認知行動療法センター

staff

  • 臨床技術開発室長
  • 中島 俊
  • 英字氏名: NAKAJIMA, Shun Ph.D
  • 免許・資格・所属学会等:博士(医学)、臨床心理士,公認心理師、認定行動療法士、動機づけ面接トレーナー

勤勉さ、正しく行う、工夫(Atul Gawande,2007)をモットーに、行動医学的観点から精神的なお困りごとを少しでも減らし、その人らしさを取り戻すための臨床研究を行っています。

プロフィール

北海道医療大学卒,東京医科大学大学院修了。北海道メンタルケアセンター臨床心理士,東京医科大学睡眠学寄附講座専任助教、帝京大学文学部心理学科専任講師を経て、現職。

不眠・うつ・不安に対するカウンセリング(認知行動療法)や医療コミュニケーションに関する臨床研究に携わっている。NHK『ガッテン』等にも出演し,睡眠医学に関する研究から得られた知見の啓発にも力を入れている。

興味・関心テーマ

不安・うつ・睡眠を専門とした認知行動療法​、医療者コミュニケーション。

Publications

原著論文

査読付き論文

Nakajima S, Komada Y, Sasai-Sakuma T, Okajima I, Harada Y, Watanabe K, Inoue Y. Higher Sleep reactivity and insomnia mutually aggravate depressive symptoms: a cross-sectional epidemiological study in Japan. Sleep Med. 2017, 33:130-133.

Ito M, Horikoshi M, Kato N, Oe Y, Fujisato H, Nakajima S, Kanie A, Miyamae M, Takebayashi Y, Horita R, Usuki M, Nakagawa A, Ono Y: Transdiagnostic and Transcultural: Pilot Study of Unified Protocol for Depressive and Anxiety Disorders in Japan. Behav Ther 2016, 47:416–430.

Ito M, Bentley KH, Oe Y, Nakajima S, Fujisato H, Kato N, Miyamae M, Kanie A, Horikoshi M, Barlow DH: Assessing Depression Related Severity and Functional Impairment: The Overall Depression Severity and Impairment Scale (ODSIS). PLoS One 2015, 10:e0122969.

Nakajima S, Inoue Y, Sasai T, Okajima I, Komada Y, Nomura T, Takahashi K: Impact of frequency of nightmares comorbid with insomnia on depression in Japanese rural community residents: a cross-sectional study. Sleep Med 2014, 15:371–374.

Nakajima S, Okajima I, Sasai T, Kobayashi M, Furudate N, Drake CL, Roth T, Inoue Y: Validation of the Japanese version of the Ford insomnia response to stress test and the association of sleep reactivity with trait anxiety and insomnia. Sleep Med 2014, 15:196–202.

中島俊, 岡島義, 井上雄一: 労働者における不眠症状と心理的特徴との関連. ストレス科学2 2014, 28:275–284.(年間最優秀論文賞受賞)

加藤典子, 伊藤正哉, 中島俊, 藤里紘子, 大江悠樹, 宮前光宏, 堀田亮, 蟹江絢子, 山口慶子, 中川敦夫, 堀越勝, 大野裕: 不安と打つに対する診断横断的認知行動療法の介入要素:統一プロトコルの介入内容とその理論的背景から 認知療法研究 2015, 8(2), 239-247.

Furudate N, Komada Y, Kobayashi M, Nakajima S, Inoue Y: Daytime dysfunction in children with restless legs syndrome. J Neurol Sci 2014, 336:232–6.

Ito M, Oe Y, Kato N, Nakajima S, Fujisato H, Miyamae M, Kanie A, Horikoshi M, Norman SB: Validity and clinical interpretability of Overall Anxiety Severity And Impairment Scale (OASIS). J Affect Disord 2014, 170C:217–224.

中島俊, 伊藤正哉, 加藤典子, 堀田亮, 藤里紘子, 大江悠樹, 宮前光宏, 蟹江絢子, 中川敦夫, 堀越勝, 大野裕: 不安障害/うつ病性障害に対する新しい認知行動療法の潮流 診断横断的認知行動療法. 精神医学 2013, 55:1145–1154.

Okajima I, Nakajima S, Kobayashi M, Inoue Y: Development and validation of the Japanese version of the Athens Insomnia Scale. Psychiatry Clin Neurosci 2013, 67:420–5.

羽澄恵, 林田健一, 中島俊, 岡島義, 井上雄一: 薬物治療の長期化における不眠症患者の心理プロセス. 臨床心理学 2014, 14:712–723.

西郷達雄, 中島俊, 小川さやか, 田山淳: 東日本大震災における災害医療支援者の外傷後ストレス症状:侵入的想起症状に対するコントロール可能性と外傷後ストレス症状との関連 行動医学研究 2013 , 19(1), 3-10. (内山記念賞[年間最優秀論文]受賞)

Okajima I, Nakamura M, Nishida S, Usui A, Hayashida K-I, Kanno M, Nakajima S, Inoue Y: Cognitive behavioural therapy with behavioural analysis for pharmacological treatment-resistant chronic insomnia. Psychiatry Res 2013, 210:515–21.

Takagaki K, Okajima I, Nakajima S, Ishikawa S, Kunisato Y, Kanai Y, Sakano Y: Preliminary Assessment of the Behavioral Activation Model in Japanese Undergraduate Students, Psychol Rep 2013, 112:47–59.

岡島義, 国里愛彦, 中島俊, 高垣耕企: うつ病に対する行動活性化療法-歴史的展望とメタ分析‐. 心理学評論 2011, 54:473–488.

高垣耕企, 岡島義, 国里愛彦, 中島俊, シールズ久美, 金井嘉宏, 石川信一, 坂野雄二: Cognitive-Behavioral Avoidance Scale (CBAS)日本語版の作成. 精神科診断学 2011, 4:104–113.

国里愛彦, 高垣耕企, 岡島義, 中島俊, 石川信一, 岡本泰昌, 坂野雄二, 山脇成人: 日本語版Environmental Reward Observation Scale(EROS)の作成と信頼性・妥当性の検討. 行動療法研究 2011, 37:21–31.

古川洋和, 山内剛, 中島俊, 増田由依, 金澤潤一郎, 古川華江, 安藤孟梓, 永峯利幸, 吉岡拓哉, 坂野雄二: うつ病患者の服薬アドヒアランスに関する研究の展望 日本心療内科学会誌 2009,13, 175-180.

古川洋和, 松岡紘史, 山内剛, 中島俊, 坂野雄二: 不安感受性とパニック障害,慢性疼痛,物質使用との関連についての研究の現状と課題 精神科治療学 2009, 24, 381-389.

査読なし論文

中島俊: 逆説性不眠症に対する認知行動療法. 睡眠医療 2015, 9:268–272.

田中春仁, 中島俊, 梶田梨加, 斎木孝佳, 野中泉美, 伊藤理沙, 川嶋宏行: 概日リズム障害に対する診断横断的認知行動療法. 睡眠医療 2014, 8:411–417.

中島俊, 井上雄一: 不眠関連尺度. 睡眠医療 2013, 7:391–395.

中島俊, 岡島義, 井上雄一: 不眠症の認知行動療法. 内科 2013, 111:297–300.

原井宏明,岡島美代,中島俊:社会不安障害の薬物療法:臨床試験と一般臨床の違い・認知行動療法との併用  臨床精神薬理  2008, 36: 124-138.

紀要

中島俊, 高橋高人, 岡島義, 金澤潤一郎, 坂野雄二: 自殺企図を示した社交不安の不登校高校生に対する認知行動療法. 北海道医療大学心理科学部心理臨床・発達支援センター研究 2008, 4:35–44.

書籍

中島俊: 動機づけ面接を活かした臨床の現場から 堀越勝(監訳)ほめる技術, こころの科学196号 日本評論社

中島俊: 不眠を査定する患者報告式アウトカム尺度 三島和夫(編)不眠症治療のパラダイムシフト~ライフスタイル改善と効果的な薬物療法~ 医薬ジャーナル社 印刷中

田村典久, 中島俊: 逆説性不眠症患者に新しい行動療法が奏功した例 三島和夫(編)不眠症治療のパラダイムシフト~ライフスタイル改善と効果的な薬物療法~ 医薬ジャーナル社 印刷中

羽澄恵, 中島俊: 睡眠制限法 三島和夫(編)不眠症治療のパラダイムシフト~ライフスタイル改善と効果的な薬物療法~ 医薬ジャーナル社 印刷中

中島俊: 睡眠障害(不眠症)に対する集団認知行動療法 堀越勝・田島美幸(編)集団認知行動療法をはじめる前に‐集団認知行動療法の基本と心得‐ 培風館 印刷中

中島俊(監修) 筋弛緩法で脳の覚醒を鎮める NHKためしてガッテン2014年Vol22春号 主婦と生活社 p57.

中島俊, 岡島義: 不眠症の認知行動療法 井上雄一・岡島義(編)不眠の科学 朝倉書店 pp.86-93, 2012.

岡島義, 中島俊: 2次性不眠症の認知行動療法 井上雄一・岡島義(編)不眠の科学 朝倉書店 pp.94-100, 2012.

中島俊(訳)第2章 Addis, ME, Martell CR(著)大野裕・岡本泰昌(監訳)うつの行動活性化療法研究会(訳)(2012)うつを克服するための行動活性化練習帳―認知行動療法の新しい技法 創元社

中島俊 60ケースから学ぶ認知行動療法 北大路書房 p197-200, 2012.

Martell CR, Addis ME, Jacobson NS(著)熊野宏昭・鈴木伸一(監訳)岡島義・国里愛彦・中島俊・高垣耕企(訳)(2011)うつ病の行動活性化療法:新世代の認知行動療法によるブレイクスルー(4章,8章翻訳担当) 日本評論社

Safren SA, Perlman CA, Sprich S, Otto MW(著)坂野雄二(監訳)金澤潤一郎・岡島義・古川洋和・樋町美華・百々尚美・山内剛・福原祐佳子・中島俊(訳)(2011)大人のADHDの認知行動療法セラピストガイド 日本評論社

Safren SA, Perlman CA, Sprich S, Otto MW(著)坂野雄二(監訳)金澤潤一郎・岡島義・古川洋和・樋町美華・百々尚美・山内剛・福原祐佳子・中島俊(訳)(2011)大人のADHDの認知行動療法本人のためのワークブック

 

ごあいさつ 医療従事者の皆さまへ CBTをご希望される皆さまへ アクセス リンク English


国立精神・神経医療研究センター国立精神・神経医療研究センター 病院 神経研究所 精神保健研究所

トランスレーショナル・メディカルセンター メディカル・ゲノムセンター 脳病態統合イメージングセンター

ページの先頭へ