TMC事務局
Tel:042-341-2711(大代表)

ホーム公開セミナー > 臨床研究実践講座ワークショップ

臨床研究実践講座ワークショップ

  本ワークショップは、プロトコール作成のポイントを理解し、スキルの習得を目指し、小グループによる演習やピアレビューを取り入れた双方向性学習により構成されます。
 質の高いプロトコールは、臨床研究の適切な実施、報告、外部のレビューを容易にします。臨床研究の透明性と説明責任を確保するためには、試験開始前に質の高いプロトコールを作成しておくことが必須となります。本ワークショップでは、Standard Protocol Items: Recommendations for Interventional Trials (SPIRIT) にもとづき、プロトコール骨子をグループで完成させることを目指します。
 本ワークショップは、慶應義塾大学の「臨床研究プロトコールワークショップ」と共催で行われます。

平成30年度 第8回臨床研究実践講座ワークショップ
(慶應義塾大学病院 臨床研究推進センター:第3回臨床研究プロトコールワークショップ)

内 容: 臨床試験のプロトコル骨子を作る
・デザイン( sample sizeを考える)
・試験の質の管理(モニタリング計画)
・試験の円滑実施(プロジェクト・マネジメント)
・利益相反マネジメント( COI )
※グループ演習では、各参加者が持ち寄った研究疑問(PICO)の中から、グループで1つの研究テーマを決め、そのテーマに沿ったプロトコル骨子の作成を目標とします。
   
開催日時: 平成30年10月20日(土) 9:00~18:00
   
会 場: 慶應義塾大学信濃町キャンパス   第2校舎4F 講堂
〒160-8582 東京都新宿区信濃町35
   
講 師:
中川敦夫 慶應義塾大学病院臨床研究推進センター 教育研修部門長・特任講師
佐藤泰憲 慶應義塾大学学医学部衛生学公衆衛生学教室・准教授 同大学病院臨床研究推進センター生物統計部門長
松嶋由紀子 慶應義塾大学病院臨床研究推進センター 臨床研究支援部門 モニタリングユニット・特任講師
東健太郎 慶應義塾⼤学病院臨床研究推進センター 臨床研究⽀援部⾨企画運営 ユニット・特任助教
菅原典夫 国立精神・神経医療研究センター TMC情報管理・解析部 臨床研究計画・解析室長
立森久照 国立精神・神経医療研究センター TMC情報管理・解析部 ⽣物統計解析室⻑
   
定員: 35名
   
対 象: 研究者・医療職の方
   
受講料: 国立精神・神経医療研究センター, 慶應義塾に所属の方:8,640円
医療機関, 教育機関, 行政機関の方:16,200円
企業の方:21,600円
   
お申込み方法:
「臨床研究講習会受講管理システム」Webサイトよりお申込み下さい。
https://education.ctr.hosp.keio.ac.jp/
   
お問合わせ 慶應義塾大学病院 臨床研究推進センター 教育研修事務局
Mail: keio-edu-tra@adst.keio.ac.jp

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]