国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所
心身医学研究部
Department of Psychosomatic Research
ホーム
概要
研究紹介
スタッフ
業績集
お知らせ
アクセス
リンク
Q&A

文字の大きさ
標準

English

 お知らせ
 心身医学研究部は2018年4月から行動医学研究部になります。
 ホームーページの内容は追って更新いたします。
 
  行動医学研究部ホームページ プレオープン(2018/4/25)

はじめに

「こころ」の状態は神経系・免疫系・内分泌系を通して身体に影響を及ぼし、種々の病気を発症させる。また、逆に身体の変化も「こころ」に影響を与える。心身医学研究部では、心理ストレスと関係の深い身体の病気である心身症や摂食障害、生活習慣病等を対象にその病因や発症のメカニズム、また、病態について臨床的、基礎的研究を進めている。また、それらを基にその効果的な治療法や予防法の開発にも努めている。摂食障害の感受性遺伝子を探索する研究が我々の研究室で進められている。感受性遺伝子の同定は摂食障害の予防や治療を促進すると期待される。

トピックス

摂食障害全国基幹センターが国立精神・神経医療研究センターに設置されました
 摂食障害全国基幹センターホームページ
摂食障害全国基幹センターおよび摂食障害情報ウェブサイト検討委員会により、摂食障害情報ポータルサイト(一般の方)が開設されました
 摂食障害情報ポータルサイト(一般の方)
摂食障害全国基幹センターおよび摂食障害情報ウェブサイト検討委員会により、摂食障害情報ポータルサイト(専門職の方)が開設されました
 摂食障害情報ポータルサイト(専門職の方)

new
 第16回 摂食障害治療研修
平成30年8月28日(火)から平成30年8月31日(金)まで
受講願書応募締切:平成30年7月10日(火)
new
 第15回 摂食障害看護研修
平成30年10月31日(水)から平成30年11月2日(金)まで
受講願書応募締切:平成30年9月12日(水)

new
 「過敏性腸症候群(IBS)を対象とするビデオ教材を併用した認知行動療法プログラム」協力者募集
(対象:現在16歳以上で、過敏性腸症候群の診断と治療を受けたことがあり、現時点で中等症以上の方)
→ 研究成果のご報告 PDF
神経性やせ症のケア提供者におけるケア負担感と精神的健康状態
―その実態と関連要因の検討―

▲ページの先頭へ

国立精神・神経医療研究センターHP
© 2011 Department of Psychosomatic Research.