National Center of Neurology and Psychiatry

About us

疾病研究第七部では、多様な脳イメージングと脳刺激法とを統合的に用いて、人間の感覚・運動・思考・情動・感性といったさまざまな脳の働きを明らかにするとともに、それらが障害される精神・神経疾患の病態解明と診断治療法の開発を目指した研究を進めています。特に、身体と心を制御する共通の脳の仕組みとそれが障害された疾患の病態メカニズムの解明、脳の構造と機能に関する情報を統合した新しいイメージング診断法の開発、脳を傷つけることなく磁気や電気で刺激する手法をもちいた機能的治療法の開発、環境情報と脳機能との不適合によって生じる病理に対する<情報医療>の開発などに取り組んでいます。

Topics

2014.09.09
研究業績のページを更新しました
2014.09.04
研究内容、研究室紹介、メンバー紹介のページを更新しました
2011.09.26
各メンバーの紹介ページを作成しました
2011.09.01
流動研究員として阿部十也が着任しました
2011.07.01
花川隆第一研究室長が脳病態統合イメージングセンター(IBIC)先進脳画像研究部長に就任しました
2011.04.11
ホームページをリニューアルしました

>>>過去のトピック