ホームトピックス一覧 > World Psychiatric Association Section on PsychoneurobiologyのChairに精神保健研究所児童・予防精神医学研究部 住吉太幹部長が就任しました。

World Psychiatric Association Section on PsychoneurobiologyのChairに精神保健研究所児童・予防精神医学研究部 住吉太幹部長が就任しました。

国立研究開発法人国立精神・経医療研究センター (NCNP)



World Psychiatric Association (WPA, 世界精神医学会)の学術部会であるSection on Psychoneurobiologyの Chairに、NCNP精神保健研究所 児童・予防精神医学研究部 住吉太幹部長が就任しました。

 

WPAは、約120ヵ国における精神科基幹学会(日本精神神経学会など)の世界連合で、25万人以上の精神科医の国際交流を担い、70もの学術部会を通じて、精神医学に関する協働、教育プログラム、出版および学会活動を推進しています。WPAの機関誌であるWorld Psychiatryは、学術誌の評価指標の一つであるImpact factorが34.024(2018年)と、精神科関連領域のトップ・ジャーナルです。

 

WPA Section on Psychoneurobiologyは、神経生理学や神経心理学など複数の研究分野における知見を統合し、精神疾患の病態生理の理解や診断・治療法を向上させることを目的とする学術部会です。これまでヨーロッパ地域が中心となり活動してきましたが、今後は日本を含むアジアからの発信もさらに充実させていく予定です。

 

WPA Section on Psychoneurobiology

 

Main objectives :

Promotion of integration of findings from several research fields, such as neurophysiology, psychology, neuropsychology and psychiatry

◆To foster the understanding of psychopathology

To improve diagnosis and treatment of psychiatric conditions

 

Chair

Tomiki Sumiyoshi, MD, PhD
Director
Department of Preventive Intervention for Psychiatric Disorders
National Institute of Mental Health
National Center of Neurology and Psychiatry
Tokyo, Japan To

 

Co-chair
Armida Mucci, MD, PhD
Associate Professor
Department of Psychiatry
University of Campania y쮡改〻擫챈改Vanvitelli  
Naples, Italy 
 

 

Secretary

Thomas Koenig, MD
Professor
Department of Psychiatric Neurophysiology 
University Hospital of Psychiatryysiology
witzerlandH

 

 




WPA World Congress of Psychiatry (リスボン)で企画したSection on Psychoneurobiology主催のシンポジウム”Electrophysiological and neuropsychological approaches toward phenomenology and onset of psychoses”の演者および座長のメンバー。
左からDr. Yuko Higuchi (日本)、Dr. Mohammad Arbabi (イラン)、住吉太幹 部長、Dr. Armida Mucci (イタリア)、Dr. Giulia Giordano  (イタリア)
 (8月24日撮影)

 

[ TOPへ戻る ]

当センター敷地内は禁煙です