ホーム専門疾病センター > 多発性硬化症センター

多発性硬化症センター(Multiple Sclerosis Center)

ご挨拶

 多発性硬化症(MS)は厚生労働省の指定する特定疾患で、日本国内の患者数は1万3000人と推定されています。MSは代表的な神経難病ですが、この10年間の研究の進歩は著しく、治療法も格段に進歩しています。

 NCNPでは、最先端の治療技術や患者個々の特性を考慮した医療を確立し広く普及させるために、多発性硬化症センター(MSセンター)を開設することになりました。

 MSセンターでは、神経内科、精神科、放射線科、内科、小児科の医師と、免疫学や神経科学の研究者が連携して、現時点で最新・最善の医療を提供できるように努めるとともに、画期的な治療法や診断技術を開発するために研究を進めます。 NCNPはMSの研究や臨床で日本を代表する人材をこれまでにも多数育成していますが、さらに力を入れていきたいと考えています。

 センターの機能は、これから徐々に充実させていきたいと考えますが、当面は、MSに関連する様々な問題で悩む患者さんの診療、ご家族に対する援 助、若手医師や研究者の育成、新薬開発の促進などで日本の中核として機能していきたいと考えています。皆様のご理解とご協力をお願い致します。

 NCNPのMS治療の特色ですが、インターフェロンβ療法はもとより、患者様の生活の質を上げる、外来通院ステロイドパルス療法、免疫吸着療 法、精神症状や痛み・しびれなどの治療などに実績があります。また新薬の臨床治験にも積極的に取り組み、MSと近い関係にある視神経脊髄炎(NMO)や慢 性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)の診療にも力を入れています。

 受診を希望される方は、こちら

平成22年4月1日

神経研究所免疫研究部 部長
MSセンター長 山村 隆

[ ▲ページの先頭へ ]

第22回多発性硬化症カンファレンスのご案内

<日時>平成30年7月27日 (金) 午後6時30分〜午後8時00分
<場所>国立精神・神経医療研究センター神経研究所3号館セミナールーム


このたび第22回多発性硬化症カンファレンスを開催することになりました。今回は、順天堂医院脳神経内科から横山和正先生をお迎えし、「Cure to Care NCNPからはじまったMS研究と診療」と題する特別講演を中心に、進行型MSに対する免疫治療に関する研究報告や希少なCLIPPERSの症例提示など、多彩な内容のプログラムとなっています。神経免疫疾患の臨床や研究に興味をもつ医師・研究者の皆さまの多数のご参集をお待ちしております。

[ ▲ページの先頭へ ]

患者の皆さまへ

多発性硬化症センターでの診療をご希望の方へ

 当院での 診療を希望される方は、外来予約センター(電話042-346-2190)を通して予約をお取り下さい。医師、患者団体などからの紹介を受けて受診をされることが望ましいですが、まだ専門医にかかったことのない方や、特殊な事情がある方については、紹介状がなくても診察予約をお取りしています。
※電話のかけ間違いにはご注意ください。

備考

  • 1)MSあるいは視神経脊髄炎(NMO)の診断を受けられた患者の方は、MSセンター所属医師への診察を希望する旨をお伝えください。
  • 2)診療体制には変更が加えられることがあります。
  • 3)MSセンター外来初診の診察時間は30分ですので、遠方から一度だけお越しになる患者さんについては、診察時間が不足する嫌いがあります。質問されることの多い患者様には、1時間以上の診察時間が約束されているセカンドオピニオン外来を活用していただければ幸いです。セカンドオピニオン外来は通常の診察枠とは異なる診察日、時間帯に設定されています。
  • 4)事情により患者様ご本人が来院できない場合には、代理の方に来院していただき、セカンドオピニオン外来を利用していただくことになります。
  • 5)MSセンターでは臨床と研究を並行して進めていますので、研究のために血液の提供などをお願いすることがあります。
  • 6)MSセンターでは小児神経科と連携し、診療を行っております。下記の新患外来枠をご利用ください。

MSセンター専門医診療体制

(新患外来)

月曜
14:30 - 15:00 佐藤
火曜
13:00 - 14:00山村
木曜
11:00 - 11:30荒木
15:00 - 15:30林・岡本
11:30 - 12:00齋藤(小児神経科)
金曜
13:00 - 13:30山村

[ ▲ページの先頭へ ]

医師・医療関係の方へ

研究員・研究生募集

 免疫研究部では、「免疫性神経疾患の診断に有用なバイオマーカーの探索と新規治療法の開発」をテーマに、患者様から頂いたヒト末梢血および髄液検体を用いた臨床研究を行っています。当施設は8~12カラーフローサイトメトリーアナライザー&セルソーターを保有しており、国内有数のハイスループットの細胞解析能力を有しております。ヒト検体を用いたトランスレーショナルリサーチ技術の習得や学位取得、海外留学を目指す医師の方は、是非一度お問い合わせ下さい。

[ お問い合わせはこちら ]

[ ▲ページの先頭へ ]

活動状況

業績

 神経研究所免疫研究部の荒浪利昌室長、山村隆部長らは、病院および多発性硬化症センターなどと共同で、多発性硬化症の類縁疾患である視神経脊髄炎(NMO)において、神経を障害する抗体の産生機序を解析し、インターロイキン6(IL-6)が重要な治療標的となることを明らかにしました。論文は米国科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載されました。

NCNP 多発性硬化症カンファレンス(過去分)


[ ▲ページの先頭へ ]

患者教室・講演会・個別相談会(過去分)


[ ▲ページの先頭へ ]

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]