HOME > 脳科学的検査

脳科学的検査

脳科学的検査を受けてみませんか?
― 精神科学研究への御協力のお願い ―

 私たちは、「統合失調症」や「うつ病」などのこころの病について研究しています。健康な方々からご自身が病気かもしれないと心配されている方々まで、いくつかの脳科学的検査をお願いしております(20歳以上の方)。たとえば、知能検査や記憶力検査、性格検査の他、脳のMRI検査なども受けていただき、こころの病と脳内の物質や遺伝子などとの関係について調べています。それらの検査結果を詳しく調べて、病気を解明し、より良い治療法を開発することを目指しています。検査の結果はできる限りお伝えし、医学的治療が必要な場合などはご助言いたします。検査を受けたいと思われる方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。 なお、研究の一環として受けていただくため、検査は無料です。ご負担軽減のためクオカード (1,000〜10,000円分) をお渡しさせていただきます。

検査内容について

検査項目 内容
所要時間
【1】 インタビュー(必須)

現在の心理状態に関するインタビュー(面接)※を行います。

20〜30分
【2】 採血 (必須) 20 c.c.の採血を行い、遺伝子やタンパク質を測定します。
10分
【3】 心理検査 (必須) 性格、記憶、知能の検査を行います。新しい検査も加わりました。
合計 約4時間
【4】 びっくり反応検査 少し大きな音を聞いたときの驚きの程度を測定します。(まばたきの反応で測定)
40分
【5】 脳のMRI検査 脳の構造の撮影、脳内代謝物の測定を行います。
40分
【6】栄養検査
栄養バランスの状態を食生活や血液から詳しく調べます。→詳細
1時間30分
【7】脳脊髄液検査
脳脊髄に含まれる様々なタンパク質を調べます。→詳細
1〜2時間

【8】特殊ミルク
   
(ケトン食) 検査

特殊ミルク (ケトン食) が軽度認知症に及ぼす効果を調べます。軽度の認知症と診断を受けている60歳以上の方を対象に、ケトン食でどれほど改善するかを検討しています。ご関心のある方には詳しい説明をいたしますのでご連絡ください。→詳細
3時間
【9】腸内環境に関する研究
 9-1 腸内フローラ検査(便検査)、腸管透過性検査(尿検査)及び血液検査によって腸内環境について詳しく調べます。→詳細
1時間30分
 9-2 New 3ヵ月間腸内環境を改善する可能性のある乳酸菌飲料を飲んでいただき、うつ病症状と腸内フローラ環境の改善を調べます。血液検査・腸内フローラ検査・心理検査を各3回ずつ、脳のMRI検査を2回お願いしております。→ 詳細
1〜2時間
【10】自律神経検査
心拍センサーにより心拍数と活動量を測定し、自律神経系活動の状態を調べます。→詳細
1時間30分
【11】プラズマローゲン摂取の研究 New
【うつ病には行かないが、気分が落ち込みやすい男性の方が対象です(20〜70歳)】 プラズマローゲンという脂質の一種をサプリメントとして3ヶ月間摂取していただき、気分の改善効果や認知機能への効果を調べます。→詳細
2時間30分
【12】脳の活動測定 New
20~70歳のうつ病の方・健康な方を対象に、MRI装置の中でゲームのような課題をやっている時や安静にしている時の脳活動を調べさせていただきます。→詳細
5時間

【1】〜【5】番までの基本セットで最低2日間かかります。【6】〜【12】はオプションとなり、別日となります。また、全ての検査を受けていただく場合は、4〜5回以上に分けてお受けいただくことになります。(※ なお、インタビュー(面接)により、一部、もしくは全ての検査の対象外となる場合もございます)

 

脳科学的検査のお申し込み・お問い合わせ

TEL: 042-341-2712 (内線 5135)
(受付時間 平日 9:30 〜 16:30

  脳科学的検査を受けてみたいと思われた方、精神疾患治療の研究の発展のために協力したいと思われた方は、上の電話番号からお申し込みください。なお、完全予約制となっておりますので、込み合っている場合は一か月以上先の予約になってしまうこともございます。どうぞご了承ください。また、検査内容についてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 


◇◆ 「精神疾患におけるプレパルス抑制検査の有用性の検討」「精神疾患の診断や治療効果の判定におけるMRI及びMRS、DTI、ASLを組み合わせた画像検査の有用性の検討」「機能性精神疾患における 心理的機能に関する研究」および「脳脊髄液検査を用いた統合失調症・気分障害の生物学的マーカーの開発」にご参加頂きました被験者様へ◇◆
【データの連結解析】につきまして(2019年5月)
PDF PPI_kaiseki_public_announcement.pdf (196KB)


◇◆ 「気分障害・精神病性障害に関する遺伝子解析研究」にご参加頂いた方へ ◇◆
「多施設共同研究による精神疾患関連遺伝子の探索」におけるデータの使用につきまして
(2018年11月)
PDF DNA_kaiseki_public_announcement.pdf (147KB)


◇◆ 「気分障害・精神病性障害の遺伝子解析研究 ―第二期―」へご参加された方へ ◇◆
「向精神薬によるQT延長リスクの遺伝学的評価」におけるデータの使用につきまして(2018年4月)
PDF Antipsychotics_and_QT_risks_public_notice.pdf (145KB)


◇◆ 「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づく情報公開 ◇◆
「気分障害および精神病性障害の栄養学的研究 ―第二期―」(2017年6月)
eiyou_rinri.pdf (286KB)


◇◆ 「音声驚愕反応と脳形態との関連研究」におけるデータの使用につきまして(2014年9月)

PDF PPI_MRI_psychotest_rinri.pdf (135KB)


◇◆ 「気分障害に関する脳画像解析学的研究」における試料の使用につきまして(2014年5月)

imaging_rinri.pdf (128KB)


◇◆ 厚生労働省「ヒトゲノム・遺伝子解析研究の倫理指針」に基づく情報公開(2010年2月)
「精神病性障害の遺伝子解析研究」および「気分障害の遺伝子解析研究」における試料の使用について
PDF genome_rinri.pdf (128KB)