療法センター

research

不安とうつに対する統一プロトコルによる集団認知行動療法

認知行動療法センターでは、統一プロトコル(Unified Protocol; UP)による集団認知行動療法(以下、集団UP)の臨床研究を実施

脳画像研究:認知行動療法の治療反応性を予測する

近年、脳の構造や機能を非侵襲的に検討できる技術(例:核磁気共鳴画像(MRI)、近赤外光脳機能イメージング(NIRS)など)が急速に発展してい

ごあいさつ 医療従事者の皆さまへ CBTをご希望される皆さまへ アクセス リンク English


国立精神・神経医療研究センター国立精神・神経医療研究センター 病院 神経研究所 精神保健研究所

トランスレーショナル・メディカルセンター メディカル・ゲノムセンター 脳病態統合イメージングセンター

ページの先頭へ