ホーム採用情報 > 採用情報  神経研究所

神経研究所

免疫研究部 流動研究員(非常勤職員)の公募について(No.758)

1.職名及び人数

免疫研究部 流動研究員(非常勤職員)1名

2.職務内容

 近年、中枢神経病態における免疫応答の重要性が一段と注目されています。当部では、モデル動物から患者検体まで幅広い研究対象を用いた分子レベル・細胞レベル・個体レベルの解析を通じて、中枢神経疾患の病態解明を進めています。最近、進行型多発性硬化症の病原性細胞として同定したEomes陽性Th細胞(参考文献;PNAS 105: 8381, (2008)、PLoS ONE. 8(2): e56595, (2013)、Nat. Commun. 6:8437, (2015)など)は、疾患と関連した慢性炎症病態下でのみ生成しますが、その背景には神経系細胞と免疫細胞の複雑な相互作用が必要であることが分かってきました。今回、この様な免疫と神経のダイナミックな相互作用が中枢神経病態に及ぼす影響を明らかにする研究に従事する方を募集します。既存の枠にとらわれない広い視野で、免疫と神経の両方に重きをおいた研究に積極的に取り組む方を求めます。

3.応募資格

(1) 免疫学または神経学の分野で学位を取得し、それぞれの研究領域に興味がある方。
(2) 動物(マウス)を用いた中枢神経疾患の病態研究に積極的に取り組む方。
(3) 分子生物学やフローサイトメーターなど幅広い経験を有し、新しい実験技術を積極的
     に取り入れる意欲のある方。
(4) 周囲との協調性を保って研究をすすめることができ、日常会話程度の英語力を有す
  る方。
 

4.採用予定年月日

平成31年4月1日以降 (勤務開始日はご相談に応じます。)
 

5.任期

平成32年3月31日まで (延長可:原則、採用日から3年まで)
 

6.勤務形態及び給与並びに身分欄

(1) 身   分:国立研究開発法人職員(非常勤職員)
※採用から3ヶ月間は試用期間です。
(2) 給   与:2,510円(医師免許取得者は2,800円)、通勤手当、賞与支給
※通勤手当、賞与の支給は当センターの規程によります。
(3) 勤務形態:週31時間 (勤務日・勤務時間は応相談)
(4) 休   日:土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12/29~1/3)
(5) 休   暇:(有給)年次有給休暇、忌引等  (無給)子の看護休暇等
(6) 保 険 等:社会保険(健康保険、厚生年金保険)、雇用保険、労災保険加入
※社会保険・雇用保険の加入は勤務時間によります。

7.提出書類

(1)履歴書(写真添付、様式自由)
(2)業績リスト
(3)これまでの活動概要と志望動機(用紙A4枚程度)
(4)応募者について推薦を求めうる方1〜2名の氏名及び連絡先
※電子メールによる提出も可。
※応募書類は返却しません。

8.選考方法

書類選考、面接試験(随時)
※面接試験については、書類審査合格者に個別に連絡いたします。
 

9.提出締切日

平成31年3月31日
※ただし応募があるごとに、随時書類審査と面接試験を実施しますので、早めに適任者が決定した場合は、締め切り前であっても募集を締め切ることがあります。 
 

10.書類送付先

〒187−8502 東京都小平市小川東町4−1−1
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター神経研究所
免疫研究部 室長 大木 伸司
Tel:042−341−2711(内線5861)
E-mail:soki▲ncnp.go.jp(▲を@に変えてください)
(応募封筒及び履歴書に「神経研究所免疫研究部流動研究員(No.758) 応募書類」とお書き下さい。)

問合せ先

〒187−8502 東京都小平市小川東町4−1−1
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター神経研究所
特任研究部長 山村 隆
Tel:042−341−2711(内線5241)
 E-mail:yamamura▲ncnp.go.jp(▲を@に変えてください)
 

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]

当センター敷地内は禁煙です