本文へスキップ

国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター   ・English  ・Japanese

スタッフstaff

行動医学研究部 部長(併任:精神保健研究所 所長)

金 吉晴(KIM Yoshiharu, MD, PhD)

精神科医師、医学博士
1984年京都大学医学部卒業。臨床活動を経て1990年より国立精神・神経医療研究センター研究員。1995年ロンドン精神医学研究所在外研究を経て2002年より国立精神・神経医療研究センター 成人精神部長、国立精神・医療研究センター 精神保健研究所長。2007年ペルー大使公邸人質占拠事件での医療活動に対して厚生大臣表彰。ニューヨーク大学精神科教授、東京大学医学部連携教授、東北大学医学部連携教授を併任。国際トラウマティックストレス学会理事(2012-2018年)、日本トラウマティックストレス学会理事、編集委員長、等。宮城県および福島県心のケアセンター顧問。


研究テーマ

外傷後ストレス障害(PTSD)の治療開発と病態解明
自然災害における心理対応(心理的応急処置:PFA など)
トラウマ被害に関する社会教育と啓発
PTSDの臨床家の育成と指導
精神疾患のスティグマ


活動紹介

精神科医。元々は統合失調症の精神病理学が専門であり、この病名を現在のものに変更する際に、日本精神神経学会の担当委員会で活動した。
ペルー日本大使公邸人質占拠事件で、政府医療団の一員として現地に派遣され、その後、PTSD研究の各種研究班の主任研究者を歴任。PTSDをめぐる誤解と混乱を終息させ、当たり前の医療のひとつとして位置づけることを目指してきた。
その後も厚生労働省の専門家として、和歌山カレー毒物混入事件、池田小学校児童殺傷事件、キルギス邦人人質事件、新潟中越大地震、能登半島地震、東日本大震災等で現地に赴き、対策等への助言を行っている。
災害時地域精神保健医療活動ガイドライン(2003)をとりまとめ、全国の自治体で活用されている。PTSD治療として、現在、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(Selective Serotonin Reuptake Inhibitor: SSRI)であるparoxetine, sertralineと、認知行動療法である持続エクスポージャー療法(PE)が保険適用となっているが、その実現に尽力した。
PTSD薬物療法の国際アルゴリズム作成のメンバーとなり、その成果を翻訳出版している。特にPEについては日本で初めて取り入れ、創始者であるペンシルバニア大学のフォア教授を招聘してワークショップを行い、同大学より指導者として認定を受け、精力的に臨床家を育成している。PTSDの代表的な国際学会であるInternational Society for Traumatic Stress Studiesのアジアからの初の理事を務めている。
現在は、PTSDの病態解明研究、治療法開発、災害時精神医療対応ガイドライン改訂などに取り組んでいる。


略歴

1984年 京都大学医学部卒業 同病院精神科にて研修
1994年 国立精神・神経センター精神保健研究所 研究員
1995年 ロンドン精神医学研究所
1997年 厚生大臣表彰:ペルー人質事件での精神医療活動に対して
2002年 国立精神・神経センター精神保健研究所 成人精神保健部長
2011年 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 災害時こころの情報支援センター長
2019年 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 所長

(招聘教授) ニューヨーク州立大学 医学部
(連携教授)東京大学 医学部
(特別招聘教授)慶応大学 環境情報学部
(客員教授)東北大学 医学部、山梨大学 医学部、東京女子医科大学、武蔵野大学環境
(非常勤講師)京都大学 医学部、学習院大学 文学部


学会・役職等

2004-2005年 日本トラウマティックストレス学会会長
2012-2018年 International Society for Traumatic Stress Studies 理事

日本トラウマティックストレス学会常任理事、自殺予防学会理事、不安症学会理事、等

(編集委員) トラウマティックストレス誌(編集委員長)、Psychiatry and Clinical Neuroscience, European Journal of Psychotraumatology, Cognitive Neuropsychiatry 等


業績

【主な出版物】

金 吉晴(訳):トラウマの過去. みすず書房、東京, 2017. (Mark Micale, Paul Lerner eds. Traumatic Pasts. Cambridge University Press, 2001)

金 吉晴(監訳):青年期PTSDの持続エクスポージャー療法 ‐治療者マニュアル‐.星和書店,東京, 2014.(Edna B. Foa, Kelly R. Chrestman, Eva Gilboa-Schechtman: Prolonged Exposure Therapy for Adolescents with PTSD. Emotional Processing of Traumatic Experiences. Therapist Guide, Oxford, 2009.)

金 吉晴(監訳):PTSDハンドブック‐科学と実践.金剛出版,東京, 2014.( Matthew J. Friedman, Terence M. Keane, Patricia A. Resick:Handbook of PTSD: Science and Practice, New York, 2007)

前田正治,金 吉晴(編集):PTSDの伝え方:トラウマ臨床と心理教育.誠信書房,東京, 2012. Kim Y, Tsutsumi A, Izutsu T, Kawamura N, Miyazaki T, Kikkawa T: Persistent distress after psychological exposure to the Nagasaki atomic bomb explosion. 2011 Br J Psychiatry. 199:411-6.

金 吉晴,小西聖子(監訳): PTSDの持続エクスポージャー療法.星和書店,東京,2009. (Foa, E., Hembree, E., Rothbaum, B.: Prolonged exposure therapy for PTSD. Oxford University Press, New York, 2007)

金 吉晴(編集):心的トラウマの理解とケア第2版.じほう,東京, 2006.

松岡恵子, 金 吉晴:知的機能の簡易評価実施マニュアル.In:Japanese Adult Reading Test (JART).新興医学出版社, 東京, 2006.

Kim Y: Japanese attitude towards insight in Schizophrenia. In: Insight in schizophrenia 2nd ed. Oxford University Press, Oxford, 2004.

Kim Y, Berrios G: Impact of the term schizophrenia in the culture of ideograph. Schizophr Bull. 27:181-185, 2001.

金 吉晴:スキゾフレニア診断学の方法論的検討.精神神経学雑誌.94:711-737, 1992

【主な業績】

和文業績(PDF)
英文業績(PDF)

バナースペース









行動医学研究部

〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
TEL: 042-341-2711(代)
MAIL: dhp05@ncnp.go.jp
(@を半角にしてお送りください)