ホームレジデント・臨床研修 > 認知行動療法研修・実践コース

認知行動療法研修・実践コース

プログラムの目的と特徴

 本コースの特徴と目的は、認知行動療法に関する質の高いスキルを身につけ真に認知行動療法を臨床実践できる医師を育てることである。さらに、希望者には認知行動療法に関する研究の機会を提供し、本領域における研究能力を習得することを目的とする。精神科医師歴3年以上の者を対象とする。

研修内容と到達目標

 研修期間中には、臨床心理室所属の医師として、個人及び集団認知行動療法に関わり、スーパーヴィジョンを受けながら実際の症例を通して認知行動療法を習得する。精神科外来及び入院診療に従事するとともに、精神科リエゾン(脳神経内科領域の患者の精神的ケア)、復職支援(リワークデイケア)における認知行動療法を実施する。診療業務を通して、精神保健指定医資格取得のためのケースを経験することができる。

 本コースの到達目標は、個人10例以上、集団20例以上の症例経験を積み、幅広い疾患に対して認知行動療法の治療計画を作成し実践できる能力を身につけることである。なお、本コースの研修期間は、2年を原則として1年の延長が可能である。本コースでは、厚生労働省 認知行動療法研修事業「うつ病の認知療法・認知行動療法ワークショップ」に参加し、当研修事業で実施する個別スーパーヴィジョン、認知行動療法センター及び臨床心理室が主催する認知行動療法研修に参加することができる。また、研修期間中に大学院に進学し学位取得を目指すことも可能である。

週間スケジュール

<例>

スタッフミーティング スタッフミーティング スタッフミーティング 外勤日 スタッフミーティング
午前 再診
(認知行動療法)
病棟業務
初診グループ療法
(スーパーヴィジョンあり)
病棟業務
初診
(認知行動療法)
(精神科リエゾン)
病棟業務
スーパーヴィジョン
9:30~CBTセンター
強迫性障害
10:30~CBTセンター
不安障害
11:30~CBTセンター
PTSD
ランチョンミーティング
(スーパーヴィジョン)
ランチョンミーティング
(モジュールカンファレンス)
ランチョンミーティング
(スーパーヴィジョン)
午後 再診
(認知行動療法)
(主にうつ病)
ケース検討会
グループ療法
(発達障害)
(主に不安障害)
再診
(認知行動療法)
(研究助手)
病棟業務
再診
(認知行動療法)
(主に強迫性障害)
病棟業務

指導医リスト

氏名 役職 経歴
平林 直次 精神リハビリテーション部 部長 東京医科大医 昭和61年卒、医学博士
日本総合病院精神医学会・専門医、指導医
厚生労働省認知行動療法研修事業スーパーバイザー
岡崎 光俊 特命副院長 東京医科歯科大医 平成5年卒、医学博士
日本てんかん学会評議員・専門医
日本臨床神経生理学会評議員・脳波専門医
中込 和幸 精神保健研究所 所長 東京大医 昭和59年卒、医学博士
日本臨床精神神経薬理学会専門医、指導医
堀越 勝 認知行動療法センター センター長 米国バイオラ大学大学院 平成7年卒
厚生労働省認知行動療法研修事業スーパーバイザー
今村 扶美 精神リハビリテーション部 臨床心理室長 慶應義塾大 平成11年卒
東京都立大学大学院 平成13年修了
臨床心理士
坂田 増弘 精神リハビリテーション部 医長 東京大医 平成5年卒
精神保健指定医、日本精神神経学会専門医
蟹江 絢子 認知行動療法センター 医師 筑波大学医 平成21年卒、医学博士
精神保健指定医、日本精神神経学会専門医、
日本総合病院精神医学会専門医
厚生労働省認知行動療法研修事業スーパーバイザー

[ TOPへ戻る ]