ホーム採用情報 > 採用情報  認知行動療法センター

認知行動療法センター

認知行動療法センター 科研費研究員(非常勤職員)の公募について(№901)

1.職名及び人数

認知行動療法センター 科研費研究員(非常勤職員) 1名

2.職務内容

国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センターでは、うつ病や不安障害など、様々な精神・神経疾患に対する認知行動療法についての研究を行っています。そのひとつとして、人工知能の技術を応用して、感情障害に対する診断を越えた治療のための統一プロトコル(UP)のセラピスト訓練・支援システムの構築を進めております。この研究では、認知行動療法で実際にしている行為をオントロジー(計算機も人間も理解できる言語)によって記述することで、治療の中で暗黙の内に実施されている行為を明示化するという、知識構造化を進めております。このプロジェクトにまつわるさまざまな職務をお願いする予定です。具体的には、UPのテキストにかかれていることを、産業総合研究所が開発したオントロジーで記述するシステムを用いて構造化していただきます。また、それに連動させるかたちで、UPのデモンストレーションビデオを作成したり、e-learningを開発する予定です。また、モバイルアプリによるCBTを通してビッグデータを集め、これらのデータとアウトカムとの関係を機械学習で解析することも構想しています。これらの一部を遂行し、国内外の学会発表や論文として公表できる人材を募集しています。UPなどの認知行動療法に関心があり、また、人工知能などの最新の技術や、エンジニアリングへの関心や経験がある方を探しております。
 

3.応募資格

ア.うつ病や不安症の認知行動療法について訓練を受け、一定の経験を有していることが望ましい
イ.認知行動療法の研究や臨床試験に関心があり、研究者としての進路を希望していること
ウ.修士号を有するか取得見込みであること、または、これと同等以上の能力を有する者
エ.人工知能やデータサイエンスの関心もしくは能力があることが望ましい


 

4.採用予定年月日

随時(応相談)

 

5.任期

令和2年3月31日まで
(以後、勤務態度等により1年を超えない範囲で更新の可能性有)
 

6.勤務形態及び給与並びに身分欄

(1) 身   分:国立研究開発法人職員(非常勤職員)
※採用から3ヶ月間は試用期間です。
(2) 給   与:時間給1,881円、通勤手当、賞与支給
※通勤手当、賞与の支給は当センターの規程によります。
(3) 勤務形態:週20時間程度
※勤務曜日及び勤務時間は応相談
(4) 休   日:土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12/29~1/3)
(5) 休   暇:(有給)年次有給休暇、忌引等  (無給)子の看護休暇等
(6) 保 険 等:社会保険(健康保険、厚生年金保険)、雇用保険、労災保険加入
※社会保険、雇用保険の加入は勤務時間によります。
 

7.提出書類

(1)履歴書(写真添付  様式自由)
(2)業績目録
(3)推薦書
(4)主要論文別刷 各2部
(5)最終学歴の写し
(6)志望動機(様式自由)
 

8.選考方法

書類審査および面接試験(随時)
※面接試験については、書類審査後、合格者に個別に連絡いたします。
 

9.提出締切日

随時
※適任者が集まり次第、募集は締め切ります。
 

10.書類送付先

〒187-8551 東京都小平市小川東町4-1-1
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター人事課人事係 宛
(応募封筒及び履歴書に「認知行動療法センター 科研費研究員(No.901) 応募書類在中」と朱書きし、簡易書留で郵送下さい。)
TEL:042-341-2712(内線2115)
 

11.問合せ先

〒187-8551 東京都小平市小川東町4-1-1
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター
認知行動療法センター センター長 堀越 勝
TEL  042-341-2712(内線3601)
 

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]

当センター敷地内は禁煙です