ホームNCNPバイオバンク利用の方法

1. 利用形態

共同研究もしくは分譲の2つの利用形態があります。

利用形態 データ・知財・著者 利用可能な情報 費用負担
分      譲 利用者 制限あり 実費
共同研究 NCNPと共有 画像等も可能 減額可
利用形態
分   譲 共同研究
データ・知財・著者
利用者 NCNPと共有
利用可能な情報
制限あり 画像等も可能
費用負担
実費 減額可

例えば企業等の研究者で知財等を重視される場合、あるいは、比較的小数例で検討したい場合等は分譲を選択できます(アカデミアの研究者でも選択可能です)。その後、研究の状況に応じて(例えば拡大したい、詳細な付随情報を利用したい等)、共同研究に転換することもできます。

2. 利用の流れ

NCNPバイオバンク利用の流れ

3. 必要な手続き

申請者の所属 研究の種類 倫理申請※1 利活用審査 契約審査
通常
(NCNP外)
国内で実施 自施設の倫理委員会 NCNP利活用
推進委員会
NCNP受託共同
研究委員会※2
海外で実施 各国のルールに従う
NCNP 他施設主導 主導施設の倫理委員会
NCNP主導 NCNP倫理委員会 不要
申請者の所属
通常
(NCNP外)
研究の種類
国内で実施 海外で実施
倫理申請※1
自施設の倫理委員会 各国のルールに従う
利活用審査
NCNP利活用
推進委員会
契約審査
NCNP受託共同
研究委員会※2
申請者の所属
NCNP
研究の種類
他施設主導 NCNP主導
倫理申請※1
主導施設の倫理委員会 NCNP倫理委員会
利活用審査
NCNP利活用
推進委員会
契約審査
NCNP受託共同
研究委員会※2
不要

4. 費用負担

負担額は試料・
情報によって異なりますので、
バイオバンク研究窓口に
お問合せください。

NCNPバイオバンク研究窓口
TEL:042-346-3520
(月~金 9:00~17:00) mailadress