ホームNCNPバイオバンク採取・処理・保存・輸送条件

採取・処理・保存・輸送条件

項目 NCNP
ヒト 同意内容
年齢・性
診断
既往歴
服薬
喫煙・飲酒
身長・体重
血液一般検査結果(血算・生化学) 一部あり
感染(HCV/HBV/HIV) 必要により調査可
採血 採血時間 外来○、病棟△
採血の場所 ○(病棟・採血室等)
採血場所の温度・湿度 外来○
採血量(成人で新規採取) 20ml
採血管の種類1 7ml EDTA-2Na(テルモ)×2本
採血管の種類2 5ml 血清分離用(テルモ)
採血管の種類3
採血から処理までの時間と温度の記録 ○(4℃)
DNA 核酸抽出の方法 Maxwell 16 (Promega)
核酸定量の方法 NanoDrop
核酸の品質の指標 OD260/280
最終溶液のbuffer 10mM Tris, 100uM EDTA (pH 8.0)
分注量・分注数(最終) 250-300ul×1本
チューブの種類 Jacket Tubes 1.3ml (FCR&Bio)
最終保管チューブのラベル・コード FCR&Bioのコード
保管温度 4℃
温度モニタリング
項目 NCNP
血漿 遠心条件 2500G, 4℃, 10min
遠心開始時間
分注量・分注数 200ul×4本, 800ul×6本(一部1.0ml×5本)
チューブの種類 Jacket Tubes 1.3ml (FCR&Bio)
最終保管チューブのID FCR&Bioのコード
長期保存開始時間
保管温度 -80℃
温度モニタリング
血清 凝固温度 25℃
凝固時間 ○(採血時間~遠心開始時間より推定)
遠心条件 2500G, 4℃, 10min
遠心開始時間 ○(凍結開始時間より推定)
チューブの種類 Jacket Tubes 1.3ml (FCR&Bio)
最終保管チューブのID 5FCR&Bioのコード
長期保存開始時間
保管温度 -80℃
温度モニタリング
輸送 輸送方法・出荷仕様書 ○(添付)
WHO区分 通常は「ヒト由来の適用免除検体」
パッケージ UN3373(P650)
輸送業者 通常はクロネコ、感染検体はゆうパック
輸送中温度記録 オンデマンドで記録装置(TempTale 4 USB ドライアイス 温度ロガー)
受領時の温度 △ドライアイスの状態の報告を求める。記録装置があれば〇
輸送開始日時
受領日時 輸送業者の記録

 

[ TOPへ戻る ]