摂食障害全国基幹センターについて

摂食障害全国基幹センターの活動のご紹介

摂食障害全国基幹センター(基幹センター)は、摂食障害治療支援センター(支援センター)の統括機関として国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所行動医学研究部に事務局が設置されています。基幹センターでは次のような活動をしています。
① 全国摂食障害対策連絡協議会(協議会)開催
摂食障害の専門医師、支援センター職員、厚生労働省職員からなる協議会を開催し、事業の計画立案と評価を行っているほか、摂食障害の医療の現状や課題、対策を議論しています。
② 支援センターとの連携
支援センターとの連携会議を開催して活動状況や課題について情報交換し、必要な対応を話し合っています。
③ 基幹センターの事業
1)情報ウェブサイトの運営
ホームページで事業の活動を紹介し、報告書を掲載しています。「摂食障害情報ポータルサイト」を運営し、一般や専門職向けに摂食障害について、対処、治療、支援、研修、研究等の情報の発信をしています。
2)相談事例の収集と解析
支援センターでの相談事例を収集し、分析しています。各地域での患者や家族、医療の実態を把握するとともに、相談支援者の手引きや、治療支援体制のモデル作成のための資料としています。
④ 研究や研修
主に厚生労働省より研究費の助成を受けて病院、学校、保健所などでの実態の調査を行ってきました。また、医療機関や関係機関の連携の指針、治療プログラムの開発の研究を行っています。精神保健研究所では毎年、摂食障害治療研修、看護研修を開催しています。

全国基幹センターと治療支援センターの関係

図
  • 宮城県摂食障害治療支援センター
    活動紹介

    宮城県摂食障害治療支援センターの活動のご紹介

    宮城県摂食障害治療支援センターは国と宮城県の事業として2015年10月、東北大学病院心療内科に設置されました。コーディネーターを配置し、電話、メールにより患者、家族からの相談に応じ、助言や医療機関の紹介などを行っています。患者と接する医療、教育、職場関係者からの相談にもあたっています。その結果、長年にわたり医療機関を受診することのなかった重症患者を受診につなげ、発症間もない患者を早期治療に結びつけています。
    摂食障害に関する正しい知識の普及啓発を目的に、市民公開講座、家族教室を開催しています。また、インターネットホームページ、Facebookページを開設して情報発信しています。啓発ポスター、リーフレットの制作と配布も行いました。相談者の多くは、インターネットやポスター、リーフレットを通じてセンターの存在を知ったと伺っています。
    医療関係者対象とした研修会を開催しています。参加者からは正しい知識が得られ、理解が深まったとの声が寄せられています。養護教諭を対象とした研修会も開催し、学校現場で患者の早期発見、早期治療に結び付ける成果を上げてきました。県内の主要な医療機関と連携ミーティングを開催し、宮城県内で適切な治療を行うことのできる医療機関を増やす活動を行ってきました。
    相談、啓発、研修の活動を通して、宮城県摂食障害治療支援センターは患者、家族を支援し、地域社会の中で摂食障害の治療、予防を推進し、医療体制の充実を図っていきます。
    公式ホームページへ
  • 千葉県摂食障害治療支援センター
    活動紹介

    千葉県摂食障害治療支援センターの活動のご紹介

    2017年10月に千葉県摂食障害治療支援センター(以下、当支援センター)が開設されました。全国で4番目、首都圏としては初の支援センターとして稼動しています。主な業務は、患者さんとそのご家族への支援、医療連携、摂食障害の啓発活動を通じて摂食障害の有効な治療連携モデルの確立です。当支援センターの職員は併任の医師4名(国府台病院心療内科医師)専任のコーディネーター(非常勤看護師2名)専任の事務補助員2名(非常勤)の体制です。
    当支援センターの特徴は、以下の通りです。
    ① 首都圏としては唯一の支援センターという事情もあり、相談件数は月50件前後と他の支援センターに比べて多くなっています。2018年度の相談者の居住地は千葉県40% 県外38%(東京都、埼玉県、神奈川県など)不明22%と多岐に及んでいます。
    ② 当支援センターは国と千葉県から援助を得て、国立国際医療研究センター国府台病院に設置されています。2018年の当院心療内科病棟の摂食障害患者のべ入院数は、140余名と全国有数の規模です。この医療現場での豊富な臨床経験を基に、患者や家族のかかえる深刻な要望に応える運営を目指しています。
    ③ 2017年に県内医療機関や行政との連携を強化するために、千葉県摂食障害治療研究会を当支援センター、千葉大学精神神経科、国際医療福祉大学精神神経科、千葉県精神保健福祉センター等が中心となり設立しました。2018年末までに研究会は2回開催され、千葉県内外の治療施設から毎回100名以上の治療者が参加して医療連携の在り方、今後の課題、有効な治療法の検討を行っています。
    公式ホームページへ
  • 静岡県摂食障害治療支援センター
    活動紹介

    静岡県摂食障害治療支援センターの活動のご紹介

    神経性やせ症では、ときに命に関わるほどの身体合併症を有し、精神科では身体的に重症な患者の治療は困難とされてきました。これを解決するため、浜松医科大学附属病院精神科神経科では、摂食障害治療支援センター事業(センター事業)の発足以前から身体管理を含めた診療プログラムを考案し、入院治療を行っていました。
    センター事業の発足により、身体管理を含めた診療プログラムを発展させ、医療機関同士の連携強化を図りました。つまり、栄養失調のために身体面の集中治療を要する患者は精神科病棟を有する総合病院で診療し、急性期を脱した患者や栄養失調の重症度が比較的軽微な患者を精神科病院で担うというものでした。これら医療連携を実現するために、県内各所の医療機関で院内研修を行い、当センターのプログラムを多職種の職員に理解していただきました。医療連携の実現により、患者の「たらいまわし」を防ぎ、自宅に近い医療機関で治療が受けられるようになることが期待されています。
    一方、当事者を支える家族に対しては、疾病を理解し、家族も治療者の一員となっていただけるように、複数の地域で家族教育を行っています。一般市民やゲートキーパーに対しては、早期受診・早期治療を目的に普及啓発活動を行っています。その結果、患者やその家族・支援者、ならびに様々な診療科から発症早期での受診相談や紹介が増えています。
    早期介入により外来通院のみで軽快することが期待されるため、早期治療の受け皿となる精神科や小児科の医師に対して外来診療に関する研修を行い、診療所を含めた外来診療の強化を図っています。また、発症予防の観点から、養護教諭など学校関係者や産業医・職場のメンタルヘルス担当者に対する研修も行っています。
    公式ホームページへ
  • 福岡県摂食障害治療支援センター
    活動紹介

    福岡県摂食障害治療支援センターの活動のご紹介

    福岡県摂食障害治療支援センター(当支援センター)は、九州大学病院心療内科内に開設され、以下の3つを業務の柱として活動をしています。
    ① 相談支援
    電話、メール、面談で相談を受けています。患者さん本人や家族はもちろん、学校や職場、行政の相談窓口などで対応に苦慮している担当者からの相談もあります。受診に関する相談が最も多く、必要と判断された相談事例では症状に応じて適切な医療機関を紹介しています。他に、病気・治療、患者さんへの対応方法などについても対応しています。
    ② 医療機関などへの助言・指導
    当支援センターの特徴的活動ともいえる活動です。専門医を地域の医療機関に派遣し、摂食障害の病態や治療法、対応方法などについて研修を行っています。また、行政や学校関係者からの研修依頼も増えています。
    ③ 普及啓発活動
    県民向けに公開講座を開催し、摂食障害の理解を深める活動を行っています。ホームページ、Facebookなどのウェブ媒体を活用した啓発も積極的に行っています。また、疾患啓発リーフレットを作成し、県内の各医療機関や小学校から大学までの教育機関に配布しています。
    上記の活動によりいくつかの成果が得られています。県内でのセンター認知度も上がってきたことから、早い段階で相談が可能となり、適切な医療機関につなぐことができています。実際、九州大学病院を受診した患者は、小学生も含め10代の若年者が増加しています。福岡県で摂食障害を診察できる医療機関は、当支援センター開設前に比べ大幅に増加したことから、患者さんが医療機関へアクセスしやすい環境整備に寄与しています。
    摂食障害は、早期発見・早期治療が重要です。躊躇せずにご連絡いただきたい。
    公式ホームページへ