学習障害

学習障害

  1. TOP
  2. 患者の皆様へ
  3. 学習障害

学習障害とは

学習障害とは、知的な遅れや視聴覚の障害がなく、教育環境も整っておりまた本人の努力にも問題がないにもかかわらず、「読み書き」や「計算」など特定の領域で学習の遅れがみられる状態を指します。また、文部科学省の定義では、「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算する」「推論する」のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態とされています。
学習障害のうち、最も知られており、研究が進んでいるのが「特異的読字障害」です。文字の読みの障害があると結果的に書字の障害も呈するため、読字障害イコール読み書き障害と表現されるため「発達性読み書き障害」とも称されます。読み書き障害の背景には、表記された文字を対応する音に置き換えることができないといった音韻化の障害があります。そのため、正確あるいは流暢な単語認識が困難である、文字記号の音声化が稚拙になるといった特徴がみられます。

学習障害の症状

特に「読み書き障害」では、就学以前に気づかれることはまれであり、就学後に両親や担任が読み困難に気がつく場合がほとんどです。また、小学校3年生以降に漢字の習得困難をきっかけとして見つかることも多いです。
知的能力が平均的であるのにもかかわらず、以下の症状が読み、書きにそれぞれ7個以上見られる場合は「読み書き障害」の可能性があります。

読み

  • 字を読むのを嫌がる
  • 長い文章を読むと疲れる
  • 文章の音読に時間がかかる
  • 早く読めるが理解していない
  • 逐次読みをする
  • 単語または文節を途中で区切ってしまうことが多い
  • 文章を正確に読めない
  • 指で押さえながら読むと、少し読みやすくなる
  • 見慣れた漢字は読めても、抽象的な単語の漢字を読めない
  • 促音、撥音、拗音などの特殊音節の誤りが多い
  • 「は」を「わ」と読めずに「は」と読む
  • 形態的に似ているかな文字の誤りが多い
  • 読みかたが複数ある漢字を誤りやすい
  • 意味的な錯読がある
  • 形態的に類似した漢字の読み誤りが多い

書き

  • 字を書くことを嫌がる
  • 文章を書くことを嫌がる
  • 字を書くのに時間がかかる
  • 早くかけるが雑である
  • 書き準をよく間違える、書き順を気にしない
  • 漢字を使いたがらず、仮名を書くことが多い
  • 句読点を書かない
  • マス目や行に納められない
  • 筆圧が強すぎる(弱すぎる)
  • 促音、撥音、拗音などの特殊音節の誤りが多い
  • 「わ」と「は」、「お」と「を」のように耳で聞くと同じ音の表記に誤りが多い
  • 形態的に似ているかな文字の誤りが多い
  • 画数の漢字の誤りが多い
  • 意味的な錯書がある
  • 形態的に類似した漢字の書き誤りが多い

参考:「特異的発達障害 診断・治療のための実践ガイドライン」 診断と治療社 2010年

学習障害の診断

学習障害がはっきりするのは、学校に上がってからのことがほとんどです。文章を読んだり、文字を書いたりすることを学習していく際に、どのような困難が生じたかを詳しく調べていきます。また、認知機能の水準や書字、読字、視覚認知の検査も行い、診断を行います。

学習障害への対応

学習障害と診断された場合、学業不振だけではなく、学習以外の意欲の減退や心身症、不登校など学校生活における様々な問題に発展することがあるため、学校では学習指導上の配慮を行い、適切な指導法を行なっていただくように依頼します。また、両親を含めた周囲の理解も重要になります。

NCNP病院の診療科・専門疾病センター