ホームNCNPバイオバンク利用の方法

利用の方法

1. 利用形態

共同研究もしくは分譲の2つの利用形態があります。


利用形態 データ・知財・著者 利用可能な情報 費用負担
分  譲 利用者 制限あり 実費
共同研究 NCNPと共有 画像等も可能 減額可

例えば企業等の研究者で知財等を重視される場合、あるいは、比較的小数例で検討したい場合等は分譲を選択できます(アカデミアの研究者でも選択可能です)。その後、研究の状況に応じて(例えば拡大したい、詳細な付随情報を利用したい等)、共同研究に転換することもできます。



2. 利用の流れ

NCNPバイオバンクご利用の流れ


3. 必要な手続き

申請者の所属 研究の種類 倫理申請*1 利活用審査 契約審査
通常
(NCNP外)
国内で実施 自施設の倫理委員会 NCNP利活用推進委員会 NCNP受託共同研究委員会*2
海外で実施 各国のルールに従う
NCNP 他施設主導 主導施設の倫理委員会
NCNP主導 NCNP倫理委員会 不要

*1. NCNPの倫理委員会での審査を受けていない研究については、利活用審査の後、倫理的内容についてNCNP倫理審査委員会の迅速審査を受けます。
*2. 契約上のリスクが小さいプロジェクト(科研費で行う研究、分譲など)では成果有体物委員会による迅速審査が行われる場合があります。

申請書等につきましては、こちらよりダウンロードして下さい。



4. 費用負担

バイオバンク事業にあたっては、専属スタッフ、フリーザー・遠心機などの設備、データベースシステムなどに多額の経費が必要です。一部は運営費交付金で充当しているものの、大半はNCNPの研究者が実施している AMEDや企業等の期限付き共同研究費によって維持されており、近年、予算の確保に悩まされている状況です。
そこで、バンク事業の安定的運用のため、アカデミア・企業を問わず、可能な限り負担をお願いしております。 
ご負担いただく費用は最低限の直接経費であり、常勤職員の費用や高額な建物・システムなどの設備の費用は含みません。
共同研究の場合は、負担能力・公益性・科学的見地・バンク側のメリット(知財・データ等の権利)などにより減額する場合があります。
アカデミア等で経費負担困難であるものの、科学的・教育的意義が大きい研究の場合、まずは無償で比較的小数例を用いて解析し、結果が有望な場合に共同研究費の申請を行っていただくという方法もあります。



負担額は試料・情報によって異なりますので、バイオバンク研究窓口(biobank@ncnp.go.jp)にお問合せください。



5. 条件検討用試料の迅速提供

本格的な研究開始に先立って、まずは血液・脳脊髄液などの試料で目的分子が測定できるのか等、条件検討が必要な場合があります。そのような場合には、倫理審査結果を求めず、簡単な申請・迅速審査にて条件検討用試料を提供することも可能です。ただし、臨床検体の使用にあたって倫理審査が必要かどうかは各施設の判断によりますので、各施設の倫理委員会に、ご確認ください。


[ TOPへ戻る ]