国立精神・神経医療研究センター
精神保健研究所 社会復帰研究部

〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel: 042(341)2712 内線(6281)
Fax: 042(346)2169

» 業績 » 2017年

2017年度の研究業績

(1) 原著論文

  1. Chiba R, Umeda M, Goto K, Miyamoto Y, Yamaguchi S, Kawakami N: The property of the Japanese version of the Recovery Knowledge Inventory (RKI) among mental health service providers: a cross sectional study. International Journal of Mental Health Systems 11:71, 2017
  2. Koike S, Yamaguchi S, Ojio Y, Ando S: Social distance toward people with schizophrenia is associated with favorable understanding and negative stereotype. Psychiatry Research, 261:264-268, 2018.
  3. 山口創生, 佐藤さやか, 種田綾乃, 下平美智代, 池淵恵美, 石井和子, 臼井卓也, 梅田典子, 坂田増弘, 佐竹直子, 田口雄太, 西尾雅明, 吉田光爾, 伊藤順一郎:援助付き雇用におけるサービス提供量と就労アウトカムとの関連: 認知機能リハビリテーションと援助付き雇用の対象者におけるプロセス評価. 精神障害とリハビリテーション 21(2): 178-187, 2017.
  4. Sasaki N, Yamaguchi S, Shimodaira M, Sato S, Taneda A, Yoshida K, Ito J: Development and validation of a Japanese fidelity scale for supported employment. Administration and Policy in Mental Health and Mental Health Services Research, 2017. doi: doi: 10.1007/s10488-017-0825-y
  5. 佐藤さやか、伊藤孝子、吉田統子、細谷章子、松長麻美、山口創生、武田裕美、大島真弓、坂田増弘、藤井千代、伊藤順一郎.精神科デイケアにおけるアウトリーチ支援が地域移行に与える効果:予備的検討.精神医学、59(11)、1055-1065.
  6. 山口創生, 吉田光爾, 岩崎香: 福祉型訪問サービスの利用における生活関連アウトカム,社会的機能および地域サービスの利用状況の変化:生活訓練事業所と地域活動支援センターにおける後ろ向き観察研究(第1報). 精神保健福祉学 5(1):4-13, 2017.
  7. 吉田光爾, 山口創生, 岩崎香: 福祉型訪問サービスにおける生活支援の目標及びその改善に関する検討:生活訓練事業所と地域活動支援センターにおける後ろ向き観察研究(第2報). 精神保健福祉学 5(1):14-24, 2017.
  8. Yamaguchi S, Taneda A, Matsunaga A, Sasaki N, Mizuno M, Sawada Y, Sakata M, Fukui S, Hisanaga F, Bernick P, Ito J: Efficacy of a peer-led, recovery-oriented shared decision-making system: a pilot randomized controlled trial. Psychiatric Services 2017. doi: 10.1176/appi.ps.201600544.
  9. 山口創生,佐藤さやか,下平美智代,池淵恵美,石井和子,市川 健,臼井卓也,梅田典子,大島真弓,坂田増弘,佐竹直子,田口雄太,種田綾乃,西尾雅明,吉田光爾,伊藤順一郎:重度精神障害者に対する認知機能リハビリテーションと援助付き雇用における所得保障費を含めた判断樹分析:医療経済評価の二次分析. 精リハ誌21(1) 67-77,2017.
  10. Ikebuchi E, Sato S, Yamaguchi S, Shimodaira M, Taneda A, Hatsuse N, Watanabe Y, Sakata M, Satake N, Nishio M, Ito J: Does improvement of cognitive functioning by cognitive remediation therapy effect work outcomes in severe mental illness? A secondary analysis of a randomized controlled trial. Psychiatry and Clinical Neurosciences 71(5):301-308, 2017.5.
  11. 松長麻美,山口創生,佐藤さやか,坂田増弘,細谷章子,大島真弓,武田裕美,藤井千代,伊藤順一郎:精神科デイケアにおけるアウトリーチ型サービスの提供によるコストの推移.臨床精神医学,46(6):795-803,2017.6.
  12. Matsunaga A, Takauma F, Tada K, Kitamura T: Discrete category of mother-to-infant bonding disorder and its identification by the Mother-to-Infant Bonding Scale: A study in Japanese mothers of a 1-month-old. Early human development. 111:1-5, 2017.5.
  13. 茅野 分,藤井千代,村上雅昭,水野雅文:精神疾患を生じた医師の受療行動と適切な診療.精神科治療学,32(4):555-561,2017.4.
  14. Iwata K, Matsuda Y, Sato S, Furukawa S, Watanabe Y, Hatsuse N, Ikebuchi E: Efficacy of cognitive rehabilitation using computer software with individuals living with schizophrenia: A randomized controlled trial in Japan. Psychiatr Rehabil J 40(1), 4-11, 2017.3.

(2) 総 説

  1. 松長麻美, 山岸由紀子, 北村俊則:当事者とともに育児にあたる配偶者や両親への支援. 精神科臨床サービス,17(2):203-208,2017.5.
  2. 山口創生, 熊倉陽介: 統合失調症患者における共同意思決定:新しいアプローチとシステム. 医学のあゆみ 261(10):941-948, 2017.6

(3) 著 書