MENU

業績一覧 : 2017(H29)

刊行物

原著

  1. Takei T, Confais J, Tomatsu S, Oya T, Seki K: Neural basis for hand muscle synergies in the primate spinal cord. Proc Natl Acad Sci 114 (32): 8643-8648, 2017
  2. Tomioka I, Nogami N, Nakatani T, Owari K, Fujita N, Motohashi H, Takayama O, Takae K, Nagai Y, Seki K:Generation of transgenic marmosets using a tetracyclin-inducible transgene expression system as a neurodegenerative disease model. Biology of Reproduction. 97(5):772-780, 2017
  3. Kosugi A, Takemi M, Tia B, Castagnola E, Ansaldo A, Sato K, Awiszus F, Seki K, Ricci D, Fadiga L, Iriki A, Ushiba J: Accurate motor mapping in awake common marmosets using micro-electrocorticographical stimulation and stochastic threshold estimation. Journal of Neural Engineering. 15(3):036019, 2018

著書

  1. 関和彦: 第Ⅱ編 機能編 3章 筋骨格制御系.バイオメカニズム学会編 手の百科事典, 朝倉書店 , 107-111, 2017 
 

総説

  1. Saga Y, Hoshi E, Tremblay L : Roles of Multiple Globus Pallidus Territories of Monkeys and Humans in Motivation, Cognition and Action: An Anatomical, Physiological and Pathophysiological Review. Frontiers in Neuroanatomy, 2017
  2. 大屋知徹: 筋シナジーによる運動構築の神経基盤. 日本ロボット学会誌, 35 (7): 506-511, 2017

 

 

その他(編集)

  1. 宮崎 真, 阿部 匡樹, 山田 祐樹, 井隼 経子, 小野 史典, 門田 宏, 高橋 康介, 羽倉 信宏, 平島 雅也, 荒牧 勇, 有賀 敦紀, 池上 剛, 大泉 匡史, 狩野 芳伸, 黒田 剛士, 鈴木迪諒, 田中 章浩, 西村 幸男, 宮脇 陽一, 吉江 路子, 渡邊 克巳, 門田 浩二, 河内山 隆紀, 戸松 彩花, 吉田 真一: 日常と非日常からみる こころと脳の科学. コロナ社, 2017

学会発表

特別講演・シンポジウム

  1. 関和彦: 遺伝子改変技術を用いた精神・神経疾患モデル霊長類の作出と評価.第58回日本神経病理学会総会 会長シンポジウム.学術総合センター(一橋講堂): 2017/6/2
  2. 関和彦: 霊長類モデルを用いた運動系機能評価と神経疾患研究.第54回薬剤学懇談会研究討論会.熱海温泉新かどや: 2017/6/9
  3. 関和彦: 協調運動の神経表現:基礎から臨床まで.第40回日本神経科学大会.幕張メッセ: 2017/7/20
  4. 佐賀洋介: 皮質-基底核回路の解剖と機能.第24回脳機能とリハビリテーション研究会学術集会.千葉県立保健医療大学 幕張キャンパス: 2017/8/20
  5. 関和彦: 遺伝子改変技術を用いた神経疾患モデルマーモセットの作出と利用.第37回ヒューマンサイエンス基礎研究講習会.NCNP教育研修棟ユニバーサルホール: 2017/9/12

 

国際学会

  1. Seki K: Sensory gating and presynaptic inhibition during voluntary movement.Neural Control of Movement 2017.Clayton Hotel Burlington Road, Dublin, Ireland: 2017/5/3
  2. Takashi A, Seki K: Non-invasive therapeutic method for brain disease using tFUS system assisted by numerical simulation. ISTU2017. 金陵ホテル南京: 2017/5/31 - 2017/6/2
  3. 関和彦: Sensory gating during volitional movements: neuronal correlates at the cortical and subcortcal levels.  JSPS2国間セミナ- New Directions in Somatosensation.UCL Institute of Cognitive Neuroscience: 2017/9/5
  4. 梅田達也: Somatosensory cortex sequentially receives efference copy and sensory feedback signals.JSPS2国間セミナ- New Directions in Somatosensation.UCL Institute of Cognitive Neuroscience: 2017/9/5
  5. Tomatsu S, Kim G, Kubota S, Seki K: Presynaptic inhibition of muscle afferent input to spinal cord in awake, behaving monkeys.SfN’s 47th annual meeting (Neuroscience 2017).Walter E. Washington Convention Center: 2017/11/11 - 2017/11/15

 

一般学会

  1. 野上 尚武, 尾張 健介, 中谷 輝美, 小泉 昌司, 佐賀 洋介, 川野邊 哲代, 永井 義隆 , 富岡 郁夫, 関 和彦 : ポリグルタミン病モデルマーモセットのライン化及び表現型解析.第40回日本神経科学大会.幕張メッセ: 2017/7/22
  2. 野上 尚武, 尾張 健介, 中谷 輝美, 小泉 昌司, 佐賀 洋介, 川野邊 哲代, 齊藤祐子 , 富岡 郁夫, 関 和彦: ポリグルタミン病モデルマーモセットの作出と病態解析.日本畜産学会第123回大会.信州大学農学部: 2017/9/4 - 9/8
  3. 野上 尚武, 尾張 健介, 中谷 輝美, 小泉 昌司, 佐賀 洋介, 川野邊 哲代, 齊藤祐子 , 富岡 郁夫, 関 和彦: ポリグルタミン病マーモセットの病態解析.第7回日本マーモセット研究会大会.京都大学芝蘭会館: 2018/1/17
  4. 梅田達也, 小泉昌司, 片貝祐子, 齋藤亮一, 関和彦: 自由行動下における皮質脳波・筋活動の同時記録.第7回マーモセット研究会.京都大学芝蘭会館: 2018/1/16 - 1/17
  5. 梅田達也:脳梗塞モデルマーモセットの皮質脳波記録. 第43回日本脳卒中学会学術集会. 福岡国際会議場:2018/3/15-2018/3/17
  6. 佐賀洋介:マーモセットを用いた運動皮質梗塞モデル. 第43回日本脳卒中学会学術集会. 福岡国際会議場:2018/3/15-2018/3/17

その他

  1. 関和彦: Sensory gating during voluntary movement: neural correlates in the cortical and subcortical network.7th CiNet Monthly Seminar.脳情報通信融合研究センター: 2017/5/15
  2. 関和彦, 武井智彦, Joachim Confais, 大屋知徹, 戸松彩花: 筋シナジーの神経表現.第11回Motor Control研究会.中京大学名古屋キャンパス: 2017/8/24 - 8/26
  3. 大屋知徹, 武井智彦, 関和彦: Contrasted coherent oscillations to muscular activity in the monkey spinal cord and motor cortex during a precision grip task.第11回Motor Control研究会.中京大学: 2017/8/24 - 8/26
  4. 戸松彩花: 随意運動制御の神経回路解析から社会性を形成する神経回路解析へ.生理学研究所所内セミナー.生理学研究所: 2017/10/17
  5. 戸松彩花: Presynaptic inhibition of muscle afferent input to spinal cord in awake, behaving monkeys..平成29年度生理研研究会 第7回社会神経科学研究会「サル脳に学ぶ社会神経科学の基盤」.生理学研究所: 2017/11/30 - 12/1
  6. 大屋知徹: モデル動物を用いた神経科学研究の基礎と応用.千葉大学講義「脳工学概論」.千葉大学大学院工学系研究科: 2017/12/22
  7. 梅田達也: 中枢・抹消神経系同時記録による感覚運動シグナルの解析.新学術領域「適応回路シフト」神経活動解析に関する実践数理モデルワークショップ.東京工業大学すずかけ台キャンパス: 2017/11/20

班会議発表

  1. 関和彦: 経頭蓋的集束超音波による脳深部への低侵襲的刺激法と薬物輸送法の開発.脳科学委員会(第38回), 金融庁: 2017/5/12
  2. 梅田達也: 血管障害モデルでの行動評価課題.革新脳 臨床研究グループ・中核拠点連携 ワーキンググループ.東京大学病院管理研究棟: 2017/5/14
  3. 関和彦, 梅田達也: マーモセットの脳梗塞モデルの研究.革新脳臨床研究グループ H29年度第1回分科会.東京大学情報学環・福武ホール 福武ラーニングシアター: 2017/6/18
  4. Roland P: Neural adaptation in response to change in the musculoskeletal system: A new primate model.第6回身体性システム領域全体会議.霧島国際ホテル: 2018/3/1 - 2018/3/3
  5. 関和彦: 筋再配置手術が生み出す3つのSlow Dynamics.第6回身体性システム領域全体会議.霧島国際ホテル: 2018/3/1 - 3/3
  6. 関和彦: 血管障害モデルマーモセットの作出と評価.革新脳 脳血管・PDチームミーティング.京都大学: 2017/10/19
  7. 関和彦: マカクサルを対象とした集束超音波による低侵襲的神経刺激と薬物輸送.BMI技術と生物学の融合による治療効果を促進するための技術開発 平成29年度 第2回分科会.東京都文京区 東京大学分子ライフイノベーション棟 1F アカデミックホール: 2017/11/9
  8. 関和彦: 霊長類遺伝子改変モデルを用いた運動失調症の病態解明と治療法開発.平成29年度合同成果報告会「疾患克服への革新と創造」.パシフィコ横浜: 2018/2/9
  9. 関和彦: 超音波が開く霊長類システム研究の未来.平成29年度京都大学霊長類研究所共同利用研究会 : 2018/2/24
HOME
ENGLISH