ホームレジデント・臨床研修 > 小児神経科コース

小児神経科コース

プログラムの目的と特徴

 小児科医が小児神経専門医を目指すためのプログラムである。当科では初期臨床研修(総合研修ローテーション)修了後すぐには受け入れない。本コースをとるためには、小児科専門医受験資格取得のための後期臨床研修、すなわち一般小児科(新生児科を含む)研修を最低3年間行っていることを条件とする。従って最短でも卒後6年目以降の研修となる。本プログラムは原則3年コースであるが、2年コースで受入れる場合もある。毎年4月1日開始とする。
 多くの患者診療を行うことによって、小児神経科医としてのオールラウンドな診療技術の向上と多くの最新知識を含めた必要な知識や技能を得ることを最大の目的とする。診療に当たって対象疾患は決して小児神経科疾患だけに限らず、全人的に患者の健康上の問題を把握しケアする力を身につけることを目指す。
 当科では知的障害や身体障害をもつ患者が多い。全ての患者・家族の人格と人権を尊重し常に真摯な態度で接し、医療技術だけでなく心理的援助も行うことができる医師を養成する。
 他科の医師や病院内職員とも良好な人間関係を築くことが大切である。
 自己の意見を適切に発表でき、後進医師の指導もできるようにする。
 ここで得た技術や知識を最大限に発揮することにより、将来の小児神経のリーダーとして、そして地域の核となるような人間味あふれる小児神経科医を育成する。

研修内容と到達目標

必須項目

  1. A:診療
    1. (1)最初の2年間は小児神経科専属レジデントして小児神経疾患・筋疾患病棟と重症心身障害病棟に配属され、入院患者の担当医となって責任を持って診療に当たる。入院計画の立案から、診療録の作成・記載、検査治療の実施、そして退院抄録の作成などを遅滞なく行うことが求められる。希望に応じて他科の短期研修が入ることもある。
    2. (2)3年目は選択制とし、基礎系選択(神経研究所、精神保健研究所など)なら3~4か月間、臨床系選択(脳神経内科、精神科、脳神経外科、リハビリテーション科、放射線科、臨床検査科(神経病理学、電気生理学)など)なら半年間を限度として選択できる。残りの期間は小児神経科チーフレジデントとして自身の研修に加えて後進の指導も行う。
    3. (3)小児神経科外来では、レジデントは外来当番制をとり新患患者の予診とりや救急患者などの診療・処置などを行う。入院時に受け持った患者の主治医として外来フォローを行う場合がある。研修期間中に1ヶ月間は外来専属として外来診療を学ぶ。
    4. (4)小児神経科当直を行い、入院患者への対応や当科通院患者の救急処置を行う。

  2. B:検査 および 診療
    1. (1)毎週の回診に参加し、神経学的診察法を学ぶ。
    2. (2)多くの放射線画像を読み、画像診断技術の基礎的知識から最新知識まで身につけ、画像読影力をつける。必要に応じて放射線科専門医などと討議を行い、その結果を画像カファレンスや新患カンファレンスなどで提示する。
    3. (3)電気生理学的検査(脳波、脳誘発電位、筋電図など)を実際に行い、多数の結果を判読することによって、これらの検査に習熟し基礎的手技から所見の解釈まで学習する。
    4. (4)筋生検を実際に行い、検体採取から検体処理、そして結果の読み方まで総合的に学習する。そして神経・筋疾患患者の包括的医療にも習熟する。
    5. (5)てんかん精査に関する一連の検査を実際に行い、検査及び結果評価に習熟する。脳神経外科医を含めた指導の下で、てんかん外科の術前評価と術後管理にも習熟する。
    6. (6)多くの遺伝性神経疾患について、臨床症状や経過から鑑別診断を行い、確定診断法および治療法まで学ぶ。遺伝学的検査の依頼の方法やタイミングを学ぶ。
  3. C:学習
    1. (1)症例カンファレンスを担当し、特定の疾患についてじっくりと深く勉強し、プレゼンテーションの資料作りから発表の仕方まで、繰り返し学習する。
    2. (2)病院内外の研究会・学会に参加し、症例報告や研究報告を行う。当初は指導を受けながら行い、最終的には一人で準備から発表までできるように訓練する。
    3. (3)必要に応じて多数の英語論文等を熟読し、英語論文が日常的に読解できるようにする。
    4. (4)Subspecialty勉強会に参加し、小児神経学に関する幅広い専門知識を身につける。
    5. (5)近隣の自治体で行われる乳幼児健診に参加し、発達スクリーニングを行う。
    6. (6)近隣の特別支援学校の修学旅行に付き添い、学校における障害児の生活に触れる。

努力項目

  1. (1)自分が学会等で発表した症例報告や研究報告は、できるだけ論文の形で残すようにする。ただし、論文発表の権利は原則レジデント退職後1年間までとする。
  2. (2)院外の重症心身障害児施設などの当直等を行うことにより、施設の業務を知る。
  3. (3)学会やセミナーなどに出席し、知識を増やし、人の繋がりも増やす。
  4. (4)指導医より、研究テーマが与えられたときは必ずやり遂げるよう努力する。

週間スケジュール

 毎朝8時より勉強会。8時45分より9時:朝のミーティング

指導医リスト

氏名 役職 経歴
佐々木 征行 小児神経診療部長 新潟大医 昭和58年卒
小児科学会専門医、小児神経専門医
小児神経学会理事、重症心身障害学会理事
東北大学客員教授
身体障害者福祉法指定医
中川 栄二 特命副院長
外来部長
てんかんセンター長
筑波大医 平成元年卒
小児科学会専門医、小児神経専門医
てんかん学会専門医・指導医、臨床遺伝専門医
小児精神神経学会認定医、こどもの心相談医
臨床薬理学会指導医、小児神経学会理事
てんかん学会理事、重症心身障害学会評議員
ADHD学会理事、身体障害者福祉法指定医
小牧 宏文 TMC(トランスレーショナル・メディカルセンター)センター長
筋疾患センター長
熊本大医 平成2年卒
小児科学会専門医、小児神経専門医
臨床遺伝専門医、臨床薬理学会指導医
小児神経学会評議員、身体障害者福祉法指定医
齋藤 貴志 小児神経科医長 筑波大医 平成11年卒
小児科学会専門医、小児神経専門医
てんかん学会専門医、小児神経学会評議員
身体障害者福祉法指定医
石山 昭彦 小児神経科医長 富山医科薬科大医 平成12年卒
小児科学会専門医、小児神経専門医
てんかん学会専門医、臨床遺伝専門医
身体障害者福祉法指定医
本橋 裕子 小児神経科医師 横浜市大医 平成12年卒
小児科学会専門医、小児神経専門医
てんかん学会専門医、身体障害者福祉法指定医
竹下 絵里 小児神経科医師 獨協医大 平成15年卒
小児科学会専門医、小児神経専門医
臨床遺伝専門医/指導医
身体障害者福祉法指定医

併任  後藤雄一MGC(メディカル・ゲノムセンター)センター長
    稲垣真澄精神保健研究所部長、加賀佳美医師
非常勤 埜中征哉名誉院長、須貝研司医師、福水道郎医師

学会研修施設

小児神経学会研修施設、てんかん学会研修施設、臨床遺伝専門医研修施設、臨床神経生理学会認定施設

医療従事者の方へ

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]