本文へスキップ

国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター   ・English  ・Japanese

研究業績Research record

2018年度

  • 原著論文

    1) Hori H, Nakamura S, Yoshida F, Teraishi T, Sasayama D, Ota M, Hattori K, Kim Y, Higuchi T, Kunugi H: Integrated profiling of phenotype and blood transcriptome for stress vulnerability and depression. J Psychiatr Res 104: 202-210, 2018.

    2) Imai R, Hori H, Itoh M, Lin M, Niwa M, Ino K, Ogawa S, Ishid a M, Sekiguchi A, Matsui M, Kunugi H, Akechi T, Kamo T, Kim Y: Inflammatory markers and their possible effects on cognitive function in women with posttraumatic stress disorder. J Psychiatr Res 102: 192-200, 2018.

    3) Narita-Ohtaki R, Hori H, Itoh M, Lin M, Niwa M, Ino K, Imai R, Ogawa S, Sekiguchi A, Matsui M, Kunugi H, Kamo T, Kim Y: Cognitive function in Japanese women with posttraumatic stress disorder: Association with exercise habits. J Affect Disord 236: 306-312, 2018.

    4) Itoh M, Hori H, Lin M, Niwa M, Ino K, Imai R, Ogawa S, Matsui M, Kamo T, Kim Y: Memory bias and its association with memory function in women with posttraumatic stress disorder. J Affect Disord 245: 461-467, 2019.

    5) Hakamata Y, Mizukami S, Komi S, Sato E, Moriguchi Y, Motomura Y, Maruo K, Izawa S, Kim Y, Hanakawa T, Inoue Y, Tagaya H: Attentional bias modification alters intrinsic functional network of attentional control: A randomized controlled trial. J Affect Disord 238: 472-481, 2018.

    6) Takahashi H, Nakamura T, Kim J, Kikuchi H, Nakahachi T, Ishitobi M, Ebishima K, Yoshiuchi K, Ando T, Stickley A, Yamamoto Y, Kamio Y: Acoustic Hyper-Reactivity and Negatively Skewed Locomotor Activity in Children With Autism Spectrum Disorders: An Exploratory Study. Front. Psychiatry 9 (): 355-, 2018.

    7) Kodama N, Moriguchi Y, Takeda A, Maeda M, Ando T, Kikuchi H, Gondo M, Adachi H, Komaki G: Neural correlates of body comparison and weight estimation in weight-recovered anorexia nervosa: a functional magnetic resonance imaging study. BioPsychoSocial Medicine 12: 15, 2018.

    8) Ogino K, Takahashi H, Nakamura T, Kim J, Kikuchi H, Nakahachi T, Ebishima K, Yoshiuchi K, Ando T, Sumiyoshi T, Stickley A, Yamamoto Y, Kamio Y. Negatively skewed locomotor activity is related to autistic traits and behavioral problems in typically developing children and those with autism spectrum disorders. Front Hum Neurosci 12: 518, 2018.

    9) Matsuo J, Ota M, Hidese S, Teraishi T, Hori H, Ishida I, Hiraishi M, Kunugi H: Sensorimotor Gating in Depressed and Euthymic Patients with Bipolar Disorder: Analysis on Prepulse Inhibition of Acoustic Startle Response Stratified by Gender and State. Front Psychiatry 9: 123, 2018.

    10) Ota M, Matsuo J, Ishida I, Takano H, Yokoi Y, Hori H, Yoshida S, Ashida K, Nakamura K, Takahashi T, Kunugi H: Effects of a medium-chain triglyceride-based ketogenic formula on cognitive function in patients with mild-to-moderate Alzheimer's disease. Neurosci Lett 690: 232-236, 2019.

    11) Hidese S, Ota M, Hori H, Matsuo J, Ishida I, Hiraishi M, Teraishi T, Hattori K, Kunugi H: The relationship between the Wechsler Memory Scale-Revised scores and whole-brain structure in patients with schizophrenia and healthy individuals. Cogn Neuropsychiatry 24 (1): 80-91, 2019.

    12) Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Yokoyama R, Kotozaki Y, Nakagawa S, Sekiguchi A, Iizuka K, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Miyauchi CM, Shinada T, Sakaki K, Nozawa T, Ikeda S, Yokota S, Magistro D, Sassa Y, Kawashima R: Shorter sleep duration and better sleep quality are associated with greater tissue density in the brain. Scientific Reports 8 (1): 5833, 2018.

    13) Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Yokoyama R, Kotozaki Y, Nakagawa S, Sekiguchi A, Iizuka K, Hanawa S, Araki T, Miyauchi CM, Sakaki K, Sassa Y, Nozawa T, Ikeda S, Yokota S, Magistro D, Kawashima R: General intelligence is associated with working memory-related brain activity: new evidence from a large sample study. Brain Structure and Function 223 (9): 4243-4258, 2018.

    14) Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Yokoyama R, Kotozaki Y, Nakagawa S, Sekiguchi A, Iizuka K, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Miyauchi CM, Sakaki K, Nozawa T, Ikeda S, Yokota S, Magistro D, Sassa Y, Kawashima R: The effects of family socioeconomic status on psychological and neural mechanisms as well as their sex differences. Frontiers in Human Neuroscience 12: 543, 2019.

    15) Nakagawa S, Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Kotozaki Y, Shinada T, Maruyama T, Sekiguchi A, Iizuka K, Yokoyama R, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Miyauchi CM, Magistro D, Sakaki K, Jeong H, Sasaki Y, Kawashima R: Mean diffusivity related to collectivism among university students in Japan. Scientific Reports 9 (1): 1338, 2019.

    16) Matsunaga Y, Tagaya H, Fukase Y, Hakamata Y, Murayama N, Kumagai Y, Kuroyama M: Effects of zolpidem/triazolam on cognitive performance 12 hours after acute administration 52: 213-218, 2018.

    17) 金 吉晴: 統合失調症の背後にあるトラウマに気づく. 臨床精神医学 47 (7): 769-774, 2018.

  • 総説

    1) 金 吉晴:特集 複雑性PTSDの理論と治療 特集にあたって. トラウマティック・ストレス 16 (1): 25, 2018.

    2) 金 吉晴中山未知丹羽まどか大滝涼子:複雑性PTSDの診断と治療. トラウマティック・ストレス, 16 (1): 27-35, 2018.

    3) 丹羽まどか加茂登志子金 吉晴:性的虐待による複雑性PTSD患者に対するSTAIR/NST. トラウマティック・ストレス 16 (1): 45-53, 2018.

    4) 金 吉晴:災害への備え・災害対策. 日本精神科病院協会雑誌 37 (11): 4-9, 2018.

    5) 金 吉晴:災害と精神医療. 精神医学 60 (12): 1375-1383, 2018.

    6) 金 吉晴篠﨑康子大沼麻実島津恵子大滝涼子:災害時の社会心理支援. 精神保健研究  (65): 51-55, 2019.

    7) 河西ひとみ船場美佐子富田吉敏藤井 靖関口 敦安藤哲也:腸管ガスに関連する症状を主訴とする病態と治療法の研究の動向. 心身医学 58 (6): 488-497, 2018.

    8) 小原千郷:栄養指導に活かす行動医学の視点 集団指導のコツ. 臨床栄養 132 (6): 747-750, 2018.

  • 著書

    1) 堀 弘明:第8章 第2節 心的外傷後ストレス障害.精神保健医療福祉白書編集委員会編:精神保健医療福祉白書2018/2019.中央法規出版, 東京, 159-159, 2018.

  • 報告書

    1) 金 吉晴:こころの健康づくりを推進する地域連携のリモデリングとその効果に関する政策研究.平成30年度厚生労働科学研究費補助金(障害者政策総合研究事業(精神障害分野))総括・分担研究報告書,平成30年度総括研究報告書.pp1-4,2019.

    2) 金 吉晴,山之内芳雄,三島和夫,神尾陽子:精神保健相談支援ツール作成のための精神保健相談業務全国調査に関する研究.平成30年度厚生労働科学研究費補助金(障害者政策総合研究事業(精神障害分野))「こころの健康づくりを推進する地域連携のリモデリングとその効果に関する政策研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成30年度分担研究報告書.pp5-134,2019.

    3) 金 吉晴,山之内芳雄,三島和夫,神尾陽子:地域精神保健相談研修.平成30年度厚生労働科学研究費補助金(障害者政策総合研究事業(精神障害分野))「こころの健康づくりを推進する地域連携のリモデリングとその効果に関する政策研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成30年度分担研究報告書.pp155-286,2019.

    4) 金 吉晴:こころの健康づくりを推進する地域連携のリモデリングとその効果に関する政策研究.平成28年度~30年度厚生労働科学研究費補助金(障害者政策総合研究事業(精神障害分野))総合研究報告書,平成28年度~30年度総合研究報告書.pp1-2,2019.

    5) 金 吉晴,山之内芳雄,三島和夫,神尾陽子:精神保健相談支援ツール作成のための精神保健相談業務全国調査に関する研究.平成28年度~30年度厚生労働科学研究費補助金(障害者政策総合研究事業(精神障害分野))「こころの健康づくりを推進する地域連携のリモデリングとその効果に関する政策研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成28年度~30年度分担研究総合報告書.pp3-178,2019.

    6) 金 吉晴,山之内芳雄,三島和夫,神尾陽子:地域精神保健相談研修.平成28年度~30年度厚生労働科学研究費補助金(障害者政策総合研究事業(精神障害分野))「こころの健康づくりを推進する地域連携のリモデリングとその効果に関する政策研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成28年度~30年度分担研究総合報告書.pp203-334,2019.

    7) 金 吉晴:災害時のこころの支援に関する実務保健師の役割と求める能力、知識・技術・態度の検討―SOLAR プログラム (Skills for Life Adjustment and Resilience Program生活への適応と回復スキルのためのプログラム)に関する研究―.平成30年度厚生労働科学研究費補助金(健康安全・危機管理対策総合研究事業)「災害対策における地域保健活動推進のための実務担当保健師の能力向上に係わる研修ガイドラインの作成と検証(研究代表者:宮﨑美砂子)」,平成30年度分担研究報告書.pp21-29, 2019.

    8) 宮﨑美砂子,奥田博子,春山早苗,石川麻衣,金谷泰宏,金 吉晴,植村直子:実務保健師に求められる災害時の役割とコンピテンシー、その遂行に求められる知識・技術・態度-デルファイ法による災害対応経験のある自治体実務保健師等への意見調査.平成30年度厚生労働科学研究費補助金(健康安全・危機管理対策総合研究事業)「災害対策における地域保健活動推進のための実務担当保健師の能力向上に係わる研修ガイドラインの作成と検証(研究代表者:宮﨑美砂子)」,平成30年度分担研究報告書.pp67-103, 2019.

    9) 堀 弘明, 伊藤 真利子, 林 明明, 丹羽まどか, 井野敬子, 今井理紗, 小川 成, 加茂登志子, 金 吉晴: PTSD女性患者における認知機能. メンタルヘルス岡本記念財団 2017年度(第29号)研究助成報告集.pp101-106, 2018.

    10) 堀 弘明, 中村誠二, 吉田冬子, 寺石俊也, 篠山大明, 太田深秀, 服部 功太郎, 金 吉晴, 樋口輝彦, 功刀 浩: ストレス脆弱性についての表現型と末梢血トランスクリプトームの統合解析. 臨床薬理の進歩: pp140-151, 2018.

    11) 堀 弘明: 遺伝子発現プロファイルによる精神疾患発症予測法開発. 上原記念生命科学財団研究報告集.pp156-156, 2018.

    12) 安藤哲也:平成30年度事業の活動と報告.平成30年度精神保健対策費補助金摂食障害治療支援センター設置運営事業報告書.pp22-27,国立精神・神経医療研究センター.2018.3

    13) 安藤哲也関口 敦小原千郷菅原彩子國重寛子:摂食障害全国基幹センター活動報告書 平成30年度.平成30年度精神保健対策費補助金摂食障害治療支援センター設置運営事業報告書.pp32-48,国立精神・神経医療研究センター.2018.3

    14) 関口 敦:中枢性摂食異常症および中枢神経感作病態を呈する疾患群の脳科学的な病態解明と、エビデンスに基づく患者ケア法の開発.平成30年度厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業 総括・分担研究報告書.pp1-56,2019.

  • その他(刊行物)

    1) 伊藤真利子, 堀 弘明, 金 吉晴:健常成人女性における幼少期トラウマと認知バイアスの関連. 精神科臨床Legato, 5(1): 29-32, 2019.

    2) 安藤哲也, 小原千郷(編):厚生労働省補助金 摂食障害支援センター設置運営事業 摂食障害治療支援コーディネーターのための相談支援の手引き. 2019.

    3) 安藤哲也:摂食障害と地域連携 特集-摂食障害の今日的理解と治療Ⅱ. 精神科治療学 33 (12): 1455-1461, 2018.

    4) 大沼麻実:【講義・ロールプレイ】心理社会的サポート. 厚生労働省 医療関係者研修費等補助金 災害医療チーム等養成支援事業「平成30年度災害歯科保健医療チーム養成支援事業」災害歯科保健医療体制研修会(DVD), 4 (15),2019.

  • 学会特別講演,教育講演,シンポジウム,ワークショップ,パネルディスカッション等

    1) Hori H: Cognitive dysfunction in schizophrenia and other psychiatric disorders: potential role of inflammation. WFSBP2018KOBE.Hyogo: 20180907 - 20180909

    2) 金 吉晴:持続エクスポージャー療法とトラウマからの回復.第18回日本認知療法・認知行動療法学会,岡山,2018.11.23-25.

    3) 金 吉晴:PTSDからの回復.第18回日本認知療法・認知行動療法学会,岡山,2018.11.23-25.

    4) 金 吉晴:医療の現場で子どもと親子のトラウマやストレスに対処する—トラウマの医学と治療の現在を踏まえて.第31回日本総合病院精神医学会総会,東京,2018.11.30-12.1.

    5) 金 吉晴:トラウマ記憶と解離.精神病理コロック名古屋,愛知,2019.1.26.

    6) 井野敬子,金 吉晴,田中英三郎,須賀楓介:トラウマ記憶を語ることで患者は何を得るのか-PEの作用機序の観点から—.第11回日本不安症学会学術大会,愛知,2019.3.1-2.

    7) 金 吉晴:回復された児童期のトラウマ記憶とPTSDからの回復.第11回日本不安症学会学術大会,愛知,2019.3.1-2.

    8) 金 吉晴:複雑性PTSDの認知行動療法.第11回日本不安症学会学術大会,愛知,2019.3.1-2.

    9) 安藤哲也:我が国における摂食障害治療の研究の展開.第59回日本心身医学会総会ならびに学術講演会.名古屋,2018.6.8-9.

    10) 安藤哲也:摂食障害.シンポジウム9 様々な依存症を通して考える、これからの依存症治療.平成30年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会.国立京都国際会議場,2018.9.8-10.

    11) 安藤哲也:摂食障害治療支援センター設置運営事業の今後の展開.第22回日本摂食障害学会学術集会.万国津梁館、名護市,2018.11.8-9.

    12) 安藤哲也:摂食障害治療支援センター設置運営事業について.日独交流プログラムシンポジウム.第23回日本心療内科学会総会・学術大会.札幌コンベンションセンター,札幌,2018.11.23-24.

    13) 大沼麻実:3.11を契機とする地域の健康福祉システムの再構築シンポジウム.東北福祉大学感性福祉研究所研究プロジェクト3.11.山形,2018.7.5-6.

    14) 小原千郷:インストラクションシリーズ 家族心理教育のエビデンス- ミニマルエッセンシャズ.第22回日本摂食障害学会学術集会.沖縄県,2018.11.8-9.

    15) 林 明明:学習後ストレスが記憶に及ぼす影響~PTSDとの関連~ シンポジウムSS-090 記憶心理学と臨床心理学のコラボレーション(8):PTSD のメカニズムと治療.日本心理学会第82回大シンポジウムSS-090 記憶心理学と臨床心理学のコラボレーション(8):PTSD のメカニズムと治療.宮城,2018.9.25-27.

    16) 丹羽まどか加茂登志子:性的虐待といじめによる複雑性PTSD症例に対するSTAIR/NSTの実践.第17回日本トラウマティック・ストレス学会.大分,2018.6.20-21.

  • 一般演題

    1) Lin M, Tanno Y, Kim Y: Does post-learning stress selectively enhance emotional memory? 8th Annual Congress of the European Association., Sofia, 2018.9.5-8.

    2) Ohnuma A, Kim Y: A Comparative Study on the Effects of One-Day Workshops and Lectures on Psychological First Aid. World Congress of Asian Psychiatry, Sydney, 2018.2.21-24.

    3) Funaba M, Kawanishi H, Fujii Y, Higami K, Tomita Y, Sekiguchi A, Ando T: THE FEASIBILITY AND EFFECTIVENESS OF COGNITIVE-BEHAVIORAL THERAPY USING INTEROCEPTIVE EXPOSURE WITH PSYCHOEDUCATIONAL VIDEO FOR IRRITABLE BOWEL SYNDROME. The 77th Annual Meeting of the American Psychosomatic Society, Vancouver, 2019.3.6-9.

    4) Kikuchi H, Yoshiuchi K, Yamamoto Y, Ando T: Local statistical characteristics of physical activity may reflect momentary psychological stress in ambulatory settings. 77th Annual Scientific Meeting of the American Psychosomatic Society, Vancouver, 2019.3.6-9.

    5) Sekiguchi A, Sugawara A, Terasawa Y: Neural underpinnings of an effect of interoceptive training on decision making processing. The 77th Annual Meeting of the American Psychosomatic Society, Vancouver, 2019.3.6-9.

    6) Miyamae M, Ito M, Yamashita Y, Yokoyama C, Komazawa A, Ueno O, Niwa M, Honda M, & Horikoshi M: A preliminary evaluation of the feasibility and utility of combined intervention of positive-valence system focused cognitive behavior therapy and inaudible high-frequency sound presentation for anhedonia. ADAA 39th Annual Conference, Chicago, 2019.3.28-31.

    7) 金 吉晴中山未知丹羽まどか:複雑性PTSDの診断評価について.第17回日本トラウマティック・ストレス学会,大分,2018.6.9-10.

    8) 金 吉晴:PTSDの初期心理教育の重要性と効果.第114回日本精神神経学会学術総会,兵庫,2018.6.21-23.

    9) 堀 弘明, 中村誠二, 吉田冬子, 寺石俊也, 篠山大明, 太田深秀, 服部功太郎, 金 吉晴, 樋口輝彦, 功刀 浩: ストレス脆弱性とうつ病についての表現型-末梢血トランスクリプトーム統合解析. 第15回日本うつ病学会総会.東京:2018.7.27-28.

    10) 大沼麻実金 吉晴,神尾陽子,立森久照:東日本大震災のメディア報道による子どもたちのメンタルヘルスへの影響調査.第17回日本トラウマティック・ストレス学会,大分,2018.6.9-10.

    11) 林 明明金 吉晴:ストレスイベント体験有無の回答へ及ぼす調査方法による影響.第17回日本トラウマティック・ストレス学会,大分,2018.6.9-10.

    12) 林 明明,丹野義彦,金 吉晴:虚記憶へ及ぼす処理水準およびストレスの効果.日本心理学会第82回大会,宮城,2018.9.25-27.

    13) 安藤哲也菊地裕絵、立森久照:全国の病院の摂食障害受診患者数調査患者数調査―2次調査による臨床疫学像.第22回日本摂食障害学会学術集会.万国津梁館,名護市,2018.11.8-9.

    14) 河西ひとみ関口 敦富田吉敏船場美佐子, 本田 暉,樋上巧洋藤井 靖安藤哲也:腸管ガスに関連する症状を主訴とする 患者への認知行動療法の無効例から考える 今後の臨床研究の方向性.第59回 日本心身医学会総会ならびに学術講演会.名古屋,2018.6.8-9.

    15) 菅原彩子小原千郷関口 敦安藤哲也,鈴木 眞理:日本の一般女性のやせやダイエットに伴う健康障害の認識度の検討.第22回日本摂食障害学会学術集会.沖縄: 2018.11.8-9.

    16) 小原千郷,北島智子,高倉 修,竹林淳和,栗田大輔,阿部麻衣,遠藤由香,河合啓介,安藤哲也:摂食障害治療支援センターへの相談事例からみた、患者と家族が抱く医療への不満・要望.第22回日本摂食障害学会学術集会.万国津梁館、名護市: 2018.11.8-9.

    17) 菊地裕絵,吉内一浩,山本義春,安藤哲也:アクチグラフを用いた日常生活下のストレスの客観指標の開発.第23回日本心療内科学会学術大会,札幌,2018.11.23-24.

    18) 中川 誠秀,竹内 光,瀧 靖之 ,野内 類 ,事崎 由佳,品田 貴光 ,丸山 司 ,関口 敦,飯塚 邦夫 ,横山 諒一,山本 悠貴 ,塙 杉子 ,荒木 剛 ,宮内 誠カルロス,Daniele Magistro , 榊 浩平 ,鄭 嫣婷 ,佐々木 結咲子,川島 隆太: MRI平均拡散率を用いた集団主義の神経基盤の同定.第114回日本精神神経学会学術総会.神戸: 2018.6.21-23.

    19) 宮前光宏,横山知加,伊藤正哉,駒沢あさみ,丹羽まどか,堀越 勝:Clinician administered version of Snaith-Hamilton Pleasure Scale(SHAPS-C)日本語版の作成:第一報.第18回日本認知療法・認知行動療法学会.岡山:2018.11.23-24.

  • 研究報告会

    1) 安藤哲也: 摂食障害の多機関連携システムの開発.AMED摂食障害の治療支援ネットワークの指針と簡易治療プログラムの開発平成30年度第1回班会議.東京八重洲ホール: 2018.7.22.

    2) 安藤哲也:摂食障害の多機関連携システムの開発.AMED摂食障害の治療支援ネットワークの指針と簡易治療プログラムの開発平成30年度第2回班会議.大阪市立大学、大阪2019.2.17.

    3) 堀 弘明:PTSDと炎症系.医療心理懇話会第3回集会.東京: 2018.10.3-4.

    4) 堀 弘明:ストレス対処方略が遺伝子発現プロファイルに与える影響の検討.パブリックヘルス科学研究助成金2017年度研究成果報告会.東京: 2018.12.15.

  • その他(発表)

    1) 安藤哲也関口 敦小原千郷菅原彩子.全国基幹センターにおける平成 30年度の事業計画の策定.第1回全国摂食障害対策連絡協議会,東京八重洲ホール,東京,2018.8.19.

    2) 安藤哲也関口 敦小原千郷菅原彩子.基幹センター・支援センターの平成30年度の活動実績報告.第2回全国摂食障害対策連絡協議会,フクラシア八重洲,東京,2019.3.3.

    3) 安藤哲也関口 敦小原千郷菅原彩子.第1回摂食障害治療支援センター連携ミーティングおよびランチミーティング.東京八重洲ホール.東京,2018.8.19.

    4) 安藤哲也関口 敦小原千郷菅原彩子.第2回摂食障害治療支援センター連携ミーティングおよびランチミーティング.フクラシア八重洲,東京,2019.3.3.

  • 講演

    1) 金 吉晴: PTSDの病態と治療.北里大学医学部精神科学,神奈川,2018.4.12.

    2) 金 吉晴:PTSDの病態と治療.東京大学医学部付属病院精神神経科,東京,2018.5.28.

    3) 金 吉晴堀 弘明: PTSDの病態と治療.精神保健研究所,東京,2018.6.4.

    4) 金 吉晴:子どもをめぐるトラウマとうつ.第46回多摩精神科医療懇話会,東京,2019.3.7.

    5) 金 吉晴:PTSDからの回復とその経路.京都精神科治療懇話会,京都,2019.3.9.

    6) 大沼麻実:災害支援の心理的支援~サイコロジカル・ファーストエイドについて~.北九州市保健福祉局精神保健福祉センター,福岡,2018.8.9.

    7) 大沼麻実:災害時における保健医療の対応.厚生労働省 医療関係者研修費等補助金 災害医療チーム等養成支援事業「平成30年度災害歯科保健医療チーム養成支援事業」災害歯科保健医療体制研修会,東京,2018.12.2.

    8) 大沼麻実:災害時、あなたの心も守るために-知っておきたい被災者と支援者のメンタルヘルス.南多摩保健所,東京,2019.3.5.

  • 学会役員

    1) Kim Y: International Society for Traumatic Stress Studies 理事
    2) Kim Y: Global Committee, International Traumatic Stress Studies 委員
    3) 金 吉晴:日本トラウマティック・ストレス学会 理事
    4) 金 吉晴:自殺予防学会 理事
    5) 金 吉晴:日本不安症学会 理事
    6) 安藤哲也:日本摂食障害学会 理事
    7) 安藤哲也:日本心身医学会 評議員
    8) 安藤哲也:日本心療内科学会 評議員
    9) 安藤哲也:日本ストレス学会 評議員
    10) 堀 弘明:日本生物学的精神医学会 評議員
    11) 関口 敦:日本心身医学会 幹事
    12) 小原千郷:日本摂食障害学会 評議員

  • 座長

    1) 金 吉晴,加藤知子:シンポジウムA-1 複雑性PTSDの概念と治療.第17回日本トラウマティック・ストレス学会,大分,2018.6.9-10.

    2) 金 吉晴:大会企画シンポジウム2 トラウマ被害と認知行動療法.第18回日本認知療法・認知行動療法学会,岡山,2018.11.23-25.

    3) 金 吉晴:ワークショップ2 不安症治療の最適化を目指して~その異様性をいかに捉え、いかに治療に反映させるのか~.第11回日本不安症学会学術大会,愛知,2019.3.1-2.

    4) 金 吉晴:シンポジウム2 PTSDの治療.第11回日本不安症学会学術大会,愛知,2019.3.1-2.

    5) 関口 敦,津田 彰:口演 精神生理・検査・実験.第59回日本心身医学会総会,名古屋,2018.6.8-9.

  • 学会誌編集委員等

    1) Kim Y: Cognitive Neuropsychiatry, editorial board member
    2) Kim Y: European Journal of Psychotraumatology, editorial board member
    3) Kim Y: Disaster Health, editorial board member
    4) Kim Y: Psychiatry and Clinical Neuroscience, field editor
    5) 金 吉晴:日本トラウマティック・ストレス学会 編集委員長
    6) Hori H: Frontiers in Psychiatry, editorial board

  • 研修企画

    1) Kim Y: Educational lecture and group discussion. Tokyo, 2018.5.30.

  • 研修会講師

    1) Kim Y: Japanese Experience of Disaster Mental Health Care. Educational lecture and group discussion. Tokyo, 2018.5.30.

    2) Lily Brown, 小西聖子,金 吉晴:アドバンストPEワークショップ,東京,2018.7.6-7.

    3) 金 吉晴:性犯罪被害者への精神的ケア(PTSDへの対応).性犯罪・性暴力被害者支援に関する研修会,東京,2018.11.17.

    4) 金 吉晴, 大沼麻実, 大滝涼子, 東海林渉:サイコロジカル・ファーストエイド研修.第1回災害時PFAと心理対応研修.東京,2018.5.23.

    5) 金 吉晴大沼麻実,山﨑千鶴子,鈴江毅,佐野弘枝,鈴木吏良:サイコロジカル・ファーストエイド研修.第2回災害時PFAと心理対応研修,東京,2018.11.28.

    6) 安藤哲也:摂食障害病態・治療概論.第16回摂食障害治療研修,国立精神・神経医療研究センター,2018.8.28-31.

    7) 安藤哲也:摂食障害病態・治療概論.第15回摂食障害看護研修,国立精神・神経医療研究センター,2018.10.31-11.2.

    8) 安藤哲也:CBT-Eの概要とエビデンス、体形確認回避、体形比較と肥満感.第1回神経性過食症に対するCBT-E研修会,神経性過食症に対する認知行動療法CBT-E簡易マニュアル運用のための研修会ワーキンググループ,東京大学医学部,東京,2018.7.29.

    9) 安藤哲也:CBT-Eの概要、体形確認回避、体形比較と肥満感.第2回神経性過食症に対するCBT-E研修会,神経性過食症に対する認知行動療法CBT-E簡易マニュアル運用のための研修会ワーキンググループ,東邦大学医学部,東京,2018.9.23.

    10) 安藤哲也:CBT-Eの概要、体形確認回避、体形比較と肥満感.第3回神経性過食症に対するCBT-E研修会,神経性過食症に対する認知行動療法CBT-E簡易マニュアル運用のための研修会ワーキンググループ.九州大学医学部,福岡,2019.2.3.

    11) 安藤哲也:摂食障害の最新の知見と摂食障害治療支援センター設置運営事業について.第28回日本女性心身医学会研修会,東京大学医学部,東京,2019.2.2.

    12) 堀 弘明: PTSDの神経科学と薬物療法.平成30年度PTSD対策専門研修 B.専門コース1,東京,2019.2.5.

    13) 堀 弘明: PTSDの神経科学と薬物療法.平成30年度PTSD対策専門研修 B.専門コース2,東京,2019.2.19.

    14) 大沼麻実:リラクセーション演習.第1回災害時PFAと心理対応研修,東京,2018.5.24.

    15) 大沼麻実:サイコロジカル・ファーストエイド指導者育成研修.JAMSNET,シンガポール,2018.6.1-3.

    16) 大沼麻実:PFAファシリテーターブースター研修,みやぎ心のケアセンター,宮城, 2018.6.29.

    17) 大沼麻実:PFA一日研修会.東北福祉大学感性福祉研究所研究プロジェクト3.12,山形, 2018.7.6.

    18) 大沼麻実:PFA研修会.Ministry of Public health in Thailand,バンコク,2018.8.2.

    19) 大沼麻実, 川原正人:緊急事の心理的応急処置(サイコロジカル・ファーストエイド).愛知県精神保健福祉センター災害時メンタルヘルス研修会,愛知,2018.10.16.

    20) 大沼麻実:医学教養「至誠と愛」の実践学修「Psychological First Aid」.東京女子医科大学,東京,2018.10.19.

    21) 大沼麻実,宮川治,滝友秀,吉元なるよ,原田大幹,諸見秀太,高江洲慶:サイコロジカル・ファーストエイド研修.沖縄県立総合精神保健福祉センター,沖縄,2018.10.26.

    22) 大沼麻実,平 安明,赤嶺遼太郎,井上幸代,諏訪賀一,滝 友秀:サイコロジカル・ファーストエイド研修.沖縄県精神科病院協会,沖縄,2018.10.27.

    23) 大沼麻実,尾崎雅子:WHO版PFA研修.さいたま市保健所,埼玉,2019.3.1.

    24) 小原千郷:家族支援.第16回摂食障害治療研修,東京,2018.8.28-31.

    25) 小原千郷:ケアとコミュニケーションのスキル.第15回摂食障害治療研修,東京都,2018.10.31-11.2.

    26) 小原千郷:家族にできるサポートを知ろう.宮城県主催 摂食障害の家族教室,宮城, 2019.1.15.

    27) 大滝涼子:STAIRとリラクゼーション.平成30年度PTSD対策専門研修 B.専門コース1,東京,2019.2.5.

2017年度

2018年4月1日に成人精神保健研究部と心身医学研究部は行動医学研究部になりました。
2017年までの実績は下記のリンクからご確認ください。

旧成人精神保健研究部リンク
旧心身医学研究部リンク

バナースペース









行動医学研究部

〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
TEL: 042-341-2711(代)
MAIL: dhp05@ncnp.go.jp
(@を半角にしてお送りください)