ホーム採用情報 > 採用情報  病院

病院

【募集終了】臨床心理室 心理療法士(非常勤職員)の公募について

1.職名及び人数

臨床心理室 心理療法士(非常勤職員) 1名

2.職務内容

臨床心理室のスタッフの配置場所は臨床心理室、医療観察法病棟、復職支援室、デイケアの4つの部門に大別されますが、それぞれ連携しながら業務を行っています。主な業務内容は下記の通りです。
 
• 臨床心理室:心理検査(精神科・神経内科・小児神経科・脳外科等)、個人心理療法、各種集団心理療法(再発予防、発達障害、依存症集団療法等)
• 医療観察法病棟:医療観察法病棟業務全般(個人心理療法、各種集団心理療法、心理検査、外出・外泊訓練の同伴など)、医療観察法通院処遇業務
• 復職支援室:休職者を対象とした復職支援業務全般(各種集団心理療法、個別面接、企業とのコーディネート面談等)
• デイケア:デイケア業務全般(各種集団療法、個別面接、就労支援、アウトリーチ、心理検査等)
 
当院臨床心理室では、心理検査以外にも、個別心理療法や集団心理療法、臨床研究を積極的に行っています。心理療法に関しては、従来のカウンセリング手法を大切にしながらも、当センター内の「CBTセンター」と連携をとり、CBTにも力を入れています。また、CBTの研修を始めとした様々な専門的教育研修を受ける機会や、ケースのスーパービジョンなど臨床のスキルアップを図る機会も多く、図書館なども整備され、働きやすい恵まれた職場環境です。着任後は上記部門の中で適宜配置換えが行われ、様々な経験を積んでいっていただくことになります。どの領域の業務にも関心を持って主体的・協調的に業務にあたってくださる方のご応募をお待ちしています。

3.応募資格

(1)臨床心理士の資格を有する者(見込みも可)
(2) 今後公認心理師の資格を取得予定の者
(3)1年以上の臨床実務経験を有する者

4.採用予定年月日

平成30年4月1日

5.任期

平成31年3月31日
(以後、勤務態度等により、1年以内の任期を定め、任期を更新する場合が有り得る)

6.勤務形態及び給与並びに身分

(1)身  分:独立行政法人職員(非常勤職員)
   採用から3ヶ月間は試用期間です。
(2)給  与:時間給 1,530円、通勤手当、賞与支給
   ※通勤手当、賞与の支給は当センターの規程によります。
(3)勤務形態:週4日、週31時間以内
   勤務曜日は応相談
(4)休  日:土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12/29~1/3)
(5)休  暇:(有給)年次有給休暇、忌引等
        (無給)子の看護休暇等
(6)保 険 等:社会保険(健康保険、厚生年金保険)、雇用保険、労災保険加入
        ※社会保険、雇用保険の加入は勤務時間によります。

7.提出書類

(1)履歴書(様式自由・写真貼付、勤務可能な曜日・日数について明記のこと)
(2)臨床心理士資格(写)
(3)職務経歴及び研修歴をまとめたもの(様式自由)
(4)小論文 800字程度 テーマ:「心理士として大切にしていること」
*2018.2の常勤心理士公募の際に応募され、書類選考に合格された方に関しましては、小論文を免除いたします。

8.選考方法

書類選考及び面接
面接の日時は3月16日(金)9:15~を予定しています。

9.提出締切日

3月6日(火)
※適任者が集まり次第、募集は締め切ります。

10.書類送付先

〒187-8551 東京都小平市小川東町4-1-1
国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター人事課人事係宛
(封筒及び履歴書に「臨床心理室 非常勤職員 応募書類」とお書きください。)
TEL 042-346-1866(直通)

11.問合せ先

〒187-8551 東京都小平市小川東町4-1-1
国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 
精神リハビリテーション部 臨床心理室 室長:今村扶美、主任:出村綾子、鈴木敬生
TEL 042-341-2711(今村:内線6757、出村:内線6759、鈴木:内線3837)

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]

当センター敷地内は禁煙です