TOPセミナー脳病態統合イメージングセンター第6回シンポジウム

国立精神・神経医療研究センター
脳病態統合イメージングセンター
第6回シンポジウム

シンポジウム内容

 国立精神・神経医療研究センターでは、精神疾患・神経疾患・発達障害・筋疾患を統合的に診療することが可能な医療研究施設である特徴を生かし、これらの病因解明及び診断治療法の開発に要する高度画像診断や非侵襲脳機能計測に携わる人材と最先端の医療・研究用施設を集約し、統合的イメージングを用いた臨床研究を推進するための中核施設として平成23年より脳病態統合イメージングセンター(Integrative Brain Imaging Center;略称 IBIC)が設立されています。
 平成29年度の終わりに、以下の日程でIBICの第6回シンポジウムが開催されました。一般演題の研究発表の後、教育講演としてIBIC臨床脳画像研究部・臨床脳画像診断研究室の沖田恭治室長による「物質依存症者を対象としたPET研究」、特別講演として北海道大学大学院・放射線医学分野の工藤與亮診療教授による「O-17 MRIによる脳血流・水動態解析」の講演が行われ、活発な討論が行われました。

日  時:
平成 30年 3月 30日(金)13時 00分~17時 30分
場  所:
国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター
教育研修棟 ユニバーサルホール
〒187-8551 小平市小川東町4-1-1
事前登録:
不要
参 加 費:
無料

プログラム

Ⅰ.開会の挨拶 13:00~13:10                        司会 山之内 芳雄

理事長 水澤 英洋

Ⅱ.研究発表  13:10~14:22 (口演8分、質疑4分)

座長 : IBIC 臨床脳画像研究部 部長 髙野 晴成

「自閉スペクトラム症児の聴覚誘発定常ガンマ律動に関する検討(続報)」
IBIC 先進脳画像研究部/精神保健研究所児童・思春期精神保健研究部 高橋 秀俊

「鏡像運動を呈するパーキンソン症候群患者の脳機能評価」
IBIC 先進脳画像研究部 若杉 憲考

「説得による社会規範の変容の神経基盤:fMRI研究」
神経研究所疾病研究第三部 蓬田 幸人

「脊髄小脳変性疾患者におけるプリズム運動学習の成績と脳萎縮部位との関係について」
病院身体リハビリテーション部/IBIC先進脳画像研究部 板東 杏太

「パーキンソン病に関連した安静時機能結合MRIでの脳イメージング指標の検討」
IBIC 先進脳画像研究部 東口 大樹

「音楽家局所性ジストニアに関連した安静時機能結合MRIの検討」
千葉大学フロンティア医工学センター/IBIC 先進脳画像研究部 北 佳保里

― 休憩 ―  (14:22~14:30)

Ⅲ.研究発表  14:30~15:54 (口演8分、質疑4分)

座長 : IBIC 先進脳画像研究部 室長 加藤 孝一

「健常人におけるドーパミントランスポーター密度の性差加齢変化:voxel baseでの検討」
IBIC 臨床脳画像研究部 高野 晴成

「加齢に伴う構造ネットワークの変化に関する研究」
IBIC 臨床脳画像研究部 齊藤 友美

「アルツハイマー病におけるT1強調画像を用いた個人脳の構造ネットワーク解析」
IBIC 松田 博史

「気分障害の安静時機能的MRIによる判別解析」
IBIC 先進脳画像研究部 高村 恒人

「Japan unified protocol clinical trial for depressive and anxiety disorders: Neuroimaging study as ancillary study」
神経研究所疾病研究第七部/認知行動療法センター 宮前 光宏

「Pattern separation related hippocampal activity in mood disorders:an fMRI study」
病院第一精神診療部 藤井 猛

「統合失調症における内発的動機づけの神経基盤」
病院第二精神診療部 竹田 和良

― 休憩 ―  (15:54~16:05)

Ⅳ.教育講演 16:05~16:30

座長 : IBIC 臨床脳画像研究部 部長 高野 晴成

「物質依存症者を対象としたPET研究」
IBIC 臨床脳画像研究部 臨床脳画像診断研究室室長 沖田 恭治

Ⅴ.特別講演 16:30~17:25

座長 : IBIC 先進脳画像研究部 部長 花川 隆

「O-17 MRIによる脳血流・水動態解析」
北海道大学大学院 医学研究科 医学専攻病態情報学講座 放射線医学分野
診療教授 工藤 與亮

Ⅵ.閉会の挨拶 17:25~17:30

センター長 松田 博史