認知行動療法センター

support

論文・著書 学会発表 社会的活動 その他

(1)原著

1)    Masaya Ito, Mitsuhiro Miyamae, Chika Yokoyama, Yuichi Yamashita, O-amu Ueno, Kazushi Maruo, Asami Komazawa, Madoka Niwa, Manabu Honda, Masaru Horikoshi: Augmentation of Positive Valence System-Focused Cognitive Behavioral Therapy by Inaudible High-Frequency Sounds for Anhedonia: A Trial Protocol for a Pilot Study, JAMA network open, 2(11), e1915819, 2019.

2)    Masaya Ito, Yoshitake Takebayashi, Yuriko Suzuki, Masaru Horikoshi: Posttraumatic stress disorder checklist for DSM-5: Psychometric properties in a Japanese population. Journal of affective disorders, 247, 11-19, 2019.

3)    Kanie A, Kikuchi A, Haga D, Tanaka Y, Ishida A, Yorozuya Y, Matsuda Y, Morimoto T, Fukuoka T, Takazawa S, Hagiya K, Ozawa S, Iwata K, Ikebuchi E, Nemoto T, Roberts DL and Nakagome K (2019) The Feasibility and Efficacy of Social Cognition and Interaction Training for Outpatients With Schizophrenia in Japan: A Multicenter Randomized Clinical Trial. Front. Psychiatry 10:589. doi: 10.3389/fpsyt.2019.00589

4)    Norio Watanabe, Masaru Horikoshi, Issei Shinmei, Yuki Oe, Tomomi Narisawa, Mie Kumachi, Yutaka Matsuoka, Kei Hamazaki, Toshi A.Furukawa: Brief mindfulness-based stress management program for a better mental state in working populations - Happy Nurse Project: A randomized controlled trial. Journal of Affective Disorders, 251, 186-194, https://doi.org/10.1016/j.jad.2019.03.064, 2019.

5)    Narimasa Kumagai, Aran Ajika, Akio Hasegawa, Nao Kawanishi, Masaru Horikoshi, Shinji Shimodara, Kenichi Kurata, Bun Chino, Toshi A.Furukawa: Predicting recurrence of depression using lifelog data: an explanatory feasibility study with a panel VAR approach. BMC Psychiatry, 1-12, https://doi.org/10.1186/s12888-019-2382-2, 2019.

6)    Kei Kobayashi, Takashi Sakamoto, Kazushi Maruo, Issei Shinmei, Yohei Mukai, Yuji Takahashi, Masaru Horikoshi: A Pilot Study on Efficacy and Tolerability of Cognitive Behavioral Therapy (CBT-FD) for Japanese Patients with Focal Dystonia. Neurology and Clinical Neuroscience, https://doi.org/10.1111/ncn3.12344, 2019.

7)    Fuminobu Imai, Kanae Momino, Fujika Katsuki, Masaru Horikoshi, Toshi A Furukawa, Naoto Kondo, Tatsuya Toyama, Takuhiro Yamaguchi, Tatuo Akechi: Smartphone problem-solving therapy to reduce fear of cancer recurrence among breast cancer survivors: an open single-arm pilot study, Japanese journal of clinical oncology, 49(6), 537-544, 2019.

8)    Masaya Ito, Y. Kim: Somatoform disorder and negative emotion: Clinical implication for psychotherapy., Psychiatry and clinical neurosciences, 73(9), 517, https://doi.org/10.1111/pcn.12897, 2019.

9)    Ghesquiere, Angela, Bagaajav, Ariunsanaa, Masaya Ito, Sakaguchi, Yukihiro, Miyashita, Mitsunori: Investigating associations between pain and complicated grief symptoms in bereaved Japanese older adults., Aging & mental health, 1-7, 2019. 

10)    小林(野網)惠・丸尾和司・坂本崇・高橋祐二・堀越勝:本邦における局所性ジストニア患者の性格傾向-発症部位,職業からみた考察-, 臨床神経学, 59(12), 791-798, 2019.

11)    中山千秋・小西聖子:親との死別と悲嘆への適応プロセス−中年期以降における死別の分析から−, 武蔵野大学心理臨床センター紀要, 19, 2019.

12)    大久保智紗・寺島瞳・山田圭介・伊里綾子・藤里紘子・宮前光宏:感情調整が困難な青年に対する「感情予測と問題解決のためのシステムズトレーニング(STEPPS)」短縮版の予備的検討, 臨床心理学, 19(4), 471-476, 2019.

13)    寺島瞳・藤里紘子・大久保智紗・山田圭介・伊里綾子・宮前光宏:境界性パーソナリティ障害に対する感情予測と問題解決のためのシステムズトレーニング(STEPPS), 和洋女子大学紀要, 60, 73-82, 2019.

14)    藤里紘子・山田圭介・大久保智紗・宮前光宏・伊里綾子・寺島瞳:感情調整が困難な学生に対する感情予測と問題解決のためのシステムズトレーニングの実施可能性と有効性, 認知療法研究, 12(1), 46-57, 2019.

15)    田島美幸・石川博康・吉原美沙紀・原 祐子・藤里紘子・岡田佳詠・藤澤大介:【超高齢化社会における認知療法・認知行動療法による寄与の可能性】 認知症の家族介護者のメンタルヘルスと認知療法・認知行動療法, 認知療法研究, 12(1), 31-35, 2019.
 

(2)著書

1)    伊藤正哉・堀越勝(監修):トラウマへの認知処理療法:治療者のための包括手引き, 創元社, 2019.

2)    藤里紘子・加藤典子・伊藤正哉・堀越勝:子どものための感情探偵プログラム:ワークブック(翻訳), 福村出版, 2019.

3)    藤里紘子・加藤典子・伊藤正哉・堀越勝:子どものための感情探偵プログラム:セラピストガイド(翻訳), 福村出版, 2019.

4)    横山知加, 第7章 マインドフルネスと瞑想がもたらすウェルネス 精神医療におけるポジティブ心理学の広がり(分担翻訳), 101-119, 新興医学出版社, 2019.  

(3)総説

1)    堀越勝・功刀浩:脳の病気と治療-ゼロからわかるうつ病, Newton別冊, 126-139, 2019.

2)    堀越勝:認知行動療法における施行と活動の記録, 臨床心理学, 19(6), 687-691, 2019.

3)    堀越勝・横山知加:不安症の認知行動療法, 精神療法, 45(5), 638-645, 2019.

4)    伊藤正哉・森田展彰・大江美佐里:トラウマ臨床の明日 トラウマ臨床の技法 認知処理療法の普及に向けて, こころの科学, 208, 79-83, 2019.

5)    伊藤正哉・片柳章子・宮前光宏・高岸百合子・蟹江絢子・今村扶美・堀越勝:【トラウマ焦点化治療の現状と課題】認知処理療法(CPT) 包括手引きを踏まえて , トラウマティック・ストレス, 17(1), 30-37. 2019.

6)    伊藤正哉・加藤典子・藤里紘子:うつと不安に対する診断横断的な認知行動療法の最前線 (特集 認知行動療法の進歩 : 研究と臨床の最前線), 分子精神医学, 19(1), 23-27, 2019.

7)    大谷佳子・加茂登志子・堀越勝:【座談会】医療機関の“心理学・言葉術”を考える, 月刊/保険診療, 174(8), 15-23, 2019.

8)    堀越勝・山口慶子:ケースフォーミュレーションと精神療法の展開, 精神療法増刊第6号, 129-141, 2019.

9)    蟹江絢子・中嶋愛一郎・伊藤正哉・片柳章子・牧野みゆき・横山知加・久保田智香・小林なほか・堀越勝:周産期領域:公認心理師のための簡易型認知行動療法入門, 精神療法, 45(1), 87-89, 2019

(4)特許・出願

なし

(5)その他

1)    加藤典子・中川敦夫:反芻思考に取り組む : Rumination-Focused CBT (第18回日本認知療法・認知行動療法学会シンポジウム) - (新世代認知行動療法から見える新しい展望 : ベックの認知療法に何を足すか), 認知療法研究, 12(2), 69-71, 2019.

2)    佐々木洋平・加藤典子・中川敦夫:うつ病に対するインターネットや遠隔通信技術を用いた認知行動療法の可能性, 最新精神医学, 24(2), 115-121, 2019.

3)    加藤典子:産業・労働分野での活用 (特集 公認心理師のための簡易型認知行動療法入門) - (各分野での活用), 精神療法, 45(1), 67-71, 2019.

(1)特別講演・シンポジウム

1)   山口慶子:若手の会企画シンポジウム 若手の心理臨床家にとってのワーク・ライフ・エンリッチメント:仕事と私生活のポジティブ・スピルオーバーへ, 日本心理臨床学会第38回大会, 20190607, 神奈川県

2)   田島美幸:健康経営における認知行動モデルに基づく社内教育及び社内相談(座長), 第19回日本認知療法・認知行動療法学会, 20190830, 東京都

3)   田島美幸:認知症の人に合わせた「行動活性化」(座長), 第19回日本認知療法・認知行動療法学会, 20190831, 東京都

4)   加藤典子:デジタル時代の認知行動療法:CBT実施法とスーパービジョン(座長), 第19回日本認知療法・認知行動療法学会, 20190831, 東京都

5)   堀越勝:コミュニケーションの質を高める関わり方, 第19回日本認知療法・認知行動療法学会, 20190831, 東京都

6)   加藤典子:うつ病に対する認知行動療法update (座長), 第19回日本認知療法・認知行動療法学, 20190831, 東京都

7)   加藤典子:インターネット支援型認知行動療法の展開, 第19回日本認知療法・認知行動療法学会, 20190831, 東京都

8)   佐々木洋平:ビデオ会議システムを用いた遠隔認知行動療法の取り組み, ビデオ会議システムを用いた遠隔認知行動療法の取り組み, 20190830, 東京都

9)   小林由季:何を使ってどう教えるか~「こころのスキルアップ教育」学校での工夫~(座長), 第19回日本認知療法・認知行動療法学, 20190831, 東京都

10)   堀越勝:周産期の認知行動療法(座長), 第19回日本認知療法・認知行動療法学, 20190831, 東京都

11)   蟹江絢子:周産期の認知行動療法周産期のメンタルヘルス向上のための情報提供、第19回日本認知療法・認知行動療法学会, 20190831, 東京都

12)   横山知加:周産期のうつ・不安症に対する認知行動療法の取り組み, 第19回日本認知療法・認知行動療法学会, 20190831, 東京都

13)   牧野みゆき:周産期看護に活かす認知行動療法の可能性, 第19回日本認知療法・認知行動療法学会, 20190831, 東京都

14)   伊藤正哉:臨床研究におけるスーパービジョンの方法, 第32回日本健康心理学会, 20190929, 東京都

15)   小林由季:「うつ・不安症状を呈する様々な疾患への対応の実際~双極性障害・強迫性障害・ADHD」, 集団認知行動療法研究会 第10回学術大会, 20191110, 東京都

16)   伊藤正哉:感情障害に対する診断を越えた治療のための統一プロトコル, 集団認知行動療法研究会 第10回学術大会, 20191110, 東京都

(2)国際学会

1)   Ayako Kanie: The Feasibility and Efficacy of Social Cognition and Interaction Training for Outpatients with Schizophrenia in Japan: A Multicentre Randomised Clinical Trial., The 2019 Congress of the Schizophrenia International Research Society, 20190410, Orlando, U.S.A.

2)   Akiko Katayanagi, Kiyoshi Makita, Masaya Ito, Ayako Kanie, Akiko Kikuchi, Masaru Horikoshi: Developing a Japanese Version of Cognitive Processing Therapy for Adolescents and Young Adults with Post-Traumatic Stress Symptoms., The 16th European Society for Traumatic Stress Studies Conference, 20190614-16, Rotterdam, Netherlands.

3)   Kiyoshi Makita, Akiko Katayanagi, Masaya Ito, Ayako Kanie, Akiko Kikuchi, Masaru Horikoshi: Development of cognitive processing therapy programs for caregivers of young people with post-traumatic stress symptoms in a Japanese context., The 16th European Society for Traumatic Stress Studies Conference, 20190614-16, Rotterdam, Netherlands.

4)   Yohei Sasaki: Videoconferencing-delivered cognitive behavioral therapy for patients with major depression disorder: A feasibility study., 9th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies, 20190718-20, Berlin, Germany.

5)   Noriko Kato, Masaya Ito, Atsuo Nakagawa, Ayaka Toyota, Takao Nishimura, Mitsuhiro Miyamae, Yoshitake Takebayashi, Masaru Horikoshi: Feasibility study of unified protocol of transdiagnostic group treatment for emotional disorders among Japanese population with depressive and anxiety disorders., 9th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies, 20190720, Berlin, Germany.

6)   Yuko Shigeeda, Masaya Ito, Masaru Horikoshi: An artificial intelligence-aided approach to train cognitive behavioral therapists in the Unified Protocol for transdiagnostic treatment of emotional disorders in Japan., Asian Congress of Health Psychology (ACHP 2019), 20190920, Kota Kinabalu, Malaysia.

7)   Noriko Kato, Masaya Ito, Hiroko Fujisato. Mitsuhiro Miyamae, Yuko Shigeeda, Masaru Horikoshi: Current status of research on the Unified Protocol for the transdiagnostic treatment of emotional disorders in Japan., Association for Behavioral and Cognitive Therapies 53rd Annual Convention, 20191123, Atlanta, U.S.A.

(3)一般学会

1)   山口慶子・竹林由武・伊藤正哉・堀越勝:不安症に対する曝露療法の研究動向―トピックモデリングによる検討, 第11回日本不安症学会学術大会, 20190301-02, 岐阜県

2)   白川麻子・田島美幸:うつ病休職者を対象とした「休職中に活用できる社会保障制度」に関する情報提供資材の開発, 第16回うつ病学会総会, 20190705-06, 徳島県

3)   堀越勝慢性疼痛に対する心理療法は誰が担当するのが望ましいのか?, 第53回大会日本ペインクリニック学会, 20190720, 熊本県

4)   田島美幸:産業・司法・アセスメント(座長), 第19回日本認知療法・認知行動療法学会, 20190830, 東京都

4)   堀越勝:不安障害・身体疾患(座長), 第19回日本認知療法・認知行動療法学会, 20190831,  東京都

5)   小林由季:学校・児童・教育研修(座長), 第19回日本認知療法・認知行動療法学会, 20190831, 東京都

6)   山本晴美・中島俊・堀越勝認:知行動療法と動機づけ面接の併用に関する系統的レビュー, 第19回日本認知療法・認知行動療法学会, 20190830-31, 東京都

7)   小林由季、蟹江絢子、中川敦夫、竹林由武、新明一星、中山孝子、山口慶子、中山千秋、平林直次、三村將、堀越勝:強迫性障害に対する認知行動療法と家族介入併用プログラムの実施可能性と有効性の検討, 第19回日本認知療法・認知行動療法学会, 20190831, 東京都

8)   佐々木洋平・大江悠樹・石井裕乃・堀越勝:慢性痛に対する短時間認知行動療法の試み:自閉症スペクトラム障害と注意欠陥障害を併存する持続性身体表現性疼痛性障害の1例, 第19回日本認知療法・認知行動療法学会, 20190830-31, 東京都

9)   平子雪乃・八反丸善康・浜口孝幸・大江悠樹・高岸百合子・佐々木洋平・堀越勝:身体科外来における認知行動療法の実施形態に関する検討~マニュアル・ペーストとフォーミュラ・ペーストの比較から~, 第19回日本認知療法・認知行動療法学会、20190830-31, 東京都

10)   片柳章子・牧田潔・伊藤正哉・蟹江絢子・菊池安希子・佐藤珠恵・堀越勝:認知処理療法中に再度性被害に遭ったPTSD患者の事例報告, 第19回日本認知療法・認知行動療法学会, 20190830-31, 東京都

11)   重枝裕子・田島美幸・原祐子:地域包括支援センターでの「認知症の家族介護者を対象とした認知行動療法プログラム」の取り組み, 集団認知行動療法研究会, 20191110, 東京都

12)   牧野みゆき:外傷後不適応的信念尺度の信頼性と妥当性の検討, 第39回日本看護科学学会学術集会, 20191130, 石川県

13)   山本晴美:動機づけ面接(MI)の看護基礎教育への活用:学生の動機を引き出す会話スタイルの提案, 第39回日本看護科学学会学術集会, 20191130, 石川県

14)   中島俊、山本晴美、足達淑子:就学前児童の睡眠の問題にはスクリーンタイムより養育者の関わり方が関連する~就学前児童の睡眠を促す養育者の行動票の作成~, 第26回日本行動医学会学術総会, 20191206-07, 東京都

(4)その他

1)   堀越勝:認知行動療法-心の免疫強化法:①怒りはワル者か!? ②人間関係, (株)小学館集英社プロダクション主催:「小学館神保町アカデミー」, 20190704, 東京都

2)   堀越勝:ワークショップ:不安障害に対する認知行動療法, 第20回日本認知療法・認知行動療法研修会, 20190901, 東京都

3)   宇都宮健輔・加藤典子:ワークショップ:ストレスチェック・1次予防に役立つ簡易型CBT -ストレスへの気づきと対処の秘訣!-, 第20回日本認知療法・認知行動療法研修会, 20190901, 東京都

4)   藤澤大介・田島美幸・石川博康・原祐子・色本凉・田村法子:ワークショップ:認知症家族介護者に対する認知行動療法, 第20回日本認知療法・認知行動療法研修会, 20190901, 東京都

5)   堀越勝:クルズスレジデント講演, 国立精神神経医療研究センター精神第一診療部, 20191118, 東京都

1) 行政等への貢献

1)   2019年度実務向上研修Bコース「ソクラテスの耳~ケアのコミュニケーションスキル研修~」、中央労働災害防止協会, 20190420, 20191116, 東京都

2)   2019年度厚生労働省研修事業 認知行動療法ワークショップ1回目, 20190609, 東京都

3)   総合健康推進財団:疲労回復セミナー「睡眠とメンタルタフネスを整えよう」, 20190610, 東京都

4)   任用研修課程中級管理科第23回研修「認知行動療法」, 法務省矯正研修所, 20190620

5)   2019年度厚生労働省研修事業 認知行動療法ワークショップ2回目, 20190923, 東京都

6)   文京区「認知行動療法から学ぶ、自分らしく生きるヒント」, 20190926, 東京都

7)   2019年度第1回実務向上研修Bコース「ソクラテスの耳~ケアのコミュニケーションスキル研修~」, 中央労働災害防止協会, 20190926, 大阪府

8)   認知行動療法アドバンスセミナー, 静岡市こころの健康センター, 20191031, 静岡県

2) 市民社会への貢献

1)   奈良少年院:自然な睡眠を取り戻そう~睡眠カウンセラーが伝える快眠法~, 20191120, 奈良県

2)   さいたま市辻小学校:学校保健委員会, 20190614, 埼玉県

3)   葛飾区立中青戸小学校:学校訪問睡眠講座「なぜ睡眠が大事なのか・快眠の方法・望ましい睡眠リズム, 20190903, 東京都

3) 専門教育への貢献

1)   認知行動療法をあなたのフィールドで生かす方法, 敦賀市立看護大学, 20190412-13, 福井県

2)   認知行動療法ベーシック研修, 国立精神・神経医療研究センター, 20190418-19, 東京都

3)   ケアする人の対話スキル, 東京大学医学部付属病院, 20190527, 東京都

4)   第28回地域精神保健講座「認知行動療法の実際-感情のみかた」, クボタ心理福祉研究所, 20190628, 東京都

5)   うつ病と不安症に対する診断を越えた認知行動療法:統一プロトコル入門研修, 国立精神・神経医療研究センター, 20190801-02, 東京都

6)   うつ病と不安症に対する診断を越えた認知行動療法:統一プロトコル実践練習研修, 国立精神・神経医療研究センター, 20190815-16, 東京都

7)   エビデンスに基づく医療コミュニケーション研修(動機づけ面接と共有意思決定) , 国立精神・神経医療研究センター, 20190913-14, 東京都

8)   複雑性悲嘆の認知行動療法研修, 国立精神・神経医療研究センター, 20191003-04, 東京都

9)   強迫症の認知行動療法研修, 国立精神・神経医療研究センター, 20191019, 東京都

10)   児童・青年の感情障害に対する認知行動療法の統一プロトコル, 国立精神・神経医療研究センター, 20191026-27, 東京都

11)   看護部コミュニケーションセミナー、国立精神・神経医療研究センター病院看護部, 20191107, 東京都

12)   疼痛の認知行動療法研修, 国立精神・神経医療研究センター, 20191109, 東京都

13)   CBTのための症状評価研修, 国立精神・神経医療研究センター, 20191115, 東京都

14)   不眠と概日リズム睡眠-覚醒障害に対する診断横断的認知行動療法, 国立精神・神経医療研究センター, 20191122-23, 東京都

15)   過敏性腸症候群(IBS)に対する認知行動療法研修, 国立精神・神経医療研究センター, 20191130, 東京都

16)   トラウマへの認知処理療法研修, 国立精神・神経医療研究センター, 20191205-06, 東京都

(1)     取材
堀越勝:『精神科領域におけるデジタル治療機器・アプリ評価』に関する取材, デジタルセラピューティクスの受容性探索&ポジショニング予測, (株)富士経済, 20191128

(2)     その他
堀越勝・中島俊:朝日新聞朝刊およびデジタル版掲載/患者を生きる, 20191021-25
 

●当認知行動療法センターのセンター長堀越勝、ならびに室長中島俊の記事が朝日新聞に掲載されました。

https://www.asahi.com/articles/DA3S14224904.html
https://www.asahi.com/articles/DA3S14226691.html
https://www.asahi.com/articles/DA3S14228195.html
https://www.asahi.com/articles/DA3S14229214.html
https://www.asahi.com/articles/DA3S14230747.html
 

●当認知行動療法センターのセンター長堀越勝に関する記事が朝日新聞[apital]に掲載されました。

http://www.asahi.com/apital/special/ikiru/

 

●当認知行動療法センターの伊藤室長の論文が、インターネット「幻冬舎 GLOD ONLINE」に紹介されました。

https://gentosha-go.com/articles/-/23547

ごあいさつ 医療従事者の皆さまへ CBTをご希望される皆さまへ アクセス リンク English


国立精神・神経医療研究センター国立精神・神経医療研究センター 病院 神経研究所 精神保健研究所

トランスレーショナル・メディカルセンター メディカル・ゲノムセンター 脳病態統合イメージングセンター

ページの先頭へ